車のパンクは突然起こる

車、自動車はパンクするものです。

 

最近の自動車のタイヤの性能は高くなったとは言え、やはり車のパンクというのは避けられません。

 

車のパンクというのは、予期せぬときに起こります。

 

走行中のパンクは、時に危険ですが、走行中のパンクというのは、車のパンクの中では少ないと言えます。

 

車のパンクの多くが、駐車中などに起こることが多く、朝、出勤しようとした際にパンクしているということが多いですね!

 

車のパンクは、突然起こりえます。

 

前日に、何もなかったとしても翌日に車に乗りパンクに気づくなどはあります。

 

しかも、車のパンクは、今日、車が必要だというときに起こることが多いので厄介です。

 

車のパンクの経験者の方の多くが、パンクで嫌な思いをしているのではないでしょうか?


車のパンク 最近の車はスペアタイヤがない

車のパンクの際には、ほとんどの場合は、スペアタイヤで対処していたのではないでしょうか?

 

女性の場合や自動車の疎い方ならJAFなどの車の救急時の対処業者にお願いしたりしますよね!

 

ここで、最近の車はスペアタイヤを装着していない場合が多くなっているのをご存知でしょうか?

 

スペアタイヤがなければ、パンクの救急時の対処はどうするの?

 

と思われる方も多いと思います。

 

車、タイヤの性能が上がり、パンクのリスクが少なくなったと言われていますが、車を運転する以上は、パンクのリスクはつきまといます。

 

もしものパンクの際にスペアタイヤがなかったらどうすることもできないですね!

 

しかし、安心してください。

 

最近の車のパンクの対処法は、応急的に簡単にできるようになっています。

 

パンクの際の救急セットが装備されています。

パンク修理セットは、スペアタイヤの交換の時のように、ジャッキアップなどが必要なく、チューブレスタイヤように液体でパンクの原因である穴などを防ぎ携帯コンプレッサーで空気の充填ができるようになっています。

 

これなら女性や自動車の疎い方でも簡単にパンク修理を自分でできます。

 

ただ、このパンク修理セットは、大きなバーストなどのパンクは対処できません。釘などを踏んで穴が空いた程度のパンクなら首里が可能というものです。

 

最近の車は、スペアタイヤの代わりに、このパンク修理キットが装備されていることが多くなっています。


パンク修理キットは万能ではない

パンク修理キットならパンクの際にジャッキアップなどの必要がないので、短時間にパンク修理が可能です。

 

パンク修理用の液体を充填しながら付属のコンプレッサーで空気を充填するだけで、小さな穴のパンクなら修理が可能です。

 

応急的なパンク、軽度な車のパンクには、誰にでも簡単にできて有効ですが、

 

車のパンクでもサイドのカットやリムの変形、大きめの破損でのパンクでは、パンク修理キットでは対処できないこともあります。

 

そのような車のパンクでも修理ができるという訳ではないので万能ではありませんが、最近の新車にはスペアタイヤは装備されてなく、スペアタイヤはオプションになってきています。

 

また、パンク修理キットで修理したタイヤは、応急処置ですので速やかにパンク修理ができる車修理店やディーラー、ガソリンスタンドなどで見ていただきましょう!


車のパンク修理と対処法

車のパンクの修理は、最近の自動車と少し前の自動車とでは、装備されているパンク修理キットが違うことがあります。

 

まずは、マイカーのパンク修理キットやスペアタイヤの装備車はスペアタイヤの装着場所、ジャッキアップするための装備の場所、スペアタイヤ外し方などは知っておく必要があります。

 

パンク修理キット装着車でもキットの場所などは確認しておきましょう!

 

パンク修理キットは、セダンタイプの車種ならトランクに装備されている事が多く、1ボックスカーやトランクがない車種などでは、助手席側の下や後部座敷の足元、後部の荷台など様々です。

 

ほとんどの場合、隠れて装備されているため、パンク修理キットがどこに装備されているのかを知らない方も多いと言えます。

 

車のパンクの修理や対処を自分でするのなら、まずは、スペアタイヤの有無、あればスペアタイヤの場所と外し方の確認、パンク修理キット装着車ならパンク修理キットがどこに装着されているのか、パンク修理キットの使い方などは確認しておく必要はあります。

 

ここまでは、いざというときにパンク修理に必要な知識です。

 

では、実際に愛車がパンクに出くわした際の対処法ですが、パンクした場所にもよります。

 

例えば、高速道路やバイパスのような交通量が多く、比較的スピードが出ている道路では、自分でパンク修理や処置は避けましょう!

 

危険な場所でのパンク修理は大事故にも繋がります。パンク修理の経験者でも交通量の多いスピードが出やすい場所で路肩などでの作業は危険です。

 

走行中のパンクの場合、路肩などでの修理になると思いますが、危険な場所では、自分で作業せずに、JAFや自動車修理などの専門家に依頼することをおすすめします。

 

次に車のパンクで多いのが駐車している間にパンクしているというケースです。

 

朝、出勤や出かけようと思った際にパンクしているというケースは、車のパンクのシーンでは多くあります。

 

この場合、自分でパンクの修理や対処するということになることが多くなりますね!

 

朝の出勤前などのパンクは、修理するか他の交通機関を利用するかで悩むところですが、パンク修理キットなら比較的簡単に、短時間で修理が可能なケースもあります。

 

スペアタイヤへの交換の場合は、時間と労力が必要になるため、朝の忙し時間では難しいと言えます。

 

また、スペアタイヤへの交換の際に、タイヤのナットが外しにくいこともあります。タイヤ交換のパンク修理は、慣れていないとできないかもしれません。

 

また、付属のタイヤ外しの工具では、ナット締め付けがキツく外せないことも多々あります。

 

ですので、スペアタイヤへの交換でのパンク修理、対処は時間的に規制がある際には避けられたほうが多いと思います。

 

逆に、パンク修理キットの場合、パンク修理キットの使い方を理解している方ならすぐに出来るので、パンク修理キットで対処できるパンクならそれほどの時間をかけずに対処、修理が可能だと言えます。

 

どちらのパンク修理も応急処置ですので、できるだけ早く、車修理業者やディーラーなどで対処していただくことがは重要です。

 

もしものパンクで対処するためには、マイカーに積まれているパンク修理の方法、キットなどの使い方を日頃より見ていることは重要です。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

雪国の駐車、都会人が陥りやすい失敗
雪国、雪の日の車の駐車で都会人が知らない常識と雪の日にこれだけは知っておきたい駐車方法と対策
バッテリーの寿命は?アイドリングストップでバッテリが危ない
バッテリーの寿命は何年?バッテリーの寿命とアイドリングストップでバッテリーの寿命が短くなる?最近の自動車のバッテリー事情を調べました。
エアコンは冬も使う方が良い|曇り予防の他にも理由あり
自動車のエアコンは夏場しか使用しない、エアコンは冬場に入れることがない方は注意、曇り予防だけではない冬場のエアコン活用
アイドリングストップのうそ本当、メリットとデメリット
アイドリングストックのメリットとデメリットを調べました。最近の車にはアイドリングストップは当たり前ですが、燃費や環境への配慮で良いことしか聞きませんが、デメリットもありますよね!主に悪いことを調べました。
ワンパーゴムの交換と長持ちさせるコツ!
ワイパーゴムの交換方法とワイパーゴムを長持ちさせる方法を紹介、ワイパーゴムのふき取りが悪くなると危険です。
車検を安くするための豆知識
車検を少しでも安くするために知っておきたい車検に必要な費用と節約できる費用を書きました。これだけで車検を安くできる。
自動車のエンジンオイルの交換時期
自動車、車のエンジンオイルの交換時期やオイル交換を怠ればどうなるのか?そもそもエンジンオイルの役割は何?などいまさら聞けないエンジンオイルの全てを解説しました。
ハイブリッドカーVS電気自動車 どっちが覇権を取る
ハイブリッドカー、電気自動車と環境にやさしいエンジンの進化、覇権争いは激化してきました。それぞれの良い面や悪い面、これからどちらの自動車が覇権を取るのかも注目されています。エンジンウォーズを独自の切り口で書いてみました。
リコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカー
リコールは自動車メーカーとしては当たり前に出ますよね!ただリコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカの傾向を独自目線で解説しました。
高速道路の右車線を走り続けると違反になるの?
高速道路は、2車線、3車線、多いところでは4車線有ることもあります。一番右の車線は、追い越し車線と呼べれ追い越し専用車線です。追い越し車線を走り続けると違反になるというのは本当なのか?
代車を借りるときの注意点、事故や破損のトラブル
車を修理に出す際や車検の際に代車を借りることがありますよね!代車を借りた際の注意点や事故や破損させた際の責任と修理代
運転免許証の自主返納 これでわかる必要書類と手続き
高齢者の運転免許証の返納で役立つ情報、自主返納を拒む方への納得させるコツや必要書類、手続方法などを書きました。
ドライビングポジション、運転席、ハンドルの正しい調整
ドライビングポジション、運転席の前後幅、ハンドルの位置の正しい調整方法やポジションを紹介
ルーフキャリアの洗車機、燃費、車検
車のルーフキャリアは、いろいろな用途や荷物を運ぶことが出来るツールです。ただ、ルーフキャリアの取り付けで失われるものもあります。ルーフキャリアのメリット、デメリットを検証してみた