車買取、売却マニュアル

車、愛車を処分する際には、買取してもらうことになると思います。

 

車の売却方法としては、大きく分けて3つの方法があります。

 

それぞれの車買取の方法についてのメリットやデメリット、この買取方法はどのような方におすすめなのかなどを紹介しています。

 

車が高く売れる方法でも手間やリスクがあれば、ある人にはおすすめできないこともあります。

 

車買取、売却のマニュアルでは、3つの車の売却方法を紹介、自分に合う車の買取、売却方法を見つけて、スムーズな車の処分を目的に制作しました。

 

ディーラーの下取り

自動車ディーラーに下取りに出す方法は、車の買い替えでは、一般的な車の売却方法で、車の売却方法でも一番多い買取処分ですね!

 

新しい車を購入の際に今まで乗っていた愛車を査定に出す方法を下取りと呼んでいます。

 

古い車を下取りして新しく購入する車の購入資金にする方法で、新車の購入では下取りで買取してもらいますね!

 

車の下取りのメリットは、

 

1、ディーラーで次に車を探すついでに査定に出すことが出来る。
2、自動車メーカーのディーラーですので、査定価格も安心できる
3、車を売却する際の手続きが楽
4、購入した車が納車されるまで乗ることが出来る
5、中古車市場で需要がなくなった車でも引き取りしてもらえる

 

ディーラーでの下取りは、新しい車の購入の手続きと売却の手続きが並行して出来るので手間は最小限で済みます。
また、新しい車が納車されるまで乗り続けることが出来るので、車のない期間がなく、毎日、車を使う方にはありがたい。

 

ただ、ディーラー下取りにもデメリットはあります。

 

1、ディーラーの下取りは、買取相場よりも安くなりやすい
2、値引き価格と下取り価格を一緒にされるので、損をすることもある
3、カスタム、改造車は、低評価になる
4、買取価格の交渉にあまり対応してもらえない

 

ディーラーの下取りは、査定に出す車の中古車買取相場よりも安くなることもあります。時に人気車種や年式に浅いモデルは、ディーラー下取りよりも中古車店や車買取業者の査定が有利になることが多いと言えます。

 

ディーラー下取りは、その車の最高額や高く売ることは難しいと言えますが、手間や時間を掛けたくない方におすすめの売却方法です。

車の買取業者や中古車店の査定

車の売却先で、ディーラー下取りの次に多いのが、中古車店や車買取業者への売却です。

 

ネットの普及で、ディーラー以外への車の売却は増加しています。

 

ディーラー下取りを近い将来逆転すると予想されますね!

 

車の買取業者、中古車店の買取は、ディーラー下取りの価格を持っていけば、それ以上の価格で買取してもらえるjことが普通です。

 

ただ、ディーラー下取り価格を持って行っての査定では、ディーラー下取り価格に少し色を付けた価格になることが普通ですので、大幅な買取価格のアップは望めないので、手間を考えると微妙な所です。

 

ただ、ネットの車査定サイトでも車買取一括査定サイトなどの複数業者の買取価格を比べる、比較できるサービスなら大幅な買取価格のアップも見込めると言えます。

 

それでは、車の買取業者や中古車店の査定に出すメリットは

 

1、ディーラー下取り価格よりは高値で買取してもらえる
2、最近はネットで簡単に査定が取れるようになった
3、人気車種や低年式モデルでは、大幅な買取価格アップが期待できる
4、カスタム、改造車でもプラス査定での買取も期待できる

 

車の買取業者や中古車店の査定では、査定に出す車を最大限の評価で売ることも可能で、高値で売れる方法だと言われています。
また、カスタムカーや改造車なども専門店などでは、プラス査定になることもあります。
ネットの車一括査定サイトを利用すれば、複数の査定業者から最高額で香取してくれる業者を探すことが可能

 

車の買取業者、中古車店の査定のデメリット

 

1、ディーラーの下取りよりも手間、時間が掛かる
2、複数の業者の査定を取らなければ損をすることもある
3、車の買い替えの場合、次に車の納車までに手放すこともある
4、ディーラーへの売却よりも手続きが多くなる

 

車の買取業者や中古車店への売却、買取では、高く売ることが可能ですが、その分、時間と手間が掛かります。
また、車を買い替えの場合、納車と同時に車の引き取りは難しくなるので、車のない期間も覚悟しなければいけない。

 

個人売買、オークションやフリマアプリ

車の売却で、一番高く売れる方法と言われる個人売買、オークションやフリマアプリなどの利用ですが、トラブルや手間のかかり具合は一番高いと言えます。

 

個人売買では、車の引き渡しや名義変更などの手続きが素人では難しく、高く売れるからと言って車の売買をしたことがない方ではトラブルなど良くあります。

 

オークションの場合、オークション会社が仲介しているとはいえ、車の引き渡しから名義変更されるまでの期間は不安も残ります。

 

車の売却では、下取りや買取価格よりも高く売れる方法ですが、売却後の不具合や名義変更の遅延などのトラブルもよく聞くので利用は慎重にしてください。

 

車をオークション、フリマアプリの売る際にメリット

 

1、車買取業者や中古車店の査定よりも高く売ることが出来る
2、大事に乗った愛車を大事に乗ってくれる方への売却も可能
3、希望する金額での売却も出来る

 

車をオークションやフリマアプリで売る場合、希望する金額での売却や買取してくれる方、次にオーナーを知ることが出来るので大事に乗ってきた愛車を大事に乗ってくれる方への売却も出来ます。

 

ただ、オークション、フリマアプリなどの個人売買にはデメリットもあります。

 

1、車の受け渡し、名義変更や各種の手続きが面倒
2、売却後の不具合、故障などの保証などのトラブルもある
3、引き渡し後の名義変更がルーズで遅延する不安もある
4、オークション、フリマアプリの落札後の連絡、手続きは大変

 

車を個人売買する場合は、相場よりも高く売ることが出来るなどメリットもありますが、車の場合、物品の引き渡しだけでなく、名義変更ななどの譲渡に書類が大変です。
その手間暇の料金を考えた場合、果たして、ディーラー下取りや車買取よりも得なのかは、微妙な所でもあります。

車の買取、売却に必要な手続きとは

自動車を売却や処分する際に必要な書類を紹介、ディーラーや車買取業者、中古車店への売却に必要な書類、個人売買する際に必要な書類や手続きなどの方法を簡単に紹介しておきます。

 

まず、ディーラーでの下取りや査定で売却する際には、ディーラーの担当者の支持で書類を集めればOKです。

 

車買取業者や中古車店への売却もほとんど同じです。

 

普通自動車

1、自動車検査証
2、自動車税納税書
3、実印
4、印鑑証明書
5、自賠責保険証
6、リサイクル券
車検証の違う住所の場合は、住民票が必要です。
※業者が用意してくれる書類
1、委任状
2、譲渡証明書

 

軽自動車

1、自動車検査証
2、軽自動車納税証明書
3、印鑑(実印でなくてもよい)
4、自賠責保険証
5、リサイクル券
6、住民票の写し
※業者が擁してくれる書類
1、自動車検査証記入申請書

 

個人売買で自動車を売却する際に必要な書類

1、自動車検査証
2、自動車税納税書
3、実印
4、印鑑証明書
5、自賠責保険証
6、リサイクル券
7、委任状
8、譲渡証明書
9、車検証の違う住所の場合は、住民票が必要です。

 

この書類は、売却する人が揃える書類です。
名義変更と自賠責保険の名義変更が必要になります。

 

自動車を購入する為の書類

1、車庫証明書
2、印鑑証明書

 

個人での売買の場合、業者への売却とほとんど同じ書類が必要ですが、業者の場合は、委任状、譲渡証明書も自分で揃える必要があります。
また、書類を買取主に渡して名義変更をお願いすることになりますが、名義変更されるまで不安もありますので、名義変更なども代行してくれる業者にお願いするという方法もあります。

  このエントリーをはてなブックマークに追加