ガソリン車が無くなる日

ガソリン車、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンの自動車の販売が、2030年から2040年を目処に、各国で販売中止を掲げています。

 

日本でも2050年までに国内の温暖化ガスを実質ゼロにすると表明していますね!

 

ガソリン車やディーゼル車は、今後、世界で販売が中止になることで自動車メーカーも開発のシフトを余儀なくすることになるでしょう!

 

各国で、排ガスの減少、省エネを掲げることで、自動車先進国の多くが、ガソリン、ディーゼルなどの燃料エンジンは、規制で無くなる日が車もしれません。

 

ただ、ガソリン車、ディーゼル車の新車の販売が中止になったとしても、今まで販売されたガソリン車、ディーゼル車が、乗れなくなるということはないと思います。

 

ある程度の猶予などが設けられると思われるので、2030年、2040年になるとガソリン車、ディーゼル車がすべて無くなると言うことはないでしょうね!


ガソリン車、ディーゼル車は今後、どうなるのか?

ガソリン車、ディーゼル車は、今後、肩身は狭くなると思われます。

 

排ガス規制の際のディーゼル車のように、日本国内では、都市部では車検を受けることができなくなることや自動車税率を大幅に上げるなどが予想されます。

 

また、初年度登録より10年以上経過したガソリン車、ディーゼル車の車検は受けることができないなどの処置で、少しづつ排除していくのではないでしょうか?

 

ただ、。日本では、まだ、ガソリン車の販売ができなくなる日や電気自動車に移行するのか、ハイブリッドカーに移行するのか、両方なのか?また、他のエンジン方式が対等するのかなどまだまだ、課題も多いですね!

 

世界が、電気自動車や次世代自動車へと移行していく中で、日本だけ後手を踏むことは避けたいというのが本音なのではないでしょうか?

電気自動車は環境に優しいのか?

仮に、世界の自動車、日本国内の自動車が、電気自動車に変わった場合、どうなるのでしょうか?

 

たしかに、電気自動車になれば、自動車からの排ガスは減少、ほとんど無くなるでしょう!

 

しかし、電気自動車になれば、その電気自動車を充電する必要があります。

 

考えてみてください。

 

今、走っている自動車が毎日、充電していることを・・・・

 

すごい電気量だと思いませんか?

 

電気、電力不足になる、もしくは、発電所の増設などが出てくると思います。

 

原子力発電や太陽光発電なら、CO2のは排出もほとんどありませんが、危険ですからね!


逆に火力発電なら排ガス、CO2の排出量を減らすという観点からは問題点も多いですね!

 

電気自動車は、排ガス、CO2を無くすことには貢献しますが、その電気自動車を充電するための電力をどのようにするかで、環境問題の解決にも大きく関わってくると言えます。

 

想像してください。

 

今走っている自動車がすべて電気自動車になり、各家庭や駐車場で充電することになった際の電力消費量は、今の電力量では無理ですよね!

 

電力確保のために、電力施設も必要になり、仮に原子力や太陽光以外の電力施設になれば、今よりもCO2の排出量になったり、光化学スモッグなども出てくるかもしれません。

 

また、電力の消費に伴い、電力料金の高騰で、自動車を持たない家庭にも大きな影響が出てくると予想されます。

 

環境に優しいと言われる電気自動車ですが、その前にそれだけの電力を環境に優しい方法で確保できるのかが問題だと言えます。


それでもガソリンやデーゼル車のような燃料の自動車は無くなる

環境に優しい観点から見てもガソリン車やディーゼル車の未来は暗いですね!

 

ガソリン車、ディーゼル車は、将来的には、販売できない様になると予想されます。

 

欧州やアメリカでガソリン車の販売を規制する動きがある以上、日本もそれに従い、同じような対応が求められるのは避けられまいですね!

 

今後の自動車は、環境に優しい事が前提ですので、電気自動車だけでなく、ハイブリッドカー、水素自動車などの選択やその他の燃料も出てくるかもしれません。

 

ただ、ガソリン車やディーゼル車の開発は、今後衰退しておくとともに、販売に自粛や規制がかかることは間違いありません。

 

近い将来、ガソリン車、ディーゼル車の新車販売がなくなり、存続しているガソリン車、ディーゼル車も税金や車検等で乗れなくなる日が来ると予想されます。

 

ただ、日本では2030年頃にガソリン車、ディーゼル車の新車販売が禁止されたとして、最終販売の車が10年経過する頃が、ガソリン車、ディーゼル車のターニングポイントになると思われます。

 

2040年、2050年頃には、ガソリン車、ディーゼル車が乗れなくなることもありえると言えます。

 

 

ガソリン車、ディーゼル車の変わる自動車としては、電気自動車が有力ですが、まだまだ、課題も多く、それに変わる燃料、駆動方式の車、自動車の開発があるかもしれません。

 

自動車業界は、自動運転に燃料、CO2の削減など課題が多く、今後どちらにシフトしていくかも自動車メーカーの命運に左右すると思います。

世界のガソリン車、ディーゼル車の販売と規制

日本は、ガソリン車、ディーゼル車の新車販売の禁止時期などは明確にはしていませんが、2030年以降になると思われます。

 

では、世界のガソリン車、ディーゼル車の新車販売禁止時期を見てみましょう!

 

国名 販売禁止時期 ガソリン、ディーゼル
コスタリカ 2021年 販売禁止
ノルウェー 2025年 販売禁止
イスラエル 2025年 販売禁止
ドイツ 2030年 販売禁止
イギリス 2030年 販売禁止
スウェーデン 2030年 販売禁止
アイルランド 2030年 販売禁止
アイスランド 2030年 販売禁止
スロベニア 2030年 販売禁止
ノルウェー 2030年 販売禁止
カナダ 2035年 販売禁止
アメリカ 2035年 販売禁止
フランス 2040年 販売禁止
スペイン 2040年 販売禁止
中国 2040年 販売禁止

 

※日本では、2030年後半と言われています。公式の発表はまだ、ありません。

  このエントリーをはてなブックマークに追加