自動車ディーラーの下取りってどうなの?

愛車を処分する際に、半分以上の方が、次に乗り換える車のディーラーに下取りを出すのではないでしょうか?
(自動車ディーラー;トヨタ系、日産系、ホンダ系、マツダ系、スバル系、スズキ系、ダイハツ系など)

 

同じ自動車メーカーの場合もあれば、次に選んだ自動車が他の自動車メーカーの場合もあると思いますが、新車への買い替えの場合には、今まで乗ってきた愛車を次に購入する車のディーラーの下取りに出す方も多いと思います。

 

しかし、ディーラーの下取りや買取は、あまり高値で買取していない、中古車店などの買取の方が高いなどと言われることもあります。

 

売却する車種によっては、ディーラー下取りとその他の車買取との差額が10万円、20万円などと高額になることもあります。

 

ディーラーだから高値で買取してくれると思われている方も多いと思いますが、実際は、ディーラーの下取りはそれ相応の価格であることが多く、人気車種の場合でもそれほど下取り価格が高くなるということもない場合もあります。

 

一方、中古車店、車買取店の中古車買取の場合、中古車市場での人気や価値がそのまま価格に反映されるので、ディーラー下取り価格よりも高くなることが多いと言われます。

 

実際、中古車店や車買取店がディーラー下取り価格よりも安く買取していたのでは、中古車の仕入れが出来なくなりますからね!

 

ですので、ディーラー下取りよりも高値で買取してくれることが多いと言えます。

 

なら、車の買い替えの際にもディーラーへの下取りをせずに中古車店などへ売却すればいいのでは?と思いますよね!

 

手間や時間、自動車のことが多少詳しい方なら中古車店への売却も良いかもしえませんが、手間や時間がない方なら新しい車の購入先にそのまま、今まで乗ってきた車を下取りしてもらえば、手間はほとんどかかりませんからね!

 

しかも次に購入する車の納車と同時に今まで乗ってきた車と入れ替えが出来るので、自家用車のない期間がありません。

 

毎日マイカーを利用する方には、このあたりも重要ですね!

 

そこで、ここでは、ディーラーの下取りで愛車を処分する際に少しでも高く売る方法、有利な交渉が出来る査定方法を紹介したいと思います。


ディーラーの下取りで少しでも高値で買取してもらうコツ!

ディーラーでの下取りの場合、次に車を選んでその車の販売価格、諸費用などを聞く際に、今乗っている車を下取りしましょうか?

 

となることがほとんどで、ほとんどの方が下取りして出された下取り価格と車の購入の際の値引きなどを差し引いた金額で購入されると思います。

 

新車の購入の際には、下取りもセットで価格を出すことも多く、下取り車がないと値引きが少ないこともあると聞いたこともあります。

 

ディーラーの下取りは、今乗っている愛車の処分、売却方法としては手間もかからず最強かともい思いますが、価格的には損をすることもあります。

 

ディーラーの下取りのメリットとしては、新しい車の購入価格交渉時に査定したもらえることと購入した車の納車と同時に引き渡しが出来ることですね!

 

ただ、売却する愛車が同じメーカーのディーラーであったとしても高値で下取り、買取してくれるとは限りません。

 

ほとんどの場合、それなりの買取価格になります。

 

そこで、ディーラーへの売却で少しでも高値で下取りしてもらう裏技、コツを紹介したいと思います。

 

上手くいけば、最初に出された下取り価格よりもアップすることも来た出来ます。

 

そのコツと言うのは、ディーラーに下取りに出す前でも良いですし、出してからでも良いですので、他のディーラーでも中古車店でもいいので査定を取っておきましょう!

 

中古車店や車買取店などの査定を取って、その業者の査定価格を提示するだけで、売却する車の中古車としての価値をディーラーに示すことが出来るので、その価格と同等に価格で買取してくれることもあれば、その価格に近付ける価格を出してくれることも期待できます。

 

普通に何も比べるもの持たずに査定に出すのと、他の業者の査定価格をもって査定に出すのとでは、大きく下取り価格が違ってくることもあります。

 

ディーラーの他の業者の査定も持ち込むことでデメリットになることはほとんどないので、下取りの際には、他で取った査定は必ず用意しましょう!

 

特に、中古車店と他の自動車ディーラーの下取り価格を揃えておけば、下取り価格も車の購入価格の値引きも期待できます。

 

一石二鳥です。

 

愛車の査定を取る際にもネットの車査定を利用すれば簡単に査定を集めることが出来ましので、是非、こちらの車買取一括査定サイトを利用してください。

 

 

ディーラー下取りでの交渉術

ディーラーに下取りを出す際に査定価格の交渉術を紹介します。

 

まず、下取りを出す際に知っておきたいことは、

 

トヨタのディーラーってトヨタ○○店、ネッツトヨタ○○やトヨタカローラ○○、○○トヨタペットなどトヨタ系のディーラーって名前も違えば、販売している車種も多少違いますよね!

 

このディーラーの違いを知っておきたいですね!

 

トヨタに限らず、ホンダや日産などでも同じです、マツダは、少し形態が違いがあるようですが、

 

ディーラーと言うのは、トヨタの場合ですと

 

トヨタ店やトヨペット店、ネッツトヨタ、トヨタカローラで扱う車種が違っています。

 

プリウス、アクアなどはどこでも扱いがありますが、例えばアルファードとヴェルファイアなど同じような車種でも名前が違っている車種がトヨタにはいくつかありますよね!

 

これも販売店の違いで出来た車種だと言えます。

 

また、コンパクトカーを主に扱うディーラーやミニバンを扱うディーラー、高級車、セダンなど分かれています。

 

この分かれているのは、下取りに出す際にそれほど問題にはなりません。

 

何が問題化と言うと、トヨタ系のディーラーは、同じネッツトヨタでも運営している会社が異なることがあります。

 

トヨタ系ディーラーは、ディーラーごとに独立した会社の運営で、トヨタ本社が運営している訳ではありません。

 

ということは、同じトヨタ系のディーラーでも店舗によって新車購入の際の値引きやサービスも違えば、下取りの際の査定価格も違います。

 

よく、新車購入の際の値引き価格の引き出し方に、ライバル車種を引き合いに出すなどが紹介されています。

 

もちろん、ファミリー向けのミニバンの購入を考えている際に本命がヴォクシーとしてステップワゴンやセレナなどをライバル車として交渉する方が良いと書かれていますよね!

 

これはこれで有効ですが、もっと有効なのが、同じヴォクシー、もしくは姉妹車のノアをライバル車として持ってくるというのは凄く有効です。

 

ここで、役立つのが、同じトヨタ系のディーラーでも運営会社が違うことです。

 

同じヴォクシーの購入の際でも同ディーラーでも違う会社が運営するディーラー同士で価格交渉をすることです。

 

同じ車種、同じグレードやオプションですので、交渉もしやすく、値引きやサービスなどが直で解ります。

 

これは、愛車の下取りでも言えることで、同じトヨタディーラーでもディーラが違えば下取り価格が違ってきますし、交渉する際にも他ディーラーとの査定価格を引き合いに出しやすく、交渉もすんなりいくことも多くなります。

 

近所のトヨタディーラーでもトヨタが運営しているのではなく、委託で販売しているような感じですので、運営会社が違うということは知っていて損はありません。

 

これは、ホンダ系ディーラーでも日産系ディーラー、スズキ、ダイハツなどでも言えます。

 

ただ、マツダ系ディーラーは、マツダが運営しているディーラーも多いのでこれに当てはまらないことも多いと言えます。

 

 

自動車の買い替え、新車購入の際に、今のl乗っている車を下取りに出す際に損をしないためにも、少しでも高く売る為にもディーラー下取りに出した際に有利な交渉が出来るように、自分で出来ること、知っていることが多いほど、高値での売却が出来ると思います。

 

交渉なども苦手な方も多いと思いますが、他の業者の査定価格を見せるだけでも下取り価格の影響が出てくるので、他ではこれくらいで買取してくれるなどと言うだけで下取り価格が上がることもあります。

 

 

ディーラーの下取りだけではない愛車の売却方法

新車への車を買い替える際に、今まで乗ってきた愛車を下取りに出すのは普通ですよね!

 

新車の支払いを少しでも減らすためには、購入する車の値引きと今乗っている車の下取り、頭金の入金ですね!

 

その中でも新車価格の値引きと古い車の下取りは重要になると言えます。

 

ただ、最近は、新車の値引きと言うのは年々渋くなっています。

 

新車の値引き金額は、オプションなどと込みで、15万円から25万円くらいの範囲が多いと言えます。新車価格にもよりますが、購入価格の1割の値引きも厳しくなっているのが現状です。

 

その反面、中古車の買取価格は、上昇していると言われています。

 

今までは、車の買い替えなどで今まで乗ってきた愛車を手放す方法としては、次に購入する自動車ディーラーや中古車購入なら中古車店で下取りしてもらうことが多かったと思います。

 

また、下取り価格が気に入らない場合でも近所の中古車店に持ち込んで売却するという方法が一般的でしたが、インターネットの普及で、ネット車査定、特に複数の業者の査定が依頼できる車一括査定などの普及で、中古車の買取価格は多少ですが上昇していると言われています。

 

しかし、新しい車の購入の際には、値引きや何かサービスをしてもらうことに気がいき、下取りする車の価格の交渉をする方は少ないと言えます。

 

新車価格に値引きが厳しくなっているのなら、他に方法で購入価格を控えることを考えた方が良いと思います。

 

その方法と1つが、下取り価格を上げる方法です。

 

ディーラーの下取りって大雑把な面があります。例えば、新車価格にオプションパーツ、諸経費などを入れた金額を出した後、値引き金額と下取り金額を引いた値段とを提示して、いかにも下取り価格が高く頑張ったというような言い方をされる営業マンも少なくありません。

 

下取り価格がそれほど高くなくても、下取りに出す車によっては金額的には大きくなることも多く、購入する車の支払い金額が低くなることで高値で買取してくれたと勘違いすることも多々あります。

 

実際は、ディーラーや中古車店の下取り価格よりも高値で売れたかもしれない愛車を相場よりも安く売ってしまうということが起こります。

 

「ディーラーだから高く買取してくれる」

 

「新車を購入するにだから下取り価格に色を付けてくれる」

 

と言うことを思わずに、ディーラー以外に売却先も視野に入れながら少しでも高く買取してくれる業者を探すか、その査定などを利用してディーラーに少しでも高く買取してもらう交渉をしてみてください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加