新車購入した車をすぐに査定に出せばどうなる

自動車を新車購入してすぐに、売却、査定に出したらどうなるの?

 

こんな疑問を持たれた方もいるのではないでしょうか?

 

私もその一人で、新車で購入した車をすぐに査定に出したらどれくらいの金額になるのか?

 

いくら損をするのかが気になりました。

 

そこで、新車をそのまま、査定に出した際の査定価格を調べてみました。

 

新車とはいえ、一度、登録した車は中古車です。走行距離がほとんどなくても中古車扱いですので、購入価格よりは、ダウンします。

 

どれくらい、購入価格、新車価格からダウンするのか、査定価格は幾らになるのか?

 

気になることを調べてみました。

 


新車も登録すれば未走行でも中古車

新車が納車されて、乗らずの状態でも自動車が登録された自体で、中古車扱いになります。

 

よく、新古車として販売されている車がありますよね!

 

新古車というのは、新車を登録してそのまま、販売されている車です。

 

自動車業界の闇で、販売店は、販売台数によってマージンなどが頂けるそうです。

 

販売台数のノルマですね!

 

そこで、あと少しで販売台数を達成できる際に、販売店が購入して登録、そのまま新古車販売店などに売却するというパターンがあるそうです。

 

新車同様の車を新車よりも安く変えることやすぐに納車が可能なことなどから、新古車は人気です。

 

 

新車を購入して登録した時点で、この新古車、または未走行の中古車の扱いになります。

 

新車という扱いにならないことはわかりますよね!

 

したがって、そのまま査定に出しても新車価格同等の価格にはなりません。

 

では、どれくらいの査定価格になるのでしょうか?

 

正直、新車購入の際には、車体価格以外にも様々な諸経費が掛かります。

 

その諸経費の中には、引き継ぎできるものもあれば、できないものもあります。

 

そうですね、その諸経費分や未走行でも査定価格のマイナス分などを引いた価格が、新車の買取価格になりますね!

新車をそのまま査定に出した際の査定価格

新車を購入してそのまま、売却した際にどれくらいマイナスになるのかを知りたいと思い調べてきました。

 

実際、新車購入時には、諸経費、手数料などが大きくのしかかってきます。

 

車体価格が200万円の車でも250万円程度が必要です。

 

もちろん、オプションパーツなどを含めてです。

 

250万円で購入した車を新車のまま、査定に出しました。

 

査定価格は幾ら?

 

200万円出れば、良いと言われます。

 

総額、250万円で購入した新車を乗らずに、査定に出したとしてもマイナス50万円は覚悟しなければいけません。

 

新車購入後、そのまま査定に出した際には、販売店の手数料などはマイナスになります。

 

自動車税などは、日割りで計算してくれる業者がほとんどですので、多少のマイナスで済みそうです。

 

後、ナビゲーションなどのオプションパーツですが、査定価格には加算されますが、マイナスになることがほとんどです。

 

このように、新車購入時には、車体価格以外にも諸々と出費があり、それらの殆どが、マイナスになるのは覚悟しなければいけません。

 

 

結果、新車をそのまま、乗らずに査定に出したとしても250万円購入価格の新車でも50万円前後のマイナスになります。

 

これは、新車価格が高額になれば、マイナス金額も大きくなる傾向にあります。

 

逆に、新車価格が定額な車種、車両は、マイナス金額も少なくなる傾向にあります。

 

自動車販売店から出る新古車の多くが軽自動車やコンパクトカーというのもうなずけます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加