バッテリー上がりの対処方法

車のバッテリー上がりは、予期せぬときにやってきます。

 

バッテリーの性能の向上や最近の自動車は、ヘッドライトの消し忘れでのバッテリー上がりなどは殆どなくなりましたが、バッテリーの寿命などで急にバッテリーが上がることもあります。

 

そのような車のバッテリー上がりの際の緊急の対処法などを紹介していきたいと思います。

 

車のバッテリー上がりは、夏場のエアコンと冬場の低気温などで起こりやすくなります。

 

もし、バッテリーが上がったときの対処法としては、携帯用のバッテリーを繋ぐ方法、車同士のバッテリーを繋いで電気を供給して頂く方法とMT車(マニュアル車)なら押しがけという方法もあります。

 

車同士のバッテリーを繋ぐ場合は、バッテリーを繋ぐケーブルが必要です。

 

また、ケーブルでのバッテリーを繋ぐ方法は、ある程度の知識がない方には危険もあります。繋ぎ方を間違えるとショートします。またトラックなどは24Vの車もあります。(普通車は12Vが基本です)

 

次に、車用の携帯用バッテリーなども最近は販売されています。もしもの際には、エンジンを始動が可能です。

 

自動車同士のバッテリーをケーブルで繋ぐ方法や、携帯用バッテリーで繋ぐ方法は、ケーブルや携帯用バッテリー、ジャンプスターターが用意出来れば比較的簡単に対処できます。

ポータブル電源などでもバッテリー上がりの自動車を始動できます。

 

バッテリー上がりの対処法の主流は、ジャンプスターターなどの専門的なバッテリーやポータブル電源などになっています。

 

バッテリー上がりの対処法で、押しがけという方法もあります。

 

この押しがけは最近の車、AT車では出来ません。MT車でしか出来ない方法ですが、MT車ならケーブルも携帯用のバッテリーがなくても出来るエンジンの始動方法です。

車の押しがけ方法と出来る車、出来ない車

車のバッテリー上がりの際に、昔は良く「押しがけしよう!」という言葉を聞きましたね!

 

ただ、最近は、「押しがけ」というキーワードは死語になっていますよね!

 

バッテリー上がりの対処法の代名詞だった押しがけは、なぜなくなったのか?

 

今でもバッテリー上がりには、押しがけは有効なのか?

 

という疑問があると思います。

 

ここでは、車の押しがけについていろいろ書いていきたいとも居ます。

 

まずは、押しがけが出来る車と出来ない車は、当たり前ですが、MT車(ミッション車)は、押しがけが可能で、AT車(オートマチック車)は押しがけが不可能です。

 

押しがけの仕組みを知れば、AT車はできないことは理解できますが、ここでは、押しがけは、MT車でしか出来ないということをわかっていただければいいと思います。

 

押しがけの仕組みは、後々紹介したいと思います。

 

押しがけは、MT車しか出来ないことが、最近の車は、押しがけが出来ない理由です。

 

最近発売の車は、ほとんどがAT車でAT車の設定しかない車も多くなっています。

 

MT車が選べる車種が少なくなっていることが押しがけというキーワードを聞かなった理由ですね!

 

では、MT車の押しがけは、どうするの?

 

まずは、押しがけは、一人では出来ません。

 

押しがけは、車を押してエンジンを始動する方法で、ある程度車を押す必要があるので、最低でも二人以上必要です。

 

押しがけをする際は、運転手が、エンジンキーをONにし、クラッチを踏みながら2速にギアを入れます。

 

クラッチ踏んだ状態で2速に入れて、車の後ろから車を押します。ある程度速度が出たところで、クラッチを繋ぎます。この際、いつものようにクラッチをゆっくり繋ぐのではなく、勢いよく、足を外して、クラッチを繋ぐことで、クラッチが繋がる力を利用してエンジンを回し、始動のが押しがけの原理です。

 

なぜ。1速ではなく2速で押しがけをするのかというと、1足では、ギア比の問題で、人力で押す力では、力負けして、クラッチを離した際に、車が止まってしまうからです。

 

2足ならそこまでギア比がキツくなく、人力で押せる速度でもエンジンを始動しやすいということで、押しがけは、基本、2速で行います。

 

慣れた方なら、押しがけで1発でエンジンの始動が可能です。

 

押しがけは、適切な速度で躊躇なくクラッチを繋ぐことが出来れば、難しいバッテリー上がりの対処法ではありませんが、最近の車は、AT車が主流でしかもMT車もエンジンキーがなくなっていて、出来ないというのが現状です。

 

そうです、最近のMT車でもイグニッションスイッチがボタン式になっている車では、MT車でも押しがけができなくなっています。

 

エンジンキー式のMT車に乗っているなら押しがけを覚えても損はないと思いますが、ほとんど役に立たないバッテリー上がりに対処法になっていると言えます。


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

雪国の駐車、都会人が陥りやすい失敗
雪国、雪の日の車の駐車で都会人が知らない常識と雪の日にこれだけは知っておきたい駐車方法と対策
バッテリーの寿命は?アイドリングストップでバッテリが危ない
バッテリーの寿命は何年?バッテリーの寿命とアイドリングストップでバッテリーの寿命が短くなる?最近の自動車のバッテリー事情を調べました。
エアコンは冬も使う方が良い|曇り予防の他にも理由あり
自動車のエアコンは夏場しか使用しない、エアコンは冬場に入れることがない方は注意、曇り予防だけではない冬場のエアコン活用
アイドリングストップのうそ本当、メリットとデメリット
アイドリングストックのメリットとデメリットを調べました。最近の車にはアイドリングストップは当たり前ですが、燃費や環境への配慮で良いことしか聞きませんが、デメリットもありますよね!主に悪いことを調べました。
ワンパーゴムの交換と長持ちさせるコツ!
ワイパーゴムの交換方法とワイパーゴムを長持ちさせる方法を紹介、ワイパーゴムのふき取りが悪くなると危険です。
車検を安くするための豆知識
車検を少しでも安くするために知っておきたい車検に必要な費用と節約できる費用を書きました。これだけで車検を安くできる。
自動車のエンジンオイルの交換時期
自動車、車のエンジンオイルの交換時期やオイル交換を怠ればどうなるのか?そもそもエンジンオイルの役割は何?などいまさら聞けないエンジンオイルの全てを解説しました。
ハイブリッドカーVS電気自動車 どっちが覇権を取る
ハイブリッドカー、電気自動車と環境にやさしいエンジンの進化、覇権争いは激化してきました。それぞれの良い面や悪い面、これからどちらの自動車が覇権を取るのかも注目されています。エンジンウォーズを独自の切り口で書いてみました。
リコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカー
リコールは自動車メーカーとしては当たり前に出ますよね!ただリコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカの傾向を独自目線で解説しました。
高速道路の右車線を走り続けると違反になるの?
高速道路は、2車線、3車線、多いところでは4車線有ることもあります。一番右の車線は、追い越し車線と呼べれ追い越し専用車線です。追い越し車線を走り続けると違反になるというのは本当なのか?
代車を借りるときの注意点、事故や破損のトラブル
車を修理に出す際や車検の際に代車を借りることがありますよね!代車を借りた際の注意点や事故や破損させた際の責任と修理代
運転免許証の自主返納 これでわかる必要書類と手続き
高齢者の運転免許証の返納で役立つ情報、自主返納を拒む方への納得させるコツや必要書類、手続方法などを書きました。
車のパンク パンクしたときに対処法
車を運転していれば1度くらいはパンクをする事があると思います。車のパンクの対処法や最近お車のパンクの処置などを紹介
ドライビングポジション、運転席、ハンドルの正しい調整
ドライビングポジション、運転席の前後幅、ハンドルの位置の正しい調整方法やポジションを紹介
ルーフキャリアの洗車機、燃費、車検
車のルーフキャリアは、いろいろな用途や荷物を運ぶことが出来るツールです。ただ、ルーフキャリアの取り付けで失われるものもあります。ルーフキャリアのメリット、デメリットを検証してみた
自動車の洗車、ワックス掛けは必要?
自動車の洗車、ワックス掛けは必要なのか?ワックスの役割と種類、なぜ、ワックス掛けをするのかなど車の洗車の豆知識
車の静電気 原因と対策 嫌なバチッとを無くそう
冬の車の静電気、バチッとくる原因と対策!嫌な静電気の解消、除去方法と便利グッズ、静電気対策はこれでOK!
自動車関連の都市伝説
自動車の関する都市伝説、昔は当たり前(常識)だったことが今では当たり前でないこと(非常識)や車の運転のあんな事こんなことを書いてみました。
自動車運転の優先順序、事故、違反のリスク
自動車の運転では優先順序があります。意外に知られていないことからあなり前の優先順序まで書きました。事故や交通違反のリスクの軽減にお役立てください。
フロントガラスのギラギラ、油膜の原因と予防
雨の日の車の運転でのフロントガラスのギラギラ、油膜は事故の原因にもなります。フロントガラスのギラギラの原因と解消方法、予防を紹介しました。
フロントガラスの曇りを取る方法
フロントガラスの曇りは視界が悪くなり、自動車の運転の妨げになるだけでなく、事故にも繋がります。即効性のあるフロントガラスの曇りを取る方法と予防方法です。
自動車の風切り音、走行音の原因と対策
自動車の走行中の不快な音、風切り音、走行音の原因と対策を書きました。最近、車内での音楽や会話が聞き取りにくいと感じたらこれを疑おう!
自動車を長持ちさせる日頃のメンテンス
自動車を長持ちさせる日頃のメンテンス、故障、不具合を軽減するためのチェックとメンテナンスを紹介
希望ナンバーとご当地ナンバーの豆知識
自動車を購入する際にナンバープレートの数字が選べる希望ナンバーとその地域だけのご当地ナンバーの豆知識
これ、交通違反なの?納得出来ない交通違反
自動車、オートバイを雲梯していると交通違反で捕まることがあります。この違反の中には、納得できない、腑に落ちない、なんでこれで交通違反なのというものがあります。そのような違反を集めてみました。
法定速度と制限速度(指定速度)の違い
自動車の運転では、速度制限があります。速度制限にも法定速度と制限速度(指定速度)があるのを知っていますか?違いを解説しました。
車間距離を知れば煽り運転の本当の意味が理解できる
車間距離を知ろう!車検距離と煽り運転の関係と対処法、煽り運転は、適正な車検距離を守らないことで起こる
車のオーバーヒート 原因と対策
車のオーバーヒートはなぜ起こる、突然のエンジンがオーバーヒートする原因と対策
ヒッチメンバーのキャリアの取り付け、車検、違反はどうなの
ヒッチメンバーのキャリアの取り付け、全長の延長、強度、車検や違反などを紹介!便利なヒッチキャリアの疑問を解消できます。
軽自動車の白ナンバー、費用といつまで所得可能
軽自動車も白ナンバーが所得できることをご存知ですか?黄色ナンバーだけでない軽自動車の白ナンバーの取り方と費用、メリット、デメリットを書きました。
交通安全運週刊は違反に気をつけろ!
交通安全運動の期間は、取締が強くなるため、交通違反により一層気をつけなければ行けない。
自動車の点検整備は使用車の義務
自動車を運転する前の点検や整備は、使用車の義務です。マイカーと事業用自動車の点検、整備について書きました。
雪道運転のABC 雪道、凍結路の走行
車で雪道、凍結路を走行は、自動車の運転でも最も危険な自動車運転の1つです。知っておきたい雪道、凍結路走行のABCマニュアル
チャイルドシートのQ&A 何歳まで必要?
チャイルドシートは、何歳まで必要なの?チャイルドシートの違反と安全性、免除される条件とは
寒冷地仕様って何?必要なのか
寒冷地仕様は必要なのか?寒冷地仕様とは何なのか?疑問やどの様な装備を紹介しました。
ラダーフレームの車ってなに?
ラダーフレームとは?ラダーフレームの車の特徴と構造、選び方と国産ラダーフレームの車を紹介
メターパネルの警告灯、表示灯の意味と対処法
メーターパネルの警告灯、表示灯の点灯の意味と点灯した際の対処法、もしものときに知っておきたいme^ターパネルの情報