アイドリングストップの機能

アイドリングストップは、車が停止している状態に無駄にエンジンがかかっている状態の際にエンジンを停止することですね!

 

例えば、信号待ちやガレージや一定の場所に停車している際にエンジンをかけ続けることで燃料の消費、排ガスの排出を軽減することが目的です。

 

そのアイドリングを自動で停止するシステムがアイドリングストップ機能です。ある程度車が動かないと完治した際に、自動でエンジンが停止して、ブレーキを踏んでいる間は、エンジンが停止しています。

 

次に出発する際にブレーキから足を外した際に自動でエンジンを始動して発車出来る機能ですね!

 

燃費の向上や排ガスの軽減にはアイドリングストップは効果抜群です。

 

特に排ガス規制など、排気ガス排出の観点からアイドリングストップは、今では当たり前で、アイドリングストップの機能が装着されていない車はほとんどありません。


アイドリングストップのメリット

アイドリングストップのメリットと言えば、排ガスの軽減と燃費の向上ですね!

 

どちらも自動車社会の課題でもある問題ですので、アイドリングストップ機構が登場して瞬く間に装着する車が増え、今では新車購入できる車のほとんどがアイドリングストップ機構を装備していると言っても過言ではないですね!

 

アイドリングストップのメリットは、先ほども書きましたが、排気ガスの排出量の軽減と燃費の向上です。

 

例えば、信号待ちでのアイドリングストップだけでも信号の多い地域や信号の間隔が長い地域では燃費に差が出てきます。

 

それを自動で、エンジンのON、OFFをしてくれる機能であるアイドリングストップは、手間いらずで普通に運転するだけで得られるメリットです。

 

アイドリングストップ機構がめだメジャーではなくほとんど装着されていない時代からアイドリングストップをされている方や私も何十年も前に九州に良好に言った際に、バスがアイドリングストップをしていたことを覚えています。

 

昔は環境問題よりも燃費向上でのアイドリングストップが主流でしたが、最近は、燃費も排ガスもどちらも経験できるなどメリットも大きいと言えます。

 

アイドリングストップのメリットまとめ

エンジンをこまめに停止することによる燃費の向上
環境問題に配慮した排ガスの軽減
自動でエンジンのON、OFFを行ってくれるので手間はほとんどない

アイドリングストップのデメリット

アイドリングストップには、良いことばかりでデメリットなどないのではと思われる方も多いのではないでしょうか?

 

普通に運転して勝手にエンジンの始動や停止をして燃費はもちろん、排ガスの軽減まで出来るのですからね!

 

でも、アイドリングストップの車に乗って信号の多い地域を走る方には、こんなことを思われる方も多いのではないかと思います。

 

まず、信号に止まるたびにエンジンが止まり、すぐに信号が変わってエンジンがかかり、また信号で・・・・・

 

と言うのがうっとおしい、いちいちエンジンが停止するのはエアコンなどを掛けている際に温度が下がりにくいのではと思われる方も多いのではないでしょうか?

 

また、車のバッテリーの負担で大きいのはエンジンの始動とエアコンですね!

 

頻繁にエンジンを始動、停止を繰り返す、アイドリングストップは、バッテリー負担が大きく、バッテリーの寿命が短くなるともいわれます。

 

アイドリングストップでバッテリーの寿命が短くなるのならバッテリーの交換費用が普通よりも高くなりますね!

 

また、アイドリングストップ機構の装着している車は、同じ排気量の車同士ならバッテリー容量が大きくなるのが普通です。

 

バッテリーの負担が大きいためにバッテリーの容量が大きくなっています。

 

結果、バッテリーの価格も高くなります。

 

アイドリングストップ機構がある車のアイドリングストップ機構がない車では、バッテリーの容量は違います。

 

バッテリーの容量が大きくなれば、価格も高くなるのが普通です。

 

アイドリングストップがもたらす、燃費での燃料費用軽減よりも高価なバッテリー交換費が上回ることは予想できます。

 

バッテリー交換のスパンが短くなるうえに、バッテリーの交換費用の高くなるため、少しくらい燃費が良くなってもトータル的には損をするjこともあります。

 

これは、アイドリングストップのデメリットでもあります。

 

また、エンジンと言うのは車に限らず、エンジンの始動や停止を繰り返すことでエンジンの寿命も短くなると言えます。

 

アイドリングストップは、エンジンにもあまり良くないと言えるので、長く車を乗りたい方には、エンジンへの負担も気になるところです。

 

特に都市部にお住まいの方は、信号で止まる機会も多く、エンジンのON、OFFを繰り返す数も多くなり、エンジンの故障や寿命にも繋がるかもしれません。

 

これもアイドリングストップのあまり話題にならないデメリットだと言えます。

 

アイドリングストアップによるデメリットまとめ

アイドリングストのよるエンジンのON、OFFはエンジンノアその他のパーツにも負担が大きい
エンジンの始動時のバッテリーの負担も大きく、バッテリーの寿命が短くなる(バッテリー容量も大きい)
信号に止まるたびにエンジンが停止るのは結構ストレスに感じることもある
アイドリングストップで得られた燃費での燃料費よりもバッテリー交換費用が上回ることも

アイドリングストップのOFFは可能なのか

アイドリングストップ機構の付いた自動車のほとんどが、アイドリングストップを解除することが出来るようになっています。

 

アイドリングストップOFFボタンを押せば、アイドリングストップの解除が可能です。

 

ボタンのON、OFFでアイドリングストップを行うか、行わないかを設定できます。

 

ただ、アイドリングストップの解除ボタンは、エンジンを停止するたびに解除される車種が多く、毎回、エンジンの始動時にボタンを解除する必要があります。

 

結構、邪魔くさく感じることもあります。

 

この毎回、ボタンを押すという作業をしなくて良くなる社外パーツなども販売されているので、アイドリングストップがあまり必要ではないという方には、エンジンの始動時は、アイドリングストップ機構がOFFの状態で始まる装置を付ければ、アイドリングストップを選択したい際に、ボタンを押してONにすれば、アイドリングストップを始めることが出来ます。

 

アイドリングストップ機構の装着車は、ほとんどの自動車でアイドリングストップのON、OFFのボタンが装着されているので簡単にON、OFFを選択することは可能です。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

雪国の駐車、都会人が陥りやすい失敗
雪国、雪の日の車の駐車で都会人が知らない常識と雪の日にこれだけは知っておきたい駐車方法と対策
バッテリーの寿命は?アイドリングストップでバッテリが危ない
バッテリーの寿命は何年?バッテリーの寿命とアイドリングストップでバッテリーの寿命が短くなる?最近の自動車のバッテリー事情を調べました。
エアコンは冬も使う方が良い|曇り予防の他にも理由あり
自動車のエアコンは夏場しか使用しない、エアコンは冬場に入れることがない方は注意、曇り予防だけではない冬場のエアコン活用
ワンパーゴムの交換と長持ちさせるコツ!
ワイパーゴムの交換方法とワイパーゴムを長持ちさせる方法を紹介、ワイパーゴムのふき取りが悪くなると危険です。
車検を安くするための豆知識
車検を少しでも安くするために知っておきたい車検に必要な費用と節約できる費用を書きました。これだけで車検を安くできる。
自動車のエンジンオイルの交換時期
自動車、車のエンジンオイルの交換時期やオイル交換を怠ればどうなるのか?そもそもエンジンオイルの役割は何?などいまさら聞けないエンジンオイルの全てを解説しました。
ハイブリッドカーVS電気自動車 どっちが覇権を取る
ハイブリッドカー、電気自動車と環境にやさしいエンジンの進化、覇権争いは激化してきました。それぞれの良い面や悪い面、これからどちらの自動車が覇権を取るのかも注目されています。エンジンウォーズを独自の切り口で書いてみました。
リコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカー
リコールは自動車メーカーとしては当たり前に出ますよね!ただリコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカの傾向を独自目線で解説しました。
高速道路の右車線を走り続けると違反になるの?
高速道路は、2車線、3車線、多いところでは4車線有ることもあります。一番右の車線は、追い越し車線と呼べれ追い越し専用車線です。追い越し車線を走り続けると違反になるというのは本当なのか?
代車を借りるときの注意点、事故や破損のトラブル
車を修理に出す際や車検の際に代車を借りることがありますよね!代車を借りた際の注意点や事故や破損させた際の責任と修理代
運転免許証の自主返納 これでわかる必要書類と手続き
高齢者の運転免許証の返納で役立つ情報、自主返納を拒む方への納得させるコツや必要書類、手続方法などを書きました。
車のパンク パンクしたときに対処法
車を運転していれば1度くらいはパンクをする事があると思います。車のパンクの対処法や最近お車のパンクの処置などを紹介
ドライビングポジション、運転席、ハンドルの正しい調整
ドライビングポジション、運転席の前後幅、ハンドルの位置の正しい調整方法やポジションを紹介
ルーフキャリアの洗車機、燃費、車検
車のルーフキャリアは、いろいろな用途や荷物を運ぶことが出来るツールです。ただ、ルーフキャリアの取り付けで失われるものもあります。ルーフキャリアのメリット、デメリットを検証してみた