事故車の処分

事故車って歯医者になるケースが多いですよね!

 

事故車は、車をなにかにぶつけて破損した車という言い方と中古車市場での事故車の定義に当てはまる事故車のことを指す2種類があると思います。

 

ここで言う事故車は、どちらももです。

 

車をなにかにぶつけて凹んだ、ぶつけられて破損した車など、いろいろな事故車があると思います。

 

普通に簡単に修理ができる事故車から修理しても事故車扱いになる大きめの事故の事故車に分けられます。

 

最近の車は、燃費性能を良くしたり、人などにぶつかった際に衝撃を少なくするために、車体自体の強度が弱くなっている車種が多いといえます。

 

少し大きめのぶつけてしまっても中古車で言う事故車扱いになることも多く、事故を起こして修理代が高額になり、その車を手放すという選択をする方も多くなっています。

 

そこで、ここでは、事故車の処分、買取などを紹介したいと思います。

 

事故車でも売れる事が多く、以外に高値で処分、買取ができることもあります。


事故車の定義

事故車とよく言われますが、ほとんどの方が、事故車は、車を凹ませたり、なにかにぶつけて破損した箇所を修理した車のことを事故車と呼んでいますよね!

 

しかし、事故車は、自動車業界では、しっかりとした定義があります。

 

ただ、ぶつけてボディを修理しても事故車扱いにはならないことがほとんどです。

 

中古車で言うところの修理歴車、事故車扱いになる車とはどのような場合、

 

事故車とはどのような定義で決められるのでしょうか?

 

ここで、事故車の定義を紹介したいと思います。

 

・クロスメンバー (フロント/リア)
・サイドメンバー (フロント/リア)
・ピラー (フロント/センター/リア)
・インサイドパネル ダッシュパネル
・センターフロアーパネル/フロアサイドメンバー
・ルーフ
・リアフロア
・ラジエーターコアサポート

 

上記の箇所が、破損、交換、首里している車は、事故車扱いになります。

 

とうするに、自動車の骨格部分に損傷のある車は、事故車扱いになるということです。

 

また、車の形状によって多少異なることもあります。

 

逆に、修理しても事故車扱いにならない箇所もあります。

 

・フロントバンパー
・ロアスカート
・フロントフェンダー
・ボンネット
・リアフェンダー
・トランクリット
・リアバンパー
・ドア
・サイドシルパネル

 

上記の普通の運転で軽度の破損の場合、修理したとしても事故車扱いにはなりません。

 

 

事故車、修理歴車扱いになる車は、結構な衝撃の事故でないと事故車扱いにはならないと言えます。

 

普段、事故車と思われている車でもただ、ぶつけて修理しただけの車で自己車扱いにならないことが多いといえます。

 

ただ、事故車でなくても修理歴がある車は、査定の際にマイナスになることは変わりませんが、事故車扱いされた際には、上記の事故車の定義に当てはまるのか査定員に尋ねてみても良いと思います。

事故車の買取

事故車の処分は、廃車しかないのか?

 

事故車は、中古車市場でも価値が大幅に下がり、売りにくい車になるため、買い取りしてくれる業者も少ないといえます。

 

特に事故車で修理代が高額になる、修理不可の事故車など買取も難しいと言えます。

 

また、たとえ買取が可能でも、ほとんど査定価格はつかないというケースが多くなります。

 

事故車の買取は、はっきり言って安いです。

 

しかし廃車にすることを思えば、売ることができれば、移動の手間や廃車費用なども節約できます。

 

 

では、事故車を買取してくれる業者とは?

 

普通の中古車買取では事故車は、買取してくれないことが多いですね!

 

事故車を買取してる業者は、結構怪しい業者も多く、売却するのが難しいと言われています。

 

ただ、最近は、事故車の買取を専門にしている業者をネットで探すことも出来るようになっています。

 

事故車の買取で、評判が良く、買取実績も豊富なサービスをここでも紹介しました。

 

事故車の買取は、相場価格というのが不透明ですので、買取業者次第で価格が大きく異なることも多いので、できれば2社以上の業者に問い合せることをおすすめします。

高く売れる事故車とは

事故車の買取価格は、安いといえます。

 

しかし、意外に高く売れる事故車もあります。

 

ここで言う事故車は、自動車公正取引協議会、日本自動車査定協会、日本中古車販売協会連合会が定めている事故車扱いになる車です。

 

中古車市場で事故車扱いになる車は、査定価格は、低くなりますね!

 

 

事故車でも査定価格が出やすい車とは

 

・年式が浅く人気車種、モデル
・海外で需要が高い車、車種
・パーツ、部品に価値がある車
・修理にそれほど費用がかからない事故車

 

などは、業者によっては、事故車でも査定価格を出しててくれることがあります。

 

あくまでも事故車の相場よりも高値が出やすい中古車で、同じ車種やモデルの事故車でない中古車と比べれば、安い査定になります。

事故車の買取可能な事故車買取サイト

事故車のタウ

 

事故車の買取で評判、実績が高く、安心して査定依頼が出来るのが、事故車買取のタウです。 出張査定、手数料などはすべて無料で、業界NO1もサービスだと思います。 事故車の買取査定ならまずは、事故車買取のタウで決まりでしょう! 全国対応、事故現場からの引取など事故者の処分にお困りならまずはタウで査定依頼してください。

廃車買取のカーネクスト

 

事故車買取サービスでは、廃車の買取をしている業者も外せません。 廃車の買取のカーネクストは、事故車の買取でも実績が豊富で事故車でも値段が期待できない車種やモデルの査定におすすめです。 廃車の買い取りのカーネクストは、事故車の買取でも実績があり、困ったときのカーネクストです。 全国対応で、無料査定から引取、廃車まで無料で出来ます。

廃車買取本舗

 

廃車本舗も事故車の買取に実績が豊富で、上記のサイトと査定価格を比較するためにも査定依頼して欲しい事故車買取サイトです。 廃車買取サービスは、事故車の買取査定でも査定価格が出やすいと言われています。 廃車本舗で事故車の査定を取り、他の事故車買取業者の査定価格を比べることで、買取価格の上昇が期待できます。 1社だけの査定では、事故車の査定は損をすることも多いので、2社、3社の査定が必須で、その業者の1つに廃車本舗も加えてください。

 

事故車の査定も複数業者の査定が有利になります。

 

上記で紹介の3サービスは、どれも事故車の買い取りに実績があるサービスです。

事故車を査定に出す際の注意点

事故車の処分は、ほとんどの方が、急いでいますよね!

 

例えば、事故の現場に事故車を放置している場合や修理代が高額で事故の損傷を直さずに処分したい場合などは、すぐに引き取りに来ていただきたいですね!

 

このような事故車の処分や査定は、ほぼほぼ損をするといえます。

 

下手をすれば、事故現場からの引取等の場合、引取費用なども必要で、処分を依頼する業者によっては、レッカー費用などを請求されることもあり、思わぬ出費ということもあります。
事故車の処分、売却は、マイナスになることも珍しくありません。

 

普通に、事故車をディーラーや車買取店などで依頼しても無料での引取も難しいこともあります。

 

しかし、事故車買取や廃車買取業者なら無料での引取はもちろん、車種や事故の程度によっては、買取も可能です。

 

もちろん、廃車にするような事故車でも無料で廃車手続きなども代行してくれることがほとんどです。

 

事故車の処分で、普通ならレッカー代や廃車手続費用などが必要な場合でも無料で処分ができます。

 

しかも、事故車が価値のある車なら買取で売れることもあります。

 

事故車の処分、査定は、上記で紹介している事故車専門の買取サイトや廃車買取サイトの利用がおすすめです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加