本革シートの車買取査定の傾向

自動車の本革シートと言えば、高級車のシートですね!

 

新車価格500万円以上のモデルのオプションなどで選べることが多い本革シートですが、車を売却する際に本革シートの査定ってどうなのでしょうか?

 

「本革シートの車は高く売れる」などと言われていますが実際はどうなのでしょうか?

 

自動車のシートは、消耗しやすいパーツでへたりや汚れなどが目立ちやすく、査定に対象として重視されることも多く、走行距離や年式の割に汚れの多い場合は、マイナス査定になりやすくなります。

 

本革シートの車は、高く売れると言われていますが、本革シートの程度にもよります。

 

年式が浅く、汚れやへたりの少ない本革シートでプラス査定になりますが、経年の汚れ、へたりのある本革シートはマイナス査定になりやすいと言えます。

 

本革シートの中古車は高級車が多いので程度が良いモデルが多いと言えますが、程度の悪い本革シートの中古車は、中古車として売れにくく、査定価格も上がりにくいと言えます。

 

本革シートの車は、人気があり、高値で販売される中古車が多く、それらに当てはまる車は、プラス査定になりますが、本革シートの車でも査定が低くなる傾向があります。

 

本革シートは、布シートよりも汚れが取れにくく、シートのテカリや擦れなどが目立ちやすいので、痛みの見られる本革シートは、補修なども高くつくのでマイナス査定になると言えます。


本革シートの車を高く売るには

本革シートの車は、高級車、新車価格が高額な車が多いですね!

 

本革シートがオプションの車の場合、本革シートを選択した場合、車種にもよりますが、20万〜50万円程度の車種が多いようです。

 

もちろん、皮の質などによってもっと高額な本革シートもありますが、オプションで本革シートが選べる車種のオプション価格を書いています。

 

グレードによって本革シートの車種などもありますね!

 

本革シートの車は、高級モデルという認識でいいと思うのですが、本革シートの車を売却する際に、革シートのせいでマイナス査定になることは避けたいですね!

 

本革シートは、自動車のオプションとしては人気が高いと言えますが、メンテナンスを怠れば、痛みや汚れで価値が半減することもあります。

 

本革シートは使用年数でも査定の評価が違ってきますが、特に本革シート車の査定では、メンテナンス方法で査定価格が大きく変わってくると言えます。

 

日ごろのメンテナンス次第で高く売れる車も安くなることもあります。

 

また、本革シートの車の査定は、査定に出す業者によっても買取価格が違ってくることが多いと言えます。

 

本革シートは、プラス査定になることもあれば、マイナス査定になることもあります。

 

ただ、その評価、査定も業者によって様々だと言えます。

 

本革シートの車の売却は、車種にもよりますが、ほとんどの場合、その車を買いたい業者に売るのがベストだと言えます。

 

革シートの車の評価を高くしてくれる業者で、売りたい車の買取に興味のある業者を探すことが出来れば、高く売ることが出来ると思います。

 

その査定をするために利用したいのが、車買取一括査定サイトです。

本革シートの車を高く売る為の車買取一括査定サイト

提携業者も1000社以上で業界トップクラス
全国対応で利用者も満足度も高い
カーセンサーの提携中古車店の査定を最大30社
大手の車買取チェーンとの提携数が多い
どんな車での登録、査定依頼が可能
提携業者数も多く最大10社の査定が可能
中古車の高値買い取りに実績が豊富
厳選した提携業者で安心の一括査定
事故車や故障車などの買取実績

本革シートの車を高く売る為には日ごろの手入れが重要

本革シートの車は、魅力や所有欲が増しますが、手入れなどを怠れば、痛みや汚れが付きやすくなります。

 

本革シートは、その車の売却の際に大きなメリットにもなれば、デメリットにもなります。

 

ですので、本革シートは日ごろの手入れ次第で、数年後の売却で大きな買取価格の差に繋がることも多いと言えます。

 

ここで簡単に本革シートの日ごろの手入れを紹介しておきたいと思います。

 

車内は、思っている以上に革製品には過酷な環境で、普通に何もせずに放置すれば、痛みは早くなります。

 

車の室内は、夏場の高温や紫外線で革は相当、痛みや変色などが起こります。何もしなければ早く傷みが来るでしょう!

 

そのために最低限の手入れは必要だと言えます。

 

まず、本革シートは定期的にしっかりと汚れをふき取る。

 

これは、固く絞ったタオルなどでふき取るだけでOKです。

 

自動車に使用されている本革シートは、使用環境に合わせたコーティングが施されています。家庭用のシートワックスなどを利用する方を見かけますが、自動車の革シートは、家庭のソファーとは違うので家庭用のソファーワックスはおすすめできません。

 

次に乾拭きや湿ったタオルだけでは手入れは不十分ですね!

 

自動車用の革シートワックスやシートクリーナーなどでコーティングする。

 

定期的にこれらのメンテンアスをしておけば、本革シートの痛みは最小限に防げるでしょう!

 

ただ、幾らメンテナンスしても革シートは劣化していくことは間違いありません。

 

その本革シートの劣化を少しでも少なく、遅らせるためにメンテンナスをしていると言えます。

 

本革シートのメンテナンスの手順を簡単に書きました。

まずは、シートの表面のほこり、ごみを掃除機などで取り去る
固く絞ったタオルでしっかり汚れを取り、乾いたタオルで乾拭き
自動車の品側シート用のワックス、コーティング剤を塗る

 

これらを手順を定期的に行えば、本革シートは、劇的に長持ちします。

 

なんの手入れ、メンテをしていない本革シートと比べれば、数年後に大きな差が出ることは間違いありません。

 

 

 


査定に出す前の本革シートの修理、リペアはどうなの?

本革シートの車でシートの傷みが激しい、ひび割れた塗装の剥がれなどが見られる場合、査定に出せばマイナス査定になることがほとんどですね!

 

では、本革シートの車を売却する場合に、シートを修理に出してから査定に出せば査定価格が上がるのではと思われる方もいますよね!

 

本革シートの修理ってどれくらいの費用が掛かるのか?

 

もし、傷みが激しく本革シートを張り替える場合の費用を調べてみました。

 

本革シートの擦れによるとその割れや塗装剥がれ、こては運転席側の乗り降りする際に擦れでその箇所の傷みが激しくなることで起こることが多いですね!

 

擦れや割れによる本革シートのリペアの費用は、20000円〜が相場です。簡単な修繕なら20000円前後で済みますが、50000円以上掛かることも多いと言えます。

 

次に本革シートのリペアで多いのがタバコの焦げ、引っ掛けのキズや穴ですね!

 

タバコの焦げや穴のリペアは、30000円〜が相場ですが、綺麗にリペアしたい場合は、金額もそれなりに掛かります。

 

最後に本革シートの張り替えですが、100000円〜になっている場合が多く、全てのシートを張替の場合、相当な金額になります。

 

また、純正シートではなくなることから本革シートを張り返しても査定価格の反映は現手的なので損をすることにもなります。

 

本革シートの車の査定の際に、革シートの傷みが激しく、マイナス査定になるからと言って修理、リペアすることはあまりおすすめは出来ません。

 

修理代、リペア料金よりもプラス査定を引き出すことは難しいので、修理、リプアせずに出す方が得になることが多いと言えます。

 

ただ、年式が新しい車の本革シートのリペアの場合は、プラスになることもありますが、ほとんどの場合は、修理代よりも査定価格が上がることは少ないと思います。

  このエントリーをはてなブックマークに追加