バッテリー上がりの対処法、押しがけ出来る車と出来ない車

バッテリー上がりの対処法、押しがけ出来る車と出来ない車

車のバッテリー上がりの対処法に「押しがけ」というのを聞いたことありませんか?押しがけが出来る車と出来ない車と押しがけの方法を解説

バッテリー上がりの対処方法

車のバッテリー上がりは、予期せぬときにやってきます。

 

バッテリーの性能の向上や最近の自動車は、ヘッドライトの消し忘れでのバッテリー上がりなどは殆どなくなりましたが、バッテリーの寿命などで急にバッテリーが上がることもあります。

 

そのような車のバッテリー上がりの際の緊急の対処法などを紹介していきたいと思います。

 

車のバッテリー上がりは、夏場のエアコンと冬場の低気温などで起こりやすくなります。

 

もし、バッテリーが上がったときの対処法としては、携帯用のバッテリーを繋ぐ方法、車同士のバッテリーを繋いで電気を供給して頂く方法とMT車(マニュアル車)なら押しがけという方法もあります。

 

車同士のバッテリーを繋ぐ場合は、バッテリーを繋ぐケーブルが必要です。

 

また、ケーブルでのバッテリーを繋ぐ方法は、ある程度の知識がない方には危険もあります。繋ぎ方を間違えるとショートします。またトラックなどは24Vの車もあります。(普通車は12Vが基本です)

 

次に、車用の携帯用バッテリーなども最近は販売されています。もしもの際には、エンジンを始動が可能です。

 

自動車同士のバッテリーをケーブルで繋ぐ方法や、携帯用バッテリーで繋ぐ方法は、ケーブルや携帯用バッテリー、ジャンプスターターが用意出来れば比較的簡単に対処できます。

ポータブル電源などでもバッテリー上がりの自動車を始動できます。

 

バッテリー上がりの対処法の主流は、ジャンプスターターなどの専門的なバッテリーやポータブル電源などになっています。

 

バッテリー上がりの対処法で、押しがけという方法もあります。

 

この押しがけは最近の車、AT車では出来ません。MT車でしか出来ない方法ですが、MT車ならケーブルも携帯用のバッテリーがなくても出来るエンジンの始動方法です。

車の押しがけ方法と出来る車、出来ない車

車のバッテリー上がりの際に、昔は良く「押しがけしよう!」という言葉を聞きましたね!

 

ただ、最近は、「押しがけ」というキーワードは死語になっていますよね!

 

バッテリー上がりの対処法の代名詞だった押しがけは、なぜなくなったのか?

 

今でもバッテリー上がりには、押しがけは有効なのか?

 

という疑問があると思います。

 

ここでは、車の押しがけについていろいろ書いていきたいとも居ます。

 

まずは、押しがけが出来る車と出来ない車は、当たり前ですが、MT車(ミッション車)は、押しがけが可能で、AT車(オートマチック車)は押しがけが不可能です。

 

押しがけの仕組みを知れば、AT車はできないことは理解できますが、ここでは、押しがけは、MT車でしか出来ないということをわかっていただければいいと思います。

 

押しがけの仕組みは、後々紹介したいと思います。

 

押しがけは、MT車しか出来ないことが、最近の車は、押しがけが出来ない理由です。

 

最近発売の車は、ほとんどがAT車でAT車の設定しかない車も多くなっています。

 

MT車が選べる車種が少なくなっていることが押しがけというキーワードを聞かなった理由ですね!

 

では、MT車の押しがけは、どうするの?

 

まずは、押しがけは、一人では出来ません。

 

押しがけは、車を押してエンジンを始動する方法で、ある程度車を押す必要があるので、最低でも二人以上必要です。

 

押しがけをする際は、運転手が、エンジンキーをONにし、クラッチを踏みながら2速にギアを入れます。

 

クラッチ踏んだ状態で2速に入れて、車の後ろから車を押します。ある程度速度が出たところで、クラッチを繋ぎます。この際、いつものようにクラッチをゆっくり繋ぐのではなく、勢いよく、足を外して、クラッチを繋ぐことで、クラッチが繋がる力を利用してエンジンを回し、始動のが押しがけの原理です。

 

なぜ。1速ではなく2速で押しがけをするのかというと、1足では、ギア比の問題で、人力で押す力では、力負けして、クラッチを離した際に、車が止まってしまうからです。

 

2足ならそこまでギア比がキツくなく、人力で押せる速度でもエンジンを始動しやすいということで、押しがけは、基本、2速で行います。

 

慣れた方なら、押しがけで1発でエンジンの始動が可能です。

 

押しがけは、適切な速度で躊躇なくクラッチを繋ぐことが出来れば、難しいバッテリー上がりの対処法ではありませんが、最近の車は、AT車が主流でしかもMT車もエンジンキーがなくなっていて、出来ないというのが現状です。

 

そうです、最近のMT車でもイグニッションスイッチがボタン式になっている車では、MT車でも押しがけができなくなっています。

 

エンジンキー式のMT車に乗っているなら押しがけを覚えても損はないと思いますが、ほとんど役に立たないバッテリー上がりに対処法になっていると言えます。


  このエントリーをはてなブックマークに追加