自動車のエンジンオイルの役割

自動車のエンジンオイルって何?どんな役割があるの?

 

と言う自動車のメンテナンスや仕組みのことが全然わからない方にもわかりやすく説明していきたいと思います。

 

まずは、自動車のエンジンオイルと言うのは、エンジンの潤滑油のことです。

 

エンジンは、ピストンが上下どうして自動車の車輪の推進力得て走っています。

 

そのエンジンの中にあるピストンを円滑に動かすための住滑油がエンジンオイルです。

 

エンジンを始動すればエンジン内のピストンが動きます。

 

 

自動車のエンジンは、このようにピストンをガソリンと言う燃料で爆発させて上下に動かすことで推進力を得ています。

 

そのため、エンジン内は高温になり、ピストンの上下運動は、過酷な環境で行われると言っても過言ではありません。

 

そのピストンの上下運動をスムーズに行うために影の力持ちがエンジンオイルだと言えます。

自動車のエンジンオイルの消耗度

自動車のエンジンオイルは、上記でも書いたようにエンジン内のピストンを円滑に動かすための円滑油です。

 

エンジン内は、とても高温になります。

 

高温に中、何時間もエンジン、ピストンを動かし続ければ、エンジンオイルへの負担も大きくなります。

 

エンジンオイルの消耗は、想像以上だと言えますが、エンジンオイルの性能も上がっているなど消耗度も抑えていると言えます。

 

しかし、エンジンオイルは、自動車の消耗品の中でも過酷だと言えます。また重要な役割でもあります。

 

そのため、エンジンを長持ちさせるためには、こまめなエンジンオイルの交換が推奨されることが多いと言えます。

 

エンジンオイルの消耗は、エンジン内の温度はもちろん、ピストンの上下動の摩耗のための消耗などでエンジンオイルの本来の入りは飴色のような綺麗な色のエンジンオイルが多いのですが、1ヶ月、2カ月普通に自動車を利用した後は、どす黒い色になっていると思います。

 

もちろん、エンジンオイルを綺麗にするためにエンジンフィルターなども自動車には装着されていますが、すぐに汚れる、消耗するのがエンジンオイルだと言えます。

 

自動車のエンジンオイルは、消耗は激しく、オイル交換は、自動車の消耗品の中でも頻繁に行わなければいけない商品だと言えます。

エンジンオイルの交換を怠ればどうなる?

自動車のエンジンオイルの役割はお判りいただけましたか?

 

では、エンジンオイルの交換を怠ればどうなるのか?

 

エンジンオイルは車が走る、エンジンが始動している間、消耗もするし、活躍もしています。

 

エンジンオイルの消耗度は想像以上だというのもうなずけると思います。

 

自動車のエンジンオイルは、すぐに汚れます、汚れたからと言ってすぐに性能が落ちることはありません、オイルフィルターである程度の汚れや不純物などが除去出来ますが、それにも限界があります。

 

限界を超えて、汚れたままのエンジンオイルを使い続けると、エンジン内のピストンに負担が生じることもあります。

 

その結果、エンジンから異音がしたり、ピストンの摩耗が激しくなり、最終的にはエンジンの故障にも繋がります。

 

何より、エンジンオイルの交換を怠れば、エンジンの寿命を短くすることになります。

 

しっかりエンジンオイルのメンテナンス、交換をされたエンジンなら10万キロ走っても何ともないことがほとんどですが、エンジン交換に必要な時期になっても交換しない車、自動車は、10万キロ寿命、その前に寿命が来ることもあります。

 

エンジンオイルの交換を怠れば、エンジンの寿命を短くすることや故障の原因にもなりえます。

自動車のエンジンオイルの交換時期

自動車のエンジンオイルの交換は必要だということはお判り頂けたと思います。

 

ではエンジンオイルの交換はどれくらいの頻度で行えばいいのでしょうか?

 

自動車のエンジンオイルの交換時期としてよく言われるのが、3000lm、5000qです。

 

最近の自動車は性能も上がっていることやエンジンオイルの性能も上がっているので5000q毎で十分だと思います。

 

また、エンジンオイルの交換とオイルフィルター、エレメントの交換時期も重要になります。

 

オイルフィルター、オイルエレメントの役割は、エンジンオイルの不純物などを除去したりすることです。

 

オイルエレメントの交換時期は、エンジンオイル2回に1回くらいが目安になると言えます。

 

エンジンオイルを5000q毎に行っているのなら10000q毎になります。

 

ややこしくなるので、エンジンオイルの交換の際の2回に1回はエレメントの交換と思えばいいと思います。

 

ただ。自動車の走行距離でのエンジンオイル交換も完ぺきではありません。

 

例えば、自動車をほとんど乗らない方、サンデードライバーの方などの場合、5000q走行するのに、半年、1年掛かることもあります。

 

エンジンオイルは、エンジンを始動しなくても劣化していきます。

 

エンジンオイルの交換時期として5000qと書きましたが、ほとんど車を乗らない、走行距離が伸びない方の場合ですと、目安として走行距離にかかわらず、6カ月、半年に1度くらいのエンジンオイルの交換を推奨します。

 

エンジンオイルの交換時期としては、5000qもしくは6カ月に1度が目安になると思います。

 


オイル交換をケチる理由と交換しない理由

オイル交換をまめのする方とほとんどしない方の違い何なのでしょうか?

 

まず、自動車に詳しい、エンジンや車を大事にしている、長くこの車を乗りたいなどの理由で、定期的なオイル交換をする方は多いと思います。

 

逆にオイル交換しない人は、自動車やエンジンに詳しくない、エンジン交換はそれほど必要ではない、エンジン交換するのが手間だ!などなどありますね!

 

また、オイル交換の費用、金額に不満を持たれている方も多いのではないでしょうか?

 

オイル料金が1L500円で、普通車なら4,5L必要です。

 

オイル料金は、普通車で2500円程度ですね!

 

ただ、オイル交換する際には、工賃が必要な場合が普通で、オイル料金と高知鋳込みで、大体5000円から6000円ン程度になります。

 

これにオイルエレメントまで交換すれば、1万円仕事になることあります。

 

オイル交換をしなくても車は走りますが、ガソリン、燃料を入れなければ車はエンストして走らなくなります。

 

ガソリン料金も1Lが150円の場合、50L入れれば、7500円です。

 

オイル交換と掛からないほどの料金を支払っているにも関わらず、ガソリン、燃料代は躊躇なく支払いをするのに、オイル交換は、金額が高いなどと後回しにする方も多いですね!

 

オイル交換費用を高いと思われる方は意外に多いのですが、実際、ガソリン代、燃料費の1回分なら2カ月に1回、3カ月に1回は、オイル交換をする方が、車を長く乗ることにも繋がるし、故障の原因、燃費の向上などにも繋がるので、オイル交換をオイル交換の費用でしないことはあまりよろしくないと言えます。

 

確かに、自動車の場合、オイル交換をしなくても自動車は走ります。ほっぽどでないとオイル交換をしないために、車が止まることはありませんが、エンジンに負担が掛かることになります。

 

エンジンオイルは、エンジンの円滑材です。そのオイルが交換しないことで円滑効果が薄れ、エンジンに負担が掛かることは自動車にとって良いことはありません。

 

1度の燃料給油に価格でオイル交換が出来るなら5000q、10000kmに1回や半年、1年に1回のオイル交換をおすすめします。

 

オイル交換の費用は、自動車の維持費としては削られることが多いと言えますが、オイル交換費用は削るべきではない自動車費用だと言えます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

雪国の駐車、都会人が陥りやすい失敗
雪国、雪の日の車の駐車で都会人が知らない常識と雪の日にこれだけは知っておきたい駐車方法と対策
バッテリーの寿命は?アイドリングストップでバッテリが危ない
バッテリーの寿命は何年?バッテリーの寿命とアイドリングストップでバッテリーの寿命が短くなる?最近の自動車のバッテリー事情を調べました。
エアコンは冬も使う方が良い|曇り予防の他にも理由あり
自動車のエアコンは夏場しか使用しない、エアコンは冬場に入れることがない方は注意、曇り予防だけではない冬場のエアコン活用
アイドリングストップのうそ本当、メリットとデメリット
アイドリングストックのメリットとデメリットを調べました。最近の車にはアイドリングストップは当たり前ですが、燃費や環境への配慮で良いことしか聞きませんが、デメリットもありますよね!主に悪いことを調べました。
ワンパーゴムの交換と長持ちさせるコツ!
ワイパーゴムの交換方法とワイパーゴムを長持ちさせる方法を紹介、ワイパーゴムのふき取りが悪くなると危険です。
車検を安くするための豆知識
車検を少しでも安くするために知っておきたい車検に必要な費用と節約できる費用を書きました。これだけで車検を安くできる。
ハイブリッドカーVS電気自動車 どっちが覇権を取る
ハイブリッドカー、電気自動車と環境にやさしいエンジンの進化、覇権争いは激化してきました。それぞれの良い面や悪い面、これからどちらの自動車が覇権を取るのかも注目されています。エンジンウォーズを独自の切り口で書いてみました。
リコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカー
リコールは自動車メーカーとしては当たり前に出ますよね!ただリコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカの傾向を独自目線で解説しました。
高速道路の右車線を走り続けると違反になるの?
高速道路は、2車線、3車線、多いところでは4車線有ることもあります。一番右の車線は、追い越し車線と呼べれ追い越し専用車線です。追い越し車線を走り続けると違反になるというのは本当なのか?
代車を借りるときの注意点、事故や破損のトラブル
車を修理に出す際や車検の際に代車を借りることがありますよね!代車を借りた際の注意点や事故や破損させた際の責任と修理代
運転免許証の自主返納 これでわかる必要書類と手続き
高齢者の運転免許証の返納で役立つ情報、自主返納を拒む方への納得させるコツや必要書類、手続方法などを書きました。
車のパンク パンクしたときに対処法
車を運転していれば1度くらいはパンクをする事があると思います。車のパンクの対処法や最近お車のパンクの処置などを紹介
ドライビングポジション、運転席、ハンドルの正しい調整
ドライビングポジション、運転席の前後幅、ハンドルの位置の正しい調整方法やポジションを紹介
ルーフキャリアの洗車機、燃費、車検
車のルーフキャリアは、いろいろな用途や荷物を運ぶことが出来るツールです。ただ、ルーフキャリアの取り付けで失われるものもあります。ルーフキャリアのメリット、デメリットを検証してみた