自動車の維持費って何が必要

自動車を所有すると自動車税や重要税、購入の際の所得税や燃料費、保管場所の駐車場代の他、メンテナンス費用や車検費用、自動車保険などが必要です。

 

ざっと見ても年間の自動車の維持費は掛かりそうですね!

 

まず、自動車を購入する費用が必要です。

 

新車購入でも中古車購入でも結構な金額が必要です。

 

ほとんどの方が、自動車の購入には、ローンで購入しますね!

 

月に数万円のローンや購入資金を加えれば、年間の支出は相当になります。

 

ただ、自動車の維持費だけを考えた場合、自動車税や自動車重量税は、車種、排気量などで違ってきますし、エコカー減税などもあります。

 

また、保有する自動車の燃費や走行距離、使用頻度によっても燃料費などが大幅に違ってきます。

 

このようなことも考慮して、排気量別に、自動車の維持費を調べました。

自動車の年間の維持費

軽自動車から普通車、高級乗用車など乗用車として使用される自動車の維持費を表でまとめてみました。

 

燃料費など変動する項目は、一般的な利用頻度で計算しています。また、燃費性能などもおおよそで計算されています。

 

項目 軽自動車 〜1000cc 〜1500cc 〜2000cc
自動車税 10800円 25000円 30500円 36000円
重量税 12300円/2年 16500円/2年 16500円/2年 16500円/2年
自賠責保険 25880円/25カ月 26680円/25カ月 26680円/25カ月 26680円/25カ月
任意保険 6〜8万円 7〜10万円 7〜10万円 8〜12万円
点検費用 15000円 18000円 18000円 20000円
車検費用 25000円 35000円 35000円 35000円
駐車場代 14400円 14400円 14400円 14400円

 

項目 〜2500cc 〜3000cc 〜3500cc 〜4000cc
自動車税 24600円 36900円 36800円 49200円
重量税 12300円/2年 16500円/2年 16500円/2年 16500円/2年
自賠責保険 26680円/25カ月 26680円/25カ月 26680円/25カ月 26680円/25カ月
任意保険 8〜12万円 10〜15万円 10〜15万円 10〜15万円
点検費用 20000円 25000円 30000円 30000円
車検費用 35000円 35000円 35000円 35000円
駐車場代 14400円 14400円 14400円 14400円

軽自動車って本当に維持費が安いの?

軽自動車は、維持費が安いと言われますね!

 

実際、自動車税や重量税などの税金も安く維持費は安いと言えます。

 

また、軽自動車に装着されているタイヤサイズは13インチ、14インチが多く、タイヤなどのなどの消耗品も安いと言えます。

 

例えば、冬にスタッドレスタイヤが必要な地域などでは、夏用タイヤと冬用タイヤが必要ですね!

 

軽自動車なら、冬用のタイヤ、スタッドレスタイヤも比較的安く入手できます。

 

バッテリーなども容量が小さく、価格も手ごろです。

 

このように軽自動車は、自動車税や重量税などの諸経費が安いと言われますが、それ以外にも維持費が安くなると言えます。

 

ただ、以前よりは、軽自動車の維持費は上がってきています。

 

特に人気車種のNBOXカスタムやタントカスタム、ジムニーなどはタイヤサイズも大きくなっていることからコンパクトカーとそれほど消耗品の価格が変わりません。

 

また、新車価格も上グレード軽自動車と1000tクラスの車種とでは、価格もそれほど変わらない、軽自動車の方が高額のケースも増えています。

 

自動車税も軽自動車の税金が上がったことで、

 

軽自動車の自動車税が10800円

 

1000ccまでの乗用車が、25000円です。

 

15000円ほどの差ですが、以前に比べて軽自動車の維持費の恩恵が感じられなくなっているのも事実です。

 

ですので、軽自動車の新車は売れていますが、コンパクトカー、1000tクラスの自動車も売れています。

 

例えば、トヨタのルーミーやタンク、スズキのソリオなどは軽自動車からの乗り換えも多くなっています。

 

軽自動車の維持費は安いと言えますが、以前よりも恩恵がなくなり、また軽自動車の高級化、装備などが良くなったことで、新車価格も高額になっていることからコンパクトカーに乗り換える方も多くなっているのも事実です。

  このエントリーをはてなブックマークに追加