査定価格が高くなりやすい車

車の査定価格は、車種やモデル、グレードのよっても大きく異なります。

 

また、人気車種と不人気車種では、査定価格が違ってくることはほとんどの方が知っていると思います。

 

では、同じ車種でもこれが違うだけで査定価格が違ってきますということを紹介したいと思います。

 

 

まず、査定価格に大きく影響すると言われるのが、ボディカラーです。

 

ボディカラーのよる査定価格の違い

車のボディカラーは、売却の際の査定価格の大きな影響があります。
同じ車種でも人気ボディカラーと不人気ボディカラートでは、査定価格が10万円以上差が出ることも普通にあります。
ボディカラーの人気は、ホワイトが殆どの車種で人気です。
また、その車種の特別色、車種のイメージ色なども査定価格が良くなることがあります。
車種によって、人気のボディカラーが違うこともあります。
ホワイト以外のボディカラーが人気の場合は、そのカラーが査定に有利になるので、一概に、ホワイト、ブラック系だけではありませんが、
基本は、ホワイト、ブラック系が査定には有利だと言われます。

 

次にオプションパーツ、純正のナビゲーションやアルミホイールです。

 

純正オプションパーツ

車の査定で有利になるのが純正のオプションパーツです。
特にナビゲーションは、純正ナビ、高級モデルは、査定で有利になります。
また、後付出来ないオプションパーツで人気のパーツは、査定ではプラスになることが殆どで、取り付けできるなら後付出来ないオプションパーツで必要なパーツは付けていたほうが良いと思います。

 

カスタム、改造は極力しない。

 

中古車は、ノーマル車が人気

中古車の査定では、ノーマル車の方が有利になります。
中古車市場では、改造車、カスタムカーは一部の車種を除き、需要が少ないと言えます。
需要が少ないので、販売価格も査定価格も下がります。
逆に、ノーマル車は、中古車市場では需要が高くなると言えます。
ノーマル車は、マイナス査定になることはほぼありませんが、カスタム、改造車はマイナス査定の基準になることがほとんどです。

 

 

上記のように、車の査定では、中古車で売りやすい車は、査定価格で有利になります。

 

人気のボディカラーに始まり、オプションパーツ、純正ナビ、ノーマル車は、将来の査定価格に大きく影響すると言えます。


自動車購入時に決まる将来の査定価格

自動車の購入、新車の購入時に、査定価格に影響するボディカラーやオプションパーツを知っていれば、3年、5年後に車を売却する際に高く売ることができるかもしれません。

 

そうです。

 

将来の売却時、査定の出すことも考慮した車購入です。

 

上記で書いていることを基本に考えて、ボディカラーやナビゲーション、オプションパーツなど、予算と相談しながら最善の車購入ができれば良いですよね!

 

特に査定価格に影響が大きいのが、ボディカラーだと言えます。

 

同じ車種、グレードでもボディカラー次第で、査定価格が大きく異なることになります。

 

殆どの車種がホワイト、特にホワイトでもオプション設定されている有料の何々ホワイトは人気になりやすいと言えます。

 

もちろん、オプション色は、オプション料金が5万円〜10万円近く出費が増えることを考えると査定価格がそれほどアップするかといえば疑問もあります。

 

5、6万円程度ならオプションで設定しても将来の査定で有利なることが期待できると思います。

 

次にナビゲーションも将来の査定に大きく影響するオプションです。

 

純正ナビ、ディーラーオプションのナビは、査定に有利になることが多いです。

 

ただ、上級モデルのナビは、査定で有利になる傾向ですが、インチが小さめの低グレードナビは、査定では評価されにくい傾向にあります。

 

ただ、社外ナビは、車種によってはマイナスになることも多いと言えます。

 

最近の自動車の傾向として、ナビゲーションにいろいろなものが連動していくることが多いので、純正ナビは高評価になると言えます。

 

その他にも車種によっては、このオプションが付いていないと査定価格が下がるということがあります。

 

特に後付ができないオプションで必要なオプションは、付けることが得策だと言えます。

 

予算の面で、大丈夫なら・・・・

 

最後に、グレードです。

 

国産車は、グレード設定が多く、どのグレードを選ぶかだけでも悩みます。

 

将来の査定で有利なのは、高グレード、上位グレードです。

 

逆に、低グレードモデルは、査定では不利になると言えます。

 

装備などの面からも、新車購入では、予算の許す限りで高グレードモデルを選べば、将来の査定価格でほとんど差額がなくなることもあります。


査定が高くなる車ってどのような車、車種

3年後、5年後の車を売却すると仮定して、高く売れる車とソウでもない車がありますよね!

 

新車価格は、査定が高くなる車、そうでもない車でも値引きなどはそれほど変わることはないですね!

 

新車購入時は、将来の査定価格が期待できる車種を選ぶことも重要だと言えます。

 

 

人気車種、耐久性が高い車種は、査定価格が高くなる傾向にあります。

 

ただ、注意しなければ行けないのがモデルチェンジです。

 

特に、人気車種で将来の査定が期待できる車種でもモデルチェンジで大きく査定が変わることは良くなります。

 

最近の傾向としては、SUV車は、比較的査定価格が下がりにくいと言えます。

 

ミニバンも査定価格が下がりにくいと言われますが、人気車種の移り変わりやモデルチェンジのスパンが比較的短いので値下がりもあります。

 

セダンタイプの車は、高級車以外は、値下がりしやういと言えますね!

 

後、年式が古くても比較的、査定価格が下がらないのが、4WD車、オフロードーです。

 

ラダーフレームの車は、耐久性が高く、査定価格も下がりにくい傾向にありますが、新車価格も高い車種がほとんどですので、オフロード性能が必要な方以外は、必要がない車ですね!

 

人気車種でも販売台数が多い車は、査定価格が下がりやすいので注意が必要です。

 

発売から3年後には、中古車市場に多く流通していると予想されます。

 

将来高く売れる車の傾向としては

 

人気車種で、中古車としても需要が高い車種
SUV車、ミニバンで人気モデル
限定発売、限定モデルで希少価値がある車
ラダーフレームなど耐久性が高い車

  このエントリーをはてなブックマークに追加