値落ちしない軽自動車とは

値落ちしない軽自動車の定義として、将来的に高値で買取してもらえる車、中古車として人気があり、高値で販売しても売れる軽自動車です。

 

軽自動車を購入して最初の車検の3年後、2回目の車検の5年後、それ以降でも買取可能な軽自動車だと言えます。

 

俗にいう、リセールバリュー、残価率が高い車です。

 

例えば、普通車ならオフロードカー系のランドクルーザーやSUV車で人気の車種、年式が古くても比較的値段が付くハイエースなどの貨物車などが挙げられます。

 

プリウスなどのハイブリッドカーは年式が浅ければ、高値が出やすいですが、年式とともに値崩れが起こりやすい車種だとも言えます。

 

また、3年後では高値が付く車、車種でもそれ以降は値崩れが予想される車もありますね!

 

いろいろな要素を総合して軽自動車として将来高く売れやすく、損をしにくい車種を当サイト独自で調べました。

 

軽自動車のリセールバリューランキングなどとは多少異なることもありますが、あくまでも値落ちしない軽自動車としての車種を掲載しました。

 

当サイトの値落ちしない軽自動車とは、3年後はもちろん、それ以上の年式でも比較的値段が付きやすい車種を選びました。


値落ちしない軽自動車を選べば何が得なのか?

値落ちしない軽自動車を選ぶことでどのような得があるのでしょうか?

 

当たり前ですが、同じ価格で買った軽自動車でも5年乗って買い替える際に、50万円で売れると30万円で売れるのでは多くな違いが出てきますよね!

 

もちろん、程度や走行距離などでも違ってくると言えますが、同等の軽自動車でも選ぶ車種によって将来、得することもあれば損に思えることもあります。

 

そうです、値落ちしない軽自動車を選べば、将来の売却の際に買取価格が高くなりやすいので、新車価格や購入価格がそれほど変わらないなら値落ちしない軽自動車の車種を選ぶ方が良いですよね!

 

軽自動車の新車価格も年々高くなる傾向にあり、軽自動車を新車購入する際には、総額200万円を超える車種、モデルも多くなっています。

 

新車価格が高くなったということは、将来の売却の際に価格も高くなっていると言えます。

 

ですので、人気車種とあまり人気のない車種とでは、数年後の買取価格が20万円、30万円になることも考えられます。

 

人気のあまりにない軽自動車の場合、値引き率が高いこともありますが、将来の買取価格の差額を考えた場合、損になることもあります。

 

また、最近は、値引きには消極的なディーラー、メーカーも多いので新車の購入価格で20万円以上の差が出ることもほとんどなくなってきているので、

 

軽自動車の購入は、値落ちしない車種の中から自分の好きな軽自動車を選ぶことをおすすめしています。


値落ちしない軽自動車 ランキング

値落ちしない軽自動車のランキングを当サイト独自で制作しました。

 

軽自動車のリセールバリューランキングとは少し異なります。

 

3年、5年後の買取価格、残価率はもちろん、それ以上でも勝ちが残る車種を優先的に上位にしました。

 

軽自動車の購入に役立てばうれしく思います。

 

 

  車種 メーカーサイト
ジムニー スズキ
S660 ホンダ
ハスラー スズキ
コペン ダイハツ
タフト ダイハツ
6位 NBOX ホンダ
7位 タント ダイハツ
8位 アトレーワゴン ダイハツ
9位 スペーシア スズキ
10位 ウェイク ダイハツ
  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

軽自動車が高く売れる理由!
軽自動車は中古車として高く売れると言われます。軽自動車を売るときに有利な訳と買取価格が高い理由を調べてみました、軽自動車売却前に知っておきたい高く売るれる本当の理由
軽自動車の自動車税、重量税などの諸経費
軽自動車の自動車税、重量税や諸経費を調べました。軽自動車は初年度登録から13年で増税があります。
軽自動車のリセールバリューと下取りランキング
軽自動車の車種別のリセールバリューと下取りランキングを調べました。3年、5年後でも買取価格が高い軽自動車の車種は?