売れない軽自動車の中古車としての過走行車

軽自動車は、中古車市場でも人気でリセールバリューが高いと言われます。

 

3年程度の乗って売却してもそこそこの価格で買取してもらえる事が多いのが軽自動車の魅力の1つでもあります。

 

逆に言えば、軽自動車を中古車で購入する方が多いとも言えます。

 

中古車でも人気の軽自動車は、売却の際の査定価格も期待できますよね!

 

しかし、高く売れる軽自動車、中古車で人気の軽自動車でも査定価格、買取価格が振るわないこともあります。

 

ズバリ、過走行車です。

 

過走行車の軽自動車は、差査定価格が付きにくいと言われます。

 

では、軽自動車の過走行とはどれくらいを言うのでしょうか?


軽自動車の過走行車とは

軽自動車は、特に走行距離に敏感です、中古車市場では・・・

 

軽自動車は、普通車よりも中古車での走行距離にシビア面があります。

 

排気量が小さい分、エンジンへの負担が多くなることはもちろん、過走行車でも需要がある海外への輸出も軽自動車は人気がないと言えます。

 

また、普通車なら年間1万キロの走行が基本ですが、軽自動車は、年間1万キロの走行では、多いと言えます。

 

新車購入から3年後で走行距離が3万キロ以上の場合、マイナス査定になりやすくなります。

 

軽自動車の過走行車とは、搭載の調べでは、年間1万キロ以上走行している中古車、また年式に問わず8万キロ以上走行している軽自動車は過走行車だと言えます。

過走行の軽自動車の査定価格

過走行の軽自動車の査定、買取価格はどれくらい下がるのか?

 

同じ年式、同じ車種で走行距離の違いでの査定価格を調べてみました。

 

3年落ちの軽自動車の査定

車種 走行距離 3万キロ未満 走行距離 5万キロ以上
N BOXカスタム 135万円 107万円
スペーシア 98万円 76万円
タント カスタム 118万円 99万円
ハスラー 128万円 108万円

 

軽自動車の中でも人気車種を調べてみました。

 

3年落ちくらいでは、走行距離1万キロ増で、約10万円程度のマイナス査定が予想されます。

 

3年で走行距離が5万キロを超えてくると需要が少なくなることから査定価格も大幅に下がることもあります。

 

また、売却先、査定先でも大きく異なるので、参考までにしてください。

10万キロ以上走行の軽自動車の査定の現実

軽自動車の過走行車、特に10万キロ以上そう恋している場合、年式に関係なく査定価格、買取価格は思わしくないのが現状です。

 

中古車市場では、軽自動車に限らず、10万キロというのは、走行距離の節目になっています。

 

中古車の店頭に並べても10万キロ以上の過走行車は売れにくいと言えます。

 

ですので、ディーラーでも中古車店でも車買取店でも10万キロ以上走行した軽自動車の査定では、安値しか提示してくれないことがほとんどです。

 

年式が5年落ち未満なら10万キロ以上でも査定価格が多少は付きますが、それ以上の年式の軽自動車の中古車の場合、1万円〜5万円前後の査定になることがほとんどです。

 

過走行車、10万キロの以上の走行した軽自動車の査定の現実は厳しいと言えます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

軽自動車が高く売れる理由!
軽自動車は中古車として高く売れると言われます。軽自動車を売るときに有利な訳と買取価格が高い理由を調べてみました、軽自動車売却前に知っておきたい高く売るれる本当の理由
軽自動車の自動車税、重量税などの諸経費
軽自動車の自動車税、重量税や諸経費を調べました。軽自動車は初年度登録から13年で増税があります。
軽自動車のリセールバリューと下取りランキング
軽自動車の車種別のリセールバリューと下取りランキングを調べました。3年、5年後でも買取価格が高い軽自動車の車種は?
値落ちしない軽自動車で損をしない車種選び
軽自動車は、残価率が高い車種が多く、値落ちしない車、軽自動車は多いと言えます。値落ちしない軽自動車の中でも特に将来高く売れる車種をランキングしました。