車査定の際に有利なオプションパーツ、付けておきたいオプションパーツ

新車を購入する際に、オプションパーツが多く用意されていますよね!

 

必要なオプションパーツは、付けるべきですが、それほど必要ではないオプションパーツもその車を売却する際の査定に大きく影響するオプションパーツなどもあります。

 

オプションパーツの有無で査定価格が大きく変わることがあります。

 

 

まずは、最近に自動車に必要なオプションパーツと言えば安全装備、安全ブレーキやオートクルーズ(追尾)だと言えます。
特に安全ブレーキの装着車と未装着車とでは査定価格に大きな開きが出てきています。

 

次に、純正オプションパーツの中でも後から付けることが出来ないオプションでデザインの統一性の高いオプションパーツや他の機能と連弩しているオプションパーツは、査定の際に高評価につながります。
後付けが出来ないオプションパーツは必要であれば付けておけば後々の査定に影響することが多いと言えます。

 

また、オプションと言えばナビゲーション、ナビですね!

 

ナビは、メーカーオプションやディーラーオプションなど種類も多く、どのナビを選択するのかを悩みどころです。

 

純正でないナビという選択もありますが、査定の際には不利になると言えます。

 

ナビの選択は、ETCやドライブレコーダーなどと連動しているグレードやナビスペースにしっくり収まっていることも重要です。純正ナビならスペースにしっくり収まりますが、社外ナビの場合は、少し隙間が出来ることもあります。
ナビは純正ナビでグレードもそこその物が査定では有利になることが多いと言えます。

 

以前は、オプションの3種の神器と言えば、ナビ、サンルーフ、革シートでしたが、最近は、ナビは当たり前に付いているし、サンルーフもそれほど人気や需要がないですし、革シートもよっぽどの高級車でないとそこまで需要があるオプションではなくなっています。

 

それよりも安全装備やボディカラーのオプションなどの方が重要になっていいて、査定でも影響が高いと言えます。

 

安全装備も標準装備になりつつあることからこれからは、安全装備、安全ブレーキは当たり前に装備になりつつあります。

 

 

逆に、オプションパーツでも査定価格にあまりプラスにならないパーツは、予備のスタッドレスタイヤなどはあまり査定に影響されないと言えます。
消耗品、タイヤやバッテリーなどは、新品や高グレードの物を装着していても査定では評価されないことが多いと言えます。

 

 

オプションパーツも車種やモデルによって必要なオプションパーツや査定に有利になるオプションパーツなどもありますので一概には言えませんが、上記のオプションパーツは、ほとんどの車で評価されるパーツですので、新車を購入される方は、後々の査定も考えてオプションを選ぶようにすれば、オプション価格の金額と同等程度の査定価格のアップが見込めるかもしれません。

 

車査定の際のオプションパーツは、後付け出来ないオプションパーツの選択は慎重にする必要があります。サンルーフなどは絶対後付け出来ないので車種によっては査定価格への影響が大きくなることもあります。
シートも革シートと言わずともシートヒーターなどは地域によっては必要なオプションになることもあるのであれば査定価格への影響も期待できます。電動シートなどもそれにあたります。

 

自動車のオプションというのは、車種やモデル、グレードによっても違ってくるので、一概にこのオプションは必要でこのオプションは必要ないと言えるものはありません。

 

自動追尾などは、高速道路をほとんど乗ることにない人には必要がない装備ですが、車の売却の際には自動追尾があるのとないのとでは、査定価格も違ってくると言えます。

 

オプション選択は、自動車の購入の際には、難しい選択になることもありますが、必要か、必要でないかの他にも売却の際の査定への影響なども考量に入れれば、選択のしやすくなるかもしれません。

 

予算内で、出来るだけ良い選択をしてください。


車査定でプラス査定になりやすいオプション

自動車を新車で購入する際のオプションパーツは、たくさん用意されています。

 

オプションパーツは、自動車メーカーのオプションと自動車を販売しているディーラー独自のオプションなどもあります。

 

オプションパーツは、納車後でも取り付けることができるパーツから、後からでは取り付けできないパーツがあります。

 

また、この車種ならこのオプションパーツが付いていないと価値が下がるというのもあります。

 

オプションパーツの有無で、数年後の売却でプラスにもなれば、マイナスにもなることがあります。

 

特に後付できないオプションパーツの場合、査定価格が10万円以上違うことも少なくありません。

 

「このオプションパーツが付いているので高値で買取できます」

 

ということもよくあることです。

 

そこで、新車購入時のオプションパーツについて調べてました。

 

車種やモデルによって、プラス査定になオプションなども違いますが、ほとんどの車で有利になるオプションを書きました。

 

ボディカラー

ボディカラーは、車査定では重要な項目で、その車種の人気ボディカラーならプラス査定が見込めます。
ほとんどの車ではホワイト系、白、ブラック系、黒は定番で、マイナスの査定にはなりにくいと言えます。
ただし、車種によっては、ホワイトやブラックよりも人気のボディカラーなどもあります。
オプションで設定されている限定色や塗装費を上乗せしているボディカラーは、プラス査定になりやすいと言えます。
ホワイトもほとんどの車、車種で普通のボディカラーよりも高くなると言えます。
パールホワイトや何々ホワイトと呼ばれるプレムアムカラーです。
車種ごとに人気カラーもありますが、鉄板色はホワイトだと言えます。
ホワイト系は、マイナス査定にはほとんどならないカラーだと言えます。
まや、スバルならブルー、マツダならレッドなどメーカー色もあります。

 

ナビゲーション

ナビゲーションのない車は、最近はほとんどないと言えます。
ナビは、自動車の必須アイテムで、ナビの性能やグレードなどが問われると言えます。ナビの取り付けのない中古車は、中古車市場でもじゅようが少なくなるので査定価格、買取価格も不利になると言えます。
また、ナビも純正ナビと社外ナビ、純正ナビでもメーカーナビとディーラーナビなど取付先で違ってきます。
車の査定でナビが評価されやすいのは、メーカーナビ、ディーラーナビの純正ナビと呼ばれるナビで、上位グレードモデルです。
純正ナビでも下位グレードモデルなら社外ナビの方が評価が高くなるこちょもありますが、基本、純正ナビが査定では有利だと言えます。

 

ETCとドライブレコーダー

ナビ同様、車の必須アイテムになりつつあるETCとドライブレコーダーです。
ETCもドライブレコーダーも純正で取り付けされている方が、すっきり収まり、ナビなととの連動も出来るなどのメリットがある為、査定の際には評価が高くなると言えます。
ETC、ドライブレコーダーは後付けする方も多いと思いますが、すっきり納めたい方、数年後の査定を見越す場合は、純正で取り付けする方が売却の際には有利になりやすいと言えます。
tだ、ドライブレコーダーは、ディーラーオプションの商品よりも性能、価格的にも魅力があるのも事実です。
ドライブレコーダーは、社外品のほうが良い場合も多いことや後付でも問題ないパーツですので、性能面や用途などで決めればいいと思います。

 

サンルーフ

車種やモデルにもよりますが、サンルーフはプラス査定の定番オプションだと言われています。サンルーフのオプションが選べる車種も少なくなっていると言われますが、人気のミニバンやSUV車などではサンルーフのオプションは人気が高いと言えます。
サンフールのオプションは高額ですので新車購入時のオプションとして選びにくいと言えますが、サンルーフのオプションでお悩みなら査定の際に有利になるので選ぶという選択もいいと思います。
後付ができないオプションパーツで査定では有利になるオプションパーツの1つです。

 

アルミホイール

アルミホイールな純正で装着されているモデルが多くなっています。アルミホイールは、車の性能アップ、燃費向上にも役立つオプションですが、純正品よりも社外品のほうが、デザインの良い商品が多いので車好きの方は、純正品から社外品に交換される方が多いですね!
ただ、査定に出す際には、純正ホイールは、それなりに評価がありますが、社外ホイールは、下手をすればほとんど評価されないこともあります。
アルミホイールがオプションの車は、見た目も良くなり、走行性能も良くなることも多いので予算があれば選ばれても良いと思います。

 

※その他のオプション

車種やモデルごとにメーカーやディーラーからその車に便利なオプションが設定されたします。
特に、ここで重要になるのは、後付けが出来ないオプションは、プラス査定になりやすいと言えます。
オプションの種類によっては後から取り付けが可能なオプションもあれば、新車購入時にしか取り付けが出来ない設定のオプションもあります。
後付けが出来ないオプションの場合で、その車では必要なオプションやべbb里奈オプション、デザインが良くなるオプションなどはプラス査定になりやすいオプションと言えます。

自動車のオプションパーツの今後

自動車のオプションパーツは、新車購入時に悩みが尽きないですね!

 

欲しいオプションパーツを選んでいると予算を大幅に超えてしまします。

 

オプションパーツの中には、標準装備にほしいパーツも多くあります。

 

話は、少し脱線しますが、今では当たり前に付いているエアコン、クーラーは20年、30年前には、オプションパーツで今では考えられませんが、クーラーの無い車までもありました。

 

また、パワーステアリングもオプションの車種、モデルも多かったですね!

 

このように、以前はオプションパーツでも最近は装備されているパーツも多くなっています。

 

最近では、自動ブレーキ、衝突被害軽減ブレーキは、2021年11月には義務化が見えています。

 

オプションとして選ぶことがあった自動ブレーキも今後は、標準装備されることになります。

 

他にもオプションで選んでいるものの中には、普通に装備されるだろうと思われるパーツもあります。

 

ETCなどもそうですよね!

 

標準装備で良いのではないでしょうか?未だにオプションパーツというのはおかしなことだと思います。

 

また、今後は、自動運転なども進んできて、数年後、十数年後には、標準で装備されているかもしれません。

 

自動車運転になれば、ドライブレコーダーなども必要なくなると予想されます。

 

また、ガソリン車やディーゼル車も今後、販売も少なくなり販売もできなくなると言われています。

 

それに伴い、オプションパーツなども変わってくるでしょう!

 

自動車のオプションパーツは、新車購入時の楽しみでもありますが、購入価格を予定よりも大幅に上げる要素でもあります。

 

今、オプションパーツの商品も今後は、標準装備になるパーツも多くなるのではないでしょうか?

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加