自動車のリコールとは

自動車は、販売前に多くのテストをクリアーして販売に至ります。

 

しかし、販売後に不具合やパーツの耐久性などの不具合が出ることがあります。このような事態で、パーツや不具合解消にために部品交換などが必要な際に、自動車メーカーはリコールを出します。

 

リコール車の購入者は、無償で交換して頂けます。

 

リコールとは、自動車の販売後に自動車の製造過程などで何らかの問題があったことをメーカーが認め、国土交通省に事前に届けでを行い、対象車種を無料で回収、修理を行うことです。

 

リコール対象車は無料で修理、交換を受けることが出来る制度です。

 


自動車メーカーにとってのリコール

自動車メーカーにとっては、リコールを出すということは、自社の車に不具合があるということを認めることで、あまり良くないことだと言えます。

 

ただ、設計、製造過程では不具合が認められなくても耐久性などに問題が起こることも多々あります。

 

また、最新の開発などを行い自動車メーカーほどリコールが出やすいと言えますし、多くの車種を販売している自動車メーカーほどリコールが出やすいと言えます。

 

特に自動車の場合、新しい技術というのは大切なことですが、不具合や耐久性などが出るリスクは伴います。

 

リコールのリスクを減らすには、最新の技術などを取り入れない従来の車の技術のままの製造が無難だと言えます。

 

しかし、自動車としての魅力は、損なわれると言えます。

 

 

リコールは、自動車メーカーにとって損失は大きく、販売台数が多い車種でリコールになれば、その改善のために莫大な費用が必要になります。

 

そのため、リコールは出来るだけ出したくないというのが自動車メーカーの本音ではないでしょうか?

 

以前、リコール隠しがありましたね!

 

ただ、リコールを隠したことで、リコールが出た車で死亡事故などが起こることもあります。

 

自動車メーカーとしては、リコールは出したくないが、最新の技術や新しいことを導入すれば、リコールのリスクは高くなります。

 

幾らテストしても市販されてから不具合が出ることは避けられないことかもしれません。

 

リコールを恐れては、魅力ある車の開発は難しいのではないかと思います。

 

リコールは悪と思われる方も多いかもしれませんが、リコールは正義だと言えます。

 

リコールを出すことは、その対象の車を最善の状態にしてくれるということです。

 

無料でリコール対象車は、改善してくれるのだから所有者にとってはリスクはありません。

 

それよりもリコールが出たにもかかわらず、リコールの届け出をしない場合、リコール隠しは悪だと言えます。

 

 

 

リコールの出す自動車メーカーは信頼できる?

リコールは、リコールが出たい車種、モデルの所有者にとっては、あまり良いとは言えないかもしれません。

 

しかし、しっかりと不具合を認めリコールとして届けてくれたことはありがたいことだと言えます。

 

もし、不具合があって、車の調子が悪くなった場合でもリコールが出ていない場合は、有償で自腹での修理になります。

 

リコール対象なら無料で修理が受けることが出来ます。

 

自動車メーカーにとっては、リコールは出来るだけ出したくないと言えます。

 

しかし、不具合の報告が多く出た場合、調査して確認できれば、リコールとして報告しなければいけません。

 

特に走行中に不具合となる場合、人命にも関わるリコールもあります。

 

その場合、速やかに対応、リコールが必要になります。

 

 

そうです、リコールが出る自動車メーカーは大丈夫?

 

と思われる方も多いかもしれませんが、リコールを出すメーカーは、少なくとも新しい技術の取入れや販売した自動車のことをしっかり検証しているメーカーとして信頼できる自動車メーカーだと言えるのではないでしょうか?

 

少なくとも私、このサイトは、リコールは自動車を開発していく上では必要なことで、リコールはこの先も出てくると言えます。

 

適切なリコール対応が、自動車メーカーには問われますし、リコールが怖くて、新しい技術を取り入れた自動車の発売に後手なメーカには無力がないと思います。

 

リコールが出る自動車メーカーは信頼できるとも言えますし、技術開発にも積極的な自動車メーカーと当サイトでは認識しています。

  このエントリーをはてなブックマークに追加