外車と国産車の維持費を比較

外車の維持費は、国産車と比べて高額になると言われます。

 

基本的に、自動車の維持費といえば、自動車税、重量税、車検費、燃料費、修理費などです。

 

外車、輸入車の維持費が高い理由としては、排気量が大きな車種が多く、重量も重いことで、自動車税、重量税が高くなることです。

 

輸入車、国産車の関わらず、自動車税、自動車重量税は、経費として必要で、排気量が大きな外車は高くなります。

 

また、最近は、エコカー減税などを受けられる車が国産車に多くなっています。

 

もちろん、輸入車でも燃費製のが良い車種、ハイブリッドカーなどは、エコカー減税の対象です。

 

ここまでは、輸入車と国産車の維持費で、特別差が出るものではありません。

 

輸入車、外車と国産車の維持費で大きく変わるのが、メンテナンス費、修理費です。

 

国産車の場合、ディーラーでも民間修理場でも修理代は、比較的、良心的です。

 

自動車の修理代には、修理箇所の部品だと取り替えする工賃がかかります。

 

国産車の場合、部品の入手が容易で、部品代も比較的安く手に入ります。

 

一方、輸入車、外車の場合、部品の入手も困難なものも多く、部品代も高額です。

 

また、国産車よりも輸入車の工賃は高額なことが多くあります。

 

輸入車、外車の維持費が高くなるのは、メンテナンス費、修理費用が大きいと言えます。

 

次に、燃料費です。

 

最近の自動車は燃費の向上で燃焼費が安くなっています。

 

ただ、少し前の輸入車や排気量が大きい輸入車は、燃焼費、ガソリン代も高額になり、維持費が高くなります。

 

このように、国産車と外車、輸入車の維持費を比較した場合、

 

基本的な自動車税、自動車重量税は、車種により違いますが、国産、外車でそれほど差がありません。

 

問題は、メンテンナンス費、修理費と燃費、ガソリン代です。

 

この費用が、国産車と輸入車の維持費に大きな差が出ると言えます。

 

また、輸入車、外車で高額な場合、自動車保険の費用も高くなります。

 

輸入車、外車の購入は、維持費が掛かることは覚悟が必要だと言えます。


外車、輸入車の維持費を控える節約法

輸入車、外車は、国産車よりも年間の維持費は、必要なケースがほとんどです。

 

しかし、輸入車でも車種、モデルを選べば比較的、維持費を控えることが出来ます。

 

まず、輸入車、外車の購入は、新車、もしくは、正規ディーラーの中古車が基本です。

 

外車の場合、中古車での購入は、外車の維持費で費用を拡大させる要因になります。

 

輸入車、外車の維持費を控えるためには、輸入車でも正規ディーラーがしっかりしている自動車メーカーの車を選ぶことと、排気量の小さな輸入車を選ぶことです。

 

特に、排気量が控えめの輸入車なら国産車と変わらないほどの維持費にできることもあります。

 

もちろん、購入費用は、正規ディーラーで新車購入となると高くなります。

 

しかし、後々の維持費のことを考えると特に輸入車は、泥沼にハマることもあります。

 

中古車購入の輸入車ではよくあることで、次から次へと不具合が出て、維持費が拡大するということ・・・

 

輸入車、外車の維持費を節約する方法としては、経費を控えることが重要で、普通にメンテナンス、修理費を控えれば、国産車と変わらない維持費も可能です。

 

輸入車、外車でメンテンナンス費、修理費を控えるには、購入時の保証があることは非常に重要だと言えます。

 

後は、自動車税、重量税が比較的、低い排気量の外車を選ぶなどすれば、有名メーカーの車種なら国産車と変わらない維持費で乗ることも可能でしょう!


輸入車、外車の維持費の節約 まとめ

輸入車、外車の維持費は、国産車よりも高くなることは覚悟が必要です。

 

それ以上に、外車は、保有欲、満足度、見栄などが得られると言えます。

 

特に高額な輸入車、輸入台数が少ない輸入車などは、保有欲は格別ですよね!

 

ただ、それに引き換え、国産車よりも年間の維持費は高く、高額になります。

 

輸入車の維持費を控える、節約するというのは、排気量が小さい輸入車をエアラブなどする必要があり、輸入車、外車に乗る魅力を削ることにもなります。

 

ですので、輸入車、外車の購入を考えているならある程度の維持費は必要だと言えます。

 

それでも輸入車、外車の乗る、購入する方で、維持費を節約したいのなら、後々のメンテンナンス費、修理費を控えることが重要になると言えます。

 

そのためには、購入の際に、保証が長く故障しにくいメーカー、車種、モデル選びが重要になるのではないでしょうか?

 

ただ、事故などの場合、輸入車は、思っている以上に修理費がかかることは、覚悟が必要だと言えます。

 

輸入車、外車の維持費の節約は可能ですが、それ以上に経費が掛かることも覚悟が必要だと言えます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加