ルーフキャリアの車検

自動車のルーフキャリアは、大手のメーカーが販売しているので適合していれば、車検は対応です。

 

自動車の場合、幅は全長に対しては、非常に厳しいのですが、ルーフ、上に対しての規制はゆるくなっています。

 

ルーフにある程度の高さのものを積載しても大丈夫です。危険が伴うものや車が不安定になるようなものはだめですが、ルーフキャリアに自転車やボートなどを積載することは可能で、ルースキャリアを取り付けしていても、車検は問題ないと言えます。

 

ただ、車幅以上に長いルーフキャリアや取り付けに問題がある場合は、別に問題が出ることもあります。

 

ルーフキャリアは、簡単に取り外しが出来るというのが前提で取り付けしたままでも車検を通すことができます。

 

ですので、例えば、ルーフキャリアを車の溶接していたり、ボルトで止めて、容易には取り外しができない場合は、車の車高が変わることから車検適合にはならないと言えます。

 

大手キャリアメーカーなどが製造して、車種に適合しているルーフキャリアは、取り外しが容易になっている為、取り付けしたままでも車検は大丈夫です。

 

また、ルーフキャリアにルーフボックスを取り付けている場合、車検の際に取り外さなければ行けないのかということを聞かれる方も多いようですが、ほとんどの場合、ルーフボックスも取り外しが可能なため、車検の際に取り外しは、車検を受ける業者しだいですが、基本は、取り外さなくても大丈夫です。


ルーフキャリアを付けたままの洗車機

車にルーフキャリアを取り付けして困るのが洗車です。

 

ルーフキャリアがあるために、ルーフの洗車に苦労することになります。

 

また、洗車機に通すこともできなくなります。

 

ルーフキャリアや突起物を取り付けた車は、基本、洗車機の利用ができません。

 

ただ、最近の洗車機は精度、性能が高く、ルーフキャリアを取り付けたままでも問題なく洗車機で洗車出来ると言われていますが、洗車場などのセルフの洗車機でルーフキャリアを取り付けたままで洗車機に通すことは禁止されていることがほとんどです。

 

ルーフキャリアを取り付けした車は、洗車機の利用はできないと思っていたほうがいいと思います。禁止されているにもかかわらず、洗車機に通して洗車機に不具合が出た場合、補償問題にもなりかねないですからね!


ルーフキャリア取り付け車は燃費が悪くなる

ルーフキャリアは、車のルーフに取り付けるキャリアです。

 

ルーフキャリアを取り付けたことが有る方ならおわかりでしょうか、ルーフキャリア単体でも風の抵抗が大きくなります。

 

そのルーフキャリアにルーフボックスを取り付けしたり、荷物を積めば、風の抵抗は、格段に大きくなります。

 

車の燃費は、走行時の風の抵抗は、大きく影響することは当たり前ですよね!

 

ルーフキャリアは、車の走行時の風の抵抗が大きくなります。

 

よって、ルーフキャリアを取り付けた車は、燃費が悪くなります。

 

ルーフキャリアを取り付けする前には、風の抵抗や燃費の低下をそれほど気にしない方もいますが、ルーフキャリアを取り付けして、燃費の低下を気になる方も多いので、ルーフキャリアを検討されている方は、その便利さを入れるために、燃費や車の走行性のが失われるということは知っておいてください。


ルーフキャリアの耐久性と車への負担

車にルーフキャリアを取り付ければ、多くの荷物や車内に入らない荷物、汚れた荷物などを気兼ねなく積むことができます。

 

しかし、積む荷物等によっては、ルーフキャリアで大丈夫と思うことやルーフキャリアにルーフボックスなどを取り付けしている際のキャリアへの負担は大きく、耐久性なども気になりますよね!

 

ルーフキャリアもルーフの形状で様々なタイプがあります。

 

最近に車は、ルーフキャリアを取り付けるモールなどもなくなり、直接ルーフにつけるタイプなども多くなっています。

 

ルーフキャリアの形状でも耐久性は違ってきますよね!

 

また、ルーフに荷重がかかることから車体にも負担がかかることもあります。

 

ルーフキャリア自体の耐久性は、大手メーカーのルーフキャリアは、車種ごとに適正したキャリアベースですので耐久性や安全性は高いと言えますが、形状によっては、車体への負担も見逃せません。

 

ルーフキャリアは、車種に適正している大手のキャリアなら耐久性などは問題ないと思いますが、最近に自動車の傾向として燃費などを上げるために、車体の軽量化による耐久性は損なわれていると言われ、ルーフキャリアに対しての負担が大きくなっていると言われています。

ルーフキャリアの装着で注意したいこと

車にルーフキャリアを付けることで車の用途の幅、車に積載できるものが増えるメリットはあります。

 

しかし、上記でも書きましたが、ルーフキャリアを取り付けすることで燃費製性能などが悪くなります。

 

また、車への負担も大きくなります。

 

その他にも、車にルーフキャリアを取り付けすることで、車高が変わってしまいます。

 

セダンタイプの車なら多少、車高が上がってもそれほど不便は感じませんが、ミニバンやSUV。オフロードカーなどの車高のある車種にルーフキャリアを取り付けることで、車高が2m以上になることもあります。

 

殆どの車は、車高が2m以下です。

 

よって、立体駐車場の多くが2,1m以上の車は不可になることが多いと言えます。

 

ミニバンなどにルーフキャリアを取り付けすることで、立体駐車場の利用の制限がかかります。

 

普段の買い物などで立体駐車場を利用する方には、不便を感じることが多くなると言えます。

 

また、ルーフキャリアを取り付けしていることを忘れて、車高よりも低い立体駐車場に入ってしまって破損するという事も考えなければいけません。

 

ルーフキャリアは、便利な面も大きくなりますが、不便になる面も考慮して取り付けすることをおすすめします。

 

特にミニバンなどの2m弱の車種に場合、立体駐車場の利用に制限が多くなることになります。


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

雪国の駐車、都会人が陥りやすい失敗
雪国、雪の日の車の駐車で都会人が知らない常識と雪の日にこれだけは知っておきたい駐車方法と対策
バッテリーの寿命は?アイドリングストップでバッテリが危ない
バッテリーの寿命は何年?バッテリーの寿命とアイドリングストップでバッテリーの寿命が短くなる?最近の自動車のバッテリー事情を調べました。
エアコンは冬も使う方が良い|曇り予防の他にも理由あり
自動車のエアコンは夏場しか使用しない、エアコンは冬場に入れることがない方は注意、曇り予防だけではない冬場のエアコン活用
アイドリングストップのうそ本当、メリットとデメリット
アイドリングストックのメリットとデメリットを調べました。最近の車にはアイドリングストップは当たり前ですが、燃費や環境への配慮で良いことしか聞きませんが、デメリットもありますよね!主に悪いことを調べました。
ワンパーゴムの交換と長持ちさせるコツ!
ワイパーゴムの交換方法とワイパーゴムを長持ちさせる方法を紹介、ワイパーゴムのふき取りが悪くなると危険です。
車検を安くするための豆知識
車検を少しでも安くするために知っておきたい車検に必要な費用と節約できる費用を書きました。これだけで車検を安くできる。
自動車のエンジンオイルの交換時期
自動車、車のエンジンオイルの交換時期やオイル交換を怠ればどうなるのか?そもそもエンジンオイルの役割は何?などいまさら聞けないエンジンオイルの全てを解説しました。
ハイブリッドカーVS電気自動車 どっちが覇権を取る
ハイブリッドカー、電気自動車と環境にやさしいエンジンの進化、覇権争いは激化してきました。それぞれの良い面や悪い面、これからどちらの自動車が覇権を取るのかも注目されています。エンジンウォーズを独自の切り口で書いてみました。
リコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカー
リコールは自動車メーカーとしては当たり前に出ますよね!ただリコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカの傾向を独自目線で解説しました。
高速道路の右車線を走り続けると違反になるの?
高速道路は、2車線、3車線、多いところでは4車線有ることもあります。一番右の車線は、追い越し車線と呼べれ追い越し専用車線です。追い越し車線を走り続けると違反になるというのは本当なのか?
代車を借りるときの注意点、事故や破損のトラブル
車を修理に出す際や車検の際に代車を借りることがありますよね!代車を借りた際の注意点や事故や破損させた際の責任と修理代
運転免許証の自主返納 これでわかる必要書類と手続き
高齢者の運転免許証の返納で役立つ情報、自主返納を拒む方への納得させるコツや必要書類、手続方法などを書きました。
車のパンク パンクしたときに対処法
車を運転していれば1度くらいはパンクをする事があると思います。車のパンクの対処法や最近お車のパンクの処置などを紹介
ドライビングポジション、運転席、ハンドルの正しい調整
ドライビングポジション、運転席の前後幅、ハンドルの位置の正しい調整方法やポジションを紹介