ラダーフレームとは

ラダーフレームとは、自動車のフレームの構造で、ラダー(梯子)のような見た目のフレームです。

 

ラダー(梯子)の構造上、横からも縦からの力にもフレームが、耐えると言えます。

 

ラダーフレームは、自動車のフレーム構造の中でも丈夫で、過酷な使用の自動車に採用されることが多く、オフロードカーやトラックなどのフレームです。

 

採用されている自動車を見てもわかるように、ラダーフレームは、丈夫で耐久性もあるフレームです。

 

 

車の骨格、フレームが一体化しているので引く、押す力にも強く、オフロード走行はもちろん、重量のある荷物の積載、ヒッチメンバーなどの装着にも耐えうる構造になっています。

 

ラダーフレームが採用されている国産車
・ランドクルーザー200、300
・ランドクルーザー70
・ランドクルーザープラド
・ハイラックス
・ジムニー

 

などが発売されています。

 

ラダーフレームの車って質実剛健な車種ですよね!

 

過酷な使用を前提にした車にラダーフレームは採用されています。

ラダーフレームのメリット

ラダーフレームの車のメリットは、丈夫で耐久性が優れていることですね!

 

過酷なオフロード走行にも耐えうる上手さに加え、丈夫なフレーム構造上、長く乗ることができます。

 

古いオフロードカー、4WD車が、中古車市場でも高値で売られる理由の1つに、ラダーフレームで丈夫なので年式が古くなっても構造上、壊れにくいからですね!

 

ラダーフレームのメリットは、他にもあります。

 

事故の際に、フレームが丈夫なことで、衝撃をフレームが受け止め、事故の衝撃を軽減できることが多いことです。

 

ラダーフレームの車は、事故の際にも多少の安心感があります。

 

また、ヒッチメンバーの装着にも直接フレームの取り付けることで、車への負担はもちろん、重要のある物の牽引や積載にも安心です。

 

ラダーフレームの車のメリット

フレームが丈夫で、オフロード走行に向いている
フレームの構造上、積載やヒッチメンバーの装着も安心
もしもの事故の際にもラダーフレームは衝撃を軽減
耐久性が高く、長く乗ることが出来る

ラダーフレームのデメリット

ラダーフレームは、丈夫で耐久性も高く、事故の際にも衝撃の軽減などと良いことばかりと思われがちですが、

 

もちろん、ラダーフレームにもデメリットがあります。

 

まずは、ラダーフレームの価格です。

 

ラダーフレームを採用した車は、高くなります。

 

また、ラダーフレームの車は、フレーム自体が丈夫なことで、重量級になります。

 

車重が重たくなることで、燃費的にも不利ですし、重たい車を動かすためのエンジン性能も必要です。

 

ラダーフレームの車は、燃費が悪い、価格が高い、エンジンの排気量が大きいなどのデメリットがあります。

 

ゴツゴツとした、重量感のある車が多いラダーフレームは、好みも分かれると言えます。

 

ラダーフレームの車のデメリット

フレームの構造上、車両重量が重たくなる
車両重量が重たくなることにより、燃費性能は不利
重たい車を動かすための高排気量のエンジンが必要
車両価格が、高い、高額になる

モノコックフレームとは

ラダーフレームでない自動車、最近の車のフレームは、モノコックフレームまたは、モノコックボディと呼ばれるフレームです。

 

モノコックは、ボディとシャーシが一体型になっている構造です。

 

最近の車の殆どが、このモノコックフレームを採用しています。

 

それだけ、モノコックフレームは、メリットが多いということです。

 

ラダーフレームのデメリットをカバーしているのがモノコックボディです。

 

モノコックボディは、構造上、車重を抑えることができます。軽量化に貢献しています。

 

環境問題が課題の自動車業界では、燃費性能は大きく、車重を軽量化することは燃費性能の向上にに繋がります。

 

燃費性能を上がるためにもモノコックボディで軽量化することは重要です。

 

また、制作費用も抑えることで、車体価格に反映されています。

 

剛性はそれほど高くないですが、安全性は確保しています。

 

ただ、事故の際に、破損しやすく、ボディ、シャーシの破損しやすくなっています。

 

モノコックボディは、事故の際の修理代が高くなることや耐久性は、ラダーフレームに劣ると言えます。

 

ラダーフレームとモノコックフレームには、一長一短ありますが、自動車の使用用途でフレームタイプは違ってくると言えます。

ラダーフレームの国産車

ラダーフレームの車は、減少しています。

 

国産車で言えば、トラックなどの貨物車を除くと下記の車種になります。

 

ランドクルーザー300

国産オフロードカーの雄、ランドクルーザーです。200から300系のモデルチェンジされましたが、フレームタイプは、ラダーフレームです。
ラダーフレームだからこその人気で、国内、海外でも絶大な信頼、人気のオフロードカーがランドクルーザー300です。

 

ラダーフレームなくして、ランクルの剛性はないと言っても過言ではありません。

 

ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラドもラダーフレームを採用した車で、ランドクルーザーの走破性を継承し、街乗りでも取り回しがしやすいサイズで人気の車種、モデルだと言えます。
ラダーフレームだからこその旧プラドも中古車市場では高値で取引されています。
長く乗ることが出来る車としてランドクルーザープラドは、人気があると言えます。

 

ランドクルーザー70

ランドクルーザー70もラダーフレームで、オフロード走行でも安心して走ることが出来る質実剛健の自動車です。
今現在は、発売されていませんが、人気が高いモデルで、限定販売などが期待されています。
変わることがないデザインも人気で、中古車市場でも高値え販売されているモデルです。

 

ラダーフレームだからそこの70系ランクルの魅力だと言えます。

 

ハイラックス

ハイラックスは、国産車で唯一、ピックアップトラックとして発売されています。日本では、需要が少ないピックアップトラックですが、北米では、大人気です。
北米、アメ車のピックアップトラックは、大型モデルがほとんどですが、ハイラックスは、国内でも乗りやすいサイズのピックアップトラックで、人気が高いですね!
ハイラックスもラダーフレームの車で、カスタムして乗られるオーナーも多く、長く乗ることが出来る車だと言えます。

 

ジムニー

軽自動車でありながらラダーフレームを採用しているのがジムニーです。本格的なオフロード走行が可能な車としてジムニーは、人気が高く、JB64ジムニーは、発売以来人気が高く、新車の納車が1年以上掛かるほどの人気になっています。
ラダーフレーム採用の軽自動車、上手に長持ちする自動車としてもジムニーは、人気があります。

 

ジムニーシエラ

ジムニーシエラは、ジムニーの大型版、1300ccでワイドボディと排気量の恩恵で、ジムニーよりも高い走破性で、JB74ジムニーシエラは、人気が高く、ジムニー同様、新車の納車が、長くなっています。
ラダーフレーム採用のコンパクトオフロードカーがジムニーシエラで、注目の1台だと言えます。

なぜ、ランクルやジムニーはラダーフレームを採用するのか

なぜ、ランクルやジムニーは、ラダーフレームを採用するのか?

 

ランクルやジムニーなどの本格オフロードカーの記事で必ず出てくるのがラダーフレームというキーワードです。

 

ラダーフレームは正義というようなフレーズもあります。

 

では、なぜ、ランクル、ジムニーのようなオフロードカーには、ラダーフレームが採用されているのか?

 

上記でも少し書きましたが、本格的なオフロードカーは、オフロード走行を前提にしています。

 

車をオフロード走行させることは、ボディ、シャーシへの負担は相当なものです。

 

1t以上ある車体が、デコボコのところを走行すれば、車は、横に縦にひねられたりします。

 

そこれに耐えうるボディが必要になります。

 

このボディが、ラダーフレームです。

 

ラダーフレームなしでは、ランクルやジムニーなど、過酷な環境での使用を前提にした自動車は、すぐにだめになるでしょう!

 

過酷な使用を前提にしているのでランクルやジムニーは、ラダーフレームを採用しています。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

雪国の駐車、都会人が陥りやすい失敗
雪国、雪の日の車の駐車で都会人が知らない常識と雪の日にこれだけは知っておきたい駐車方法と対策
バッテリーの寿命は?アイドリングストップでバッテリが危ない
バッテリーの寿命は何年?バッテリーの寿命とアイドリングストップでバッテリーの寿命が短くなる?最近の自動車のバッテリー事情を調べました。
エアコンは冬も使う方が良い|曇り予防の他にも理由あり
自動車のエアコンは夏場しか使用しない、エアコンは冬場に入れることがない方は注意、曇り予防だけではない冬場のエアコン活用
アイドリングストップのうそ本当、メリットとデメリット
アイドリングストックのメリットとデメリットを調べました。最近の車にはアイドリングストップは当たり前ですが、燃費や環境への配慮で良いことしか聞きませんが、デメリットもありますよね!主に悪いことを調べました。
ワンパーゴムの交換と長持ちさせるコツ!
ワイパーゴムの交換方法とワイパーゴムを長持ちさせる方法を紹介、ワイパーゴムのふき取りが悪くなると危険です。
車検を安くするための豆知識
車検を少しでも安くするために知っておきたい車検に必要な費用と節約できる費用を書きました。これだけで車検を安くできる。
自動車のエンジンオイルの交換時期
自動車、車のエンジンオイルの交換時期やオイル交換を怠ればどうなるのか?そもそもエンジンオイルの役割は何?などいまさら聞けないエンジンオイルの全てを解説しました。
ハイブリッドカーVS電気自動車 どっちが覇権を取る
ハイブリッドカー、電気自動車と環境にやさしいエンジンの進化、覇権争いは激化してきました。それぞれの良い面や悪い面、これからどちらの自動車が覇権を取るのかも注目されています。エンジンウォーズを独自の切り口で書いてみました。
リコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカー
リコールは自動車メーカーとしては当たり前に出ますよね!ただリコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカの傾向を独自目線で解説しました。
高速道路の右車線を走り続けると違反になるの?
高速道路は、2車線、3車線、多いところでは4車線有ることもあります。一番右の車線は、追い越し車線と呼べれ追い越し専用車線です。追い越し車線を走り続けると違反になるというのは本当なのか?
代車を借りるときの注意点、事故や破損のトラブル
車を修理に出す際や車検の際に代車を借りることがありますよね!代車を借りた際の注意点や事故や破損させた際の責任と修理代
運転免許証の自主返納 これでわかる必要書類と手続き
高齢者の運転免許証の返納で役立つ情報、自主返納を拒む方への納得させるコツや必要書類、手続方法などを書きました。
車のパンク パンクしたときに対処法
車を運転していれば1度くらいはパンクをする事があると思います。車のパンクの対処法や最近お車のパンクの処置などを紹介
ドライビングポジション、運転席、ハンドルの正しい調整
ドライビングポジション、運転席の前後幅、ハンドルの位置の正しい調整方法やポジションを紹介
ルーフキャリアの洗車機、燃費、車検
車のルーフキャリアは、いろいろな用途や荷物を運ぶことが出来るツールです。ただ、ルーフキャリアの取り付けで失われるものもあります。ルーフキャリアのメリット、デメリットを検証してみた
自動車の洗車、ワックス掛けは必要?
自動車の洗車、ワックス掛けは必要なのか?ワックスの役割と種類、なぜ、ワックス掛けをするのかなど車の洗車の豆知識
車の静電気 原因と対策 嫌なバチッとを無くそう
冬の車の静電気、バチッとくる原因と対策!嫌な静電気の解消、除去方法と便利グッズ、静電気対策はこれでOK!
自動車関連の都市伝説
自動車の関する都市伝説、昔は当たり前(常識)だったことが今では当たり前でないこと(非常識)や車の運転のあんな事こんなことを書いてみました。
自動車運転の優先順序、事故、違反のリスク
自動車の運転では優先順序があります。意外に知られていないことからあなり前の優先順序まで書きました。事故や交通違反のリスクの軽減にお役立てください。
フロントガラスのギラギラ、油膜の原因と予防
雨の日の車の運転でのフロントガラスのギラギラ、油膜は事故の原因にもなります。フロントガラスのギラギラの原因と解消方法、予防を紹介しました。
フロントガラスの曇りを取る方法
フロントガラスの曇りは視界が悪くなり、自動車の運転の妨げになるだけでなく、事故にも繋がります。即効性のあるフロントガラスの曇りを取る方法と予防方法です。
自動車の風切り音、走行音の原因と対策
自動車の走行中の不快な音、風切り音、走行音の原因と対策を書きました。最近、車内での音楽や会話が聞き取りにくいと感じたらこれを疑おう!
自動車を長持ちさせる日頃のメンテンス
自動車を長持ちさせる日頃のメンテンス、故障、不具合を軽減するためのチェックとメンテナンスを紹介
希望ナンバーとご当地ナンバーの豆知識
自動車を購入する際にナンバープレートの数字が選べる希望ナンバーとその地域だけのご当地ナンバーの豆知識
これ、交通違反なの?納得出来ない交通違反
自動車、オートバイを雲梯していると交通違反で捕まることがあります。この違反の中には、納得できない、腑に落ちない、なんでこれで交通違反なのというものがあります。そのような違反を集めてみました。
法定速度と制限速度(指定速度)の違い
自動車の運転では、速度制限があります。速度制限にも法定速度と制限速度(指定速度)があるのを知っていますか?違いを解説しました。
車間距離を知れば煽り運転の本当の意味が理解できる
車間距離を知ろう!車検距離と煽り運転の関係と対処法、煽り運転は、適正な車検距離を守らないことで起こる
車のオーバーヒート 原因と対策
車のオーバーヒートはなぜ起こる、突然のエンジンがオーバーヒートする原因と対策
ヒッチメンバーのキャリアの取り付け、車検、違反はどうなの
ヒッチメンバーのキャリアの取り付け、全長の延長、強度、車検や違反などを紹介!便利なヒッチキャリアの疑問を解消できます。
軽自動車の白ナンバー、費用といつまで所得可能
軽自動車も白ナンバーが所得できることをご存知ですか?黄色ナンバーだけでない軽自動車の白ナンバーの取り方と費用、メリット、デメリットを書きました。
交通安全運週刊は違反に気をつけろ!
交通安全運動の期間は、取締が強くなるため、交通違反により一層気をつけなければ行けない。
自動車の点検整備は使用車の義務
自動車を運転する前の点検や整備は、使用車の義務です。マイカーと事業用自動車の点検、整備について書きました。
雪道運転のABC 雪道、凍結路の走行
車で雪道、凍結路を走行は、自動車の運転でも最も危険な自動車運転の1つです。知っておきたい雪道、凍結路走行のABCマニュアル
チャイルドシートのQ&A 何歳まで必要?
チャイルドシートは、何歳まで必要なの?チャイルドシートの違反と安全性、免除される条件とは
寒冷地仕様って何?必要なのか
寒冷地仕様は必要なのか?寒冷地仕様とは何なのか?疑問やどの様な装備を紹介しました。