車庫証明とは

車庫証明は、自動車を購入する際に、購入する車の保管場所として登録する場所のことです。

 

普通自動車は、全国で車庫証明が必要で、軽自動車は、一部地域で車庫証明が必要です。

 

車庫証明とは
自動車の保管場所を確保していることを証明する書面です。

 

保有する自動車の保管場所を確保していると言う証明のようなもので、自動車を購入する際に必要な書類です。

車庫証明、保管場所の条件

車庫証明は、どのような場所でも条件を満たしている訳ではありません。

 

まず、保管場所までの距離です。

 

自動車を購入する人の住所から保管場所までの距離は2km以内です。

 

もちろん、購入する自動車が、無理なく駐車出来ることは必須です。

 

自宅のガレージなどで、間口が狭く、大型車の駐車が困難な場所では、大型車の車庫証明が取れないこともあります。

 

車庫証明、保管場所の条件としては、保有者の住所から2km以内で、確実に申請する自動車の駐車ができることです。


車庫証明の取り方

車庫証明の申請書類は、管轄の警察署で入手できます。

 

車庫証明の取り方での書類は、自分で自己の土地で取る場合や有料の月極駐車場で取る場合では、違ってくることもあります。

 

自己の土地を使用する場合の車庫証明に必要な書類
・自動車保管場所証明申請書
・保管場所標章交付申請書
・保管場所の所在図、配置図
・保管場所使用権原疎明書面

 

月極駐車場を使用する場合の車庫証明に必要な書類
・自動車保管場所証明申請書(駐車場所有者で用意されている)
・保管場所の所在図、配置図(駐車場所有者で用意されている)
・保管場所使用承諾書

 

上記のように、自己の土地で車庫証明を取る場合と月極駐車場など賃貸契約で車庫証明を取る場合では、自分で揃える書類も違います。

 

自己の土地、自宅ガレージなどでの車庫証明を取る場合は、管轄の警察署で車庫証明の書類を入手する際に書き方などを聞きましょう!

 

書類の不備などで、何度も警察署に出向くことは避けましょう!

 

申請手数料は、都道府県で多少が違いが有るようですが、2000円前後です。

 

また、標章交付手数料の500円も必要です。

車庫証明の申請後、保管場所を見に来るの?

車庫証明を管轄の警察署に申請しました。

 

申請後、1週間位で車庫証明が交付されることがほとんどです。

 

自宅など自己の土地で車庫証明を申請された方は、その土地を警察の方が見に来ることがあります。

 

ですので、車庫証明を申請した保管場所に他の自動車を駐車したり、自動車の駐車が困難な物を置いていた場合、車庫証明の申請が取れなくなることもあります。

 

車庫証明の申請後は、申請に出した保管場所には、余計なものは置かないでください。

 

 

 

車庫証明を取るということは、自動車を購入しますよね!

 

車庫証明も購入する自動車販売店で詳しく教えて頂けるので、車販売店やディーラーの営業の方に聞きましょう!

  このエントリーをはてなブックマークに追加