中古車の査定価格で何?

愛車、中古車を売却する際の切っても切れないことが査定です。

 

査定なくして、中古車の売却は成立しないと言っても過言ではないですね!

 

査定、査定と言うけど、査定って何?

 

という疑問を持ちました。

 

そこで、中古車の査定について、いろいろ調べることにしました。

 

今まで、自動車業界に関わってきたので、査定のことは、理解しているつもりです。

 

「中古車査定とは」

 

と聞かれれば

 

その車の居間の価値、売却ができる価格と答えるでしょう!

 

正解でもあり、正解でhないような気がしてきたので調べてみました。

 

中古車の査定=今のその車の価値、確実に売ることができる価格

 

ですね!

 

それ以外にありますか?

 

この中古車査定は、日々変化していると言われています。

 

査定価格は、その車の今現在の価値で、その価値は、すぐに変わると言えます。

 

例えば、モデルチェンジの発表前と後では、大きく価値が変わることがあります。

 

また、同じ車種、グレード、年式でもボディカラー、程度、走行距離で査定価格は違ってきますね!

 

この年式のこの車、このグレードの査定は、幾らということは出ないですね!

 

査定価格と査定相場は、大きく違ってくることも多々あります。

 

そのために、現物、車を実際に査定員が見て、査定価格を決めるのが普通です。


中古車の査定価格の決まり方

中古車査定とは、何では、査定についての概要を書きました。

 

では、中古車査定価格が、決まるポイント、査定価格が出方は?

 

愛車を売却する際に、幾らくらいで売ることができるのか?

 

を調べる方法として査定がありますね!

 

この査定価格が決まる仕組みを少し書いてみたいと思います。

 

査定価格の決まり方は、

 

車の人気、中古車の需要が大きく関わると言えます。

 

もちろん、新車価格、オプションパーツなども査定価格に大きく関わります。

 

新車価格が500万円の中古車と100万円の中古車では、査定価格の基準が違います。

 

当たり前ですね!

 

もともとの車の価値が違いますからね!

 

ちょっと話が難しくなってきたので戻します。

 

中古車の査定価格の決まり方として

 

その車の人気、中古車としての需要

これが一番、査定価格に反映されることで、中古車でその車が幾らで販売されているか?幾らで売れるのか?です。
査定価格は、その車の中古車としての価値、需要だと言えます。
極端に言えば、中古車として需要がない車は、査定価格は0円になりえます。
中古車市場での需要があれば、査定価格にも反映されます。
査定相場は、中古車市場でのその車の価値だと言えます。

 

年式、走行距離

中古車の査定価格の概算で重要なのが、走行距離と年式です。
1年に1万キロが基準になります。
3年落ちの中古車なら3万キロです。
3万キロ以上ならマイナス、3万キロ以下ならプラス査定になると言われています。
中古車の年式は、5年落ち以降は、査定価格は大きく下落すると言えます。

 

新車価格とリセールバリュー

中古車査定でよく耳にするのが、リセールバリューです。新車価格から3年後、5年後の幾らで買取されるのかで、新車価格から買取価格で計算されます。
殆どの車が、3年後のリセールバリューは、50%〜70%前後です。
リースなどのリセールバリューと実際のリセールバリューでは、開きがあることもあります。
人気車種、人気ボディカラーなどでもリセールバリューが違ってくるのが現状です。
査定の際には、このリセールバリューも価格に反映されることが多いと言えます。

 

おおよその査定価格と実際の査定価格

よくネットだけで目にするおおよその査定価格や登録だけで査定価格の概算がわかるなどがあります。
あの査定価格は、その車の過去の査定価格の平均が出されることが多く、平均的な査定価格です。
ただ、殆どの場合、最初に提示された査定価格よりも実際に査定員が来てだす査定価格のほうが低くなることが多いと言われます。
よっぽど程度がよく走行距離が少ない場合以外は、査定価格は平均価格よりも上がりにくいと言えます。
中古車買取業者、中古車店な殆どの車の査定価格のデーターを持っています。
そこから年式、走行距離、ボディカラー、オプションパーツなどなどから査定価格を出していきます。

 

 

自動車、中古車の査定価格の決まり方は、複雑です。

 

査定に出した際の査定員のさじ加減の場合もあります。

 

中古車査定で査定員から見た査定項目

 

業者は、少しでも安く買いたいと思っています。

 

中古車の査定価格、買取価格は、新車価格とは違い、決まった金額はありません。

 

査定に出す車が、今現在、中古車市場でどれくらいで売れるのか?

 

売れやすい車なのか?

 

売れにくい車なのか?

 

などから査定価格は決まってくると言えます。

 

また、査定価格は、業者によっても違ってくるものです。

 

査定に出す車の探している業者や買取したい業者とその車の買取にそれほど積極的ではない業者では、査定価格に大きな開きが出ることも多いと言えます。

 

一概に、中古車の査定の決まり方と言っても、いろいろな要素があり、これだということはありません。

 

査定に出してみないとわからないのが現状で、査定に出す業者でも査定価格は違ってくるのです。

 


持ち込み査定と出張査定、どっちがいいの

愛車の売却で、査定に出す際に、ほとんどの方が、ディーラーや車買取店、中古車店に持ち込んで査定価格を出していただくと思います。

 

持ち込み査定ですね!

 

それに対して、最近多くなっているのが、ネットなどの車査定サイトで予約して、自宅や車の保管場所まで査定に来ていただく出張査定です。

 

持ち込み査定が、アウェーナノに対して、出張査定は、ホームという位置づけだと思います。

 

持ち込み査定と出張査定のどっちがいいの?

 

ということになりますが、当サイトでは、出張査定をおすすめしています。

 

出張査定の場合方が、査定価格が出やすいと思うからです。

 

なぜかというと、出張査定の場合、その車を買取希望の業者が来ることは1つで、しかもわざわざ、時間、お金をかけて、出張しているのだから、契約を成立させたいと思っています。

 

ですので、結構、納得ができる査定価格を提示してくれることが多いと言えます。

 

一方、持ち込みして業者で査定を取る場合、買取業者側からすれば、車を売りたいと思って行っていることから査定価格も最初は最低価格に近い価格を提示することが多くなります。

 

積極的な査定価格を最初から出してくれないことが多いので、そのまま売却した際に、損をすることも多々あると言えます。

 

車種やモデルにもよりますが、持ち込み査定で高値の査定を引き出すことは難しいと言われます。

 

出張査定は、査定業者も車の買取に積極的なので、高値の査定も引き出しやすいと言われます。

 

ただ、出張査定で注意していただきたいのが、無料出張査定なのかの確認です。

 

最近は、少なくなっていますが、以前は、出張査定に来ていただいて、契約が成立しない場合、出張費を請求されるというトラブルも有りました。

 

出張査定の場合、無料であることが第一条件だと言えます。

 

 

出張査定は、ホーム

 

持ち込み査定は、アウェー

 

です。

 

どちらがいいのかは、わかりますよね!

 

持ち込み査定、出張査定をもっと詳しく知りたい方は、こちらの中古車査定は出張査定、持ち込み査定のどっちがいいの?


正確な査定価格を自宅にいながらできる車査定サイト

おおよその査定価格でなく、本当に売れる価格、正確な査定価格を自宅にいながら知ることができるのが、ネットの車査定サイトを利用した出張査定です。

 

出張査定での注意点は、無料であることです。

 

無料の出張査定なら自宅まで査定に出向いてくれます。

 

特に大手の車買取チェーン店などなら全国ほとんどの地域で無料出張査定が可能です。

 

愛車の売却や今の買取価格、査定価格を正確に知りたいのなら、大手の車査定サイトがおすすめです。

 

特に安心してご利用いただくことが、一番ですので、当サイトでも評価が高い車査定サイトを下記に紹介させていただきます。

 

中古車査定価格の決まり方 まとめ

中古車の査定価格の決まり方は、1つや2つではなりません。複雑な要素が組み合わさって査定価格が出されると言えます。

 

中古車の査定価格は、その車の中古車販売価格(売れる価格)と過去の買取価格が基準になること、そのようなデータを大手の車買取チェーン店なら独自のデータを持っているk所とが殆どで、普通の中古車店などは、業界の中古車買取データを利用することが多いですね!

 

車種、グレード、ボディカラー、オプションパーツなどで、買取価格の基本データをもとに査定員が、プラス、マイナス査定をしていき、査定価格が出されると言えます。

 

ただ、中古車の査定というのは、業者にしてみれば、少しでも安く買取することが、査定員に求められることも多く、最初から高い査定価格を出すことは少ないと言われています。

 

特に持ち込み査定では、その車の査定相場よりも安い価格から提示してくることも多く、言われる価格で売却して後悔と言うこともよくあることです。

 

中古車の査定価格の決まり方は、複雑な上、業者によって査定価格も違います。

 

中古車の査定価格の決まり方を紹介しましたが、これが全てではありません。

 

年式の古い車や希少価値のある車などでは、また、査定価格の決まり方が違いますし、国産車、輸入車でも違ってくると言えます。

 

ただ、言えることは、中古車市場での販売価格が、査定価格を決める最も重要な要素だと言えます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加