中古車のリセールバリューって何ぞや!

車、自動車を売る際に、リセールバリューや残価率というのをよく耳にしますよね!

 

リセールバリューってなんとなく理解しているようで理解していない方も多いと思います。

 

リセールバリュー、残価率という言い方もしますが、

 

自動車のリセールバリューは、「再販価格」で

 

その車が、3年後、5年後に中古車として幾らくらいで売れるのか?

 

幾らくらいの価値が有るのかを表すのがリセールバリューです。

 

要するに、中古車で売る際の価格が残価になりますよね!

 

新車価格から3年後、5年後の中古車価格を引いた割合が残価率、リセールバリューと呼ばれています。

 

その車の中古車としての価値という言い方をする方も多いのですが、再販価格です。

 

 

また、カーリースで新車購入?実際は、カーリースは新車を借りていると言えます。

 

そのカーリースをする場合、3年後にその車を返却する金額では、3年後の車の価値、残価率を新車価格から引いた値段で

 

月々の支払価格が決まります。

 

新車をまるまるの値段で購入する場合のローン金額は高くなり月々の返済金額が高くなります。

 

カーリースなら3年後の売却出来る金額をあらかじめ引いているので月々に支払い金額が安くなるメリットがあります。

 

少ない支払い金額で新車に乗ることが出来ます。

 

 

 

3年後にカーリースした車を返却するという前提で残価率をあらかじめ引いた値段でリースをするということです。

 

3年後にその車を返却して、また新しい車をカーリースするもよし、乗ってきた車が気に入れば、残価分を支払うことで買取することも出来るのが普通です。

 

カーリースの残価率は、車種やモデル、人気にあまり関係なく、その車の新車価格から3年後に残る再販価格を割り出した価格で

 

残価率、リセールバリューは、少し高めに設定されることが多いと言えます。

 

 

 


中古車の価値を表すリセールバリュー、残価率

リセールバリュー、残価率にも車種やモデルごとの中古車の価値、販売価格を表すのに使われることもあります。

 

カーリースの残価率とは違い、

 

中古車市場で言われる残価率、リセールバリューというものがあります。

 

車の人気を示すのに使われるリセールバリューランキングなどでランキングされています。

 

このリセールバリューもその車、モデル、グレードの3年後、5年後に幾らで売ることが出来るのかをパーセントで表す指数で、

 

新車価格から3年後の査定価格、売却価格を引いた価格のパーセントで表されます。

 

カーリースの残価率、リセールバリューとは違い、中古車としての価値、買取価格で決まるので、

 

リセールバリューの高い車、車種は、人気が高く、将来売却する際に高く売ることが出来る車ということになります。

 

新車購入の際には、このリセールバリュー、残価率うぃ調べて、リセールバリューの高い車の購入というのも良いのではないでしょうか?

 

リセールバリューが高い車種としては、トヨタのハイエースやヴェルファイア、プリウス、ランドクルーザーなどが挙げられます。

 

また、軽自動車はリセールバリューが高い車が多いですね!

 

SUV車、ミニバンもリセールバリューが高い車種が多いと言えます。

 

セダンタイプの車種は、リセールバリューがあまり良くない車種、モデルが多くなっています。

 

当サイトでも「リセールバリューを考えた車選び」の項目で、

 

リセールバリューの高い車種、モデルを紹介しています。

 

是非、車選びの参考にしてください。

 

簡易版 リセールバリューの高い車ランキング

  このエントリーをはてなブックマークに追加