古いトラックが買取される理由

古いトラック、20年落ち以上のトラックでも買取されています。

 

普通、自動車の場合、20年落ちなどの場合、廃車で価値はなくなりますよね!

 

しかし、トラックの場合、古くても走行距離が多くても買取されるケースがほとんどです。

 

なぜ、トラックは、古くても売れるのか?

 

中古車としての需要があるからです。←当たり前

 

では、なぜ、古いトラックの中古車は、需要があるのか?

 

トラックは、構造上、丈夫に出来ています。

 

古くなってもまだまだ、活躍できるからですね!

 

また、日本のトラックは、海外でも人気が高いので、日本では、見向きもされない古いトラックでも海外で需要がある場合が多いからです。

 

日本国内でも海外でも古いトラックは、まだまだ需要がある

 

だから古いトラックは、売れます、買取が可能なのです。


古いトラックとは、何年落ちのトラック

トラックは、普通車と違い10年落ちくらいでは古いトラックと言えないですね!

 

10年落ちのトラックならまだまだ、活躍してくれています。

 

中古車に出ても10年落ちのトラックは、高値で取引されることが多いと言えます。

 

 

では、古いトラックとは、何年落ちのトラックを言うのでしょうか?

 

トラックの場合、20年落ち以上の年式とトラックを古いトラックと呼ばれることが多くなっています。

 

20年落ちといえば、普通車ならもう、廃車、20年も乗られる方も少ないですね!

 

しかし、営業で利用されるトラックは、10年は当たり前、20年以上経過しても現役で活躍していることも多いですね!

 

もちろん、走行距離も営業車ということで、膨大で、20万キロ、30万キロ、50万キロ走行しているトラックも多いですね!

 

古いトラックとは、普通車感覚では、想像がつかないほどの年式、走行距離であることが多いです。

 

 

古いトラックとは、ここでは、20年以上、20年落ち以上のトラックのことです。

20年落ちのトラックの売却、査定方法

古いトラックと言われる20年落ち以上のトラックの売却を考える際に、国内での需要は、確実に少なくなっていると言えます。

 

20年落ちでも走行距離が年式の割に少ない、程度が比較的良い等の場合は、国内でも流通すると言えますが、ほとんどの場合、20年以上経過したトラックの中古車は、需要が少なくなっています。

 

もちろん、需要はあるので、買取などもして頂ける事がほとんどですが、金額的には安くなる傾向にあります。

 

20年落ちのトラックは、海外向けの売却が有利になると言われています。

 

そうです。

 

海外での需要が高く、海外では、日本製のトラックの中古車は人気で、古いトラック、20年落ちのトラックでも需要が高くなっています。

 

 

もう、お解りでしょうが、海外市場を視野に入れた売却、査定が有利になると言えます。

 

海外の中古トラックを扱うトラック買取業者や中古車買取業者の査定を取ることができれば、古いトラックでも高値で売ることが可能ではないでしょうか?

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

いすゞ エルフ買取査定ガイド
2t、3tトラッククラスの人気のいすゞエルフの中古車を最高額で買取してもらうためのトラック買取査定ガイド!小型トラックはここで査定を取れば間違いなし!
キャンター買取査定ガイド
三菱ふそうのキャンター、小型トラックの中古車を最高額で買取してもらうための査定方法や売却先の探し方を解説しました。
2tトラックの中古車買取査定ガイド
2tトラックの中古車の買取や査定で高く売るための売却方法です。中古トラックの中での需要が多い2tトラックはどのような査定でどこに売ればよいのか