これだけは知っておきたい車の豆知識

自動車、車を乗る、運転する、所有する際に役立つ、豆知識、車の常識などを書いてみました。

 

意外と知らない車の常識なども多く、読むと役立つ情報を集めました。

 

例えば、

 

「高速道路の右側車線を走り続ければ違反になる」

 

「エンジンオイルの交換時期、交換しなければどうなる」

 

「アイドリングストップは良いことだけではない」

 

「車がパンクしたときの対処方」

 

「冬でも役立つエアコンの賢い使い方」

 

「バッテリーの寿命と交換時期」

 

「台車を借りるときの注意点、トラブル回避」

 

「雪国の車はの駐車」

 

などなど、知っていると知らないとでは、トラブル回避や車の寿命、故障の原因の回避などに繋がります。


車の常識、非常識

車の常識や非常識というものがあります。

 

ただ、自動車というものの常識は変わりつつあります。

 

燃料(ガソリン、軽油)で走ることが常識だった自動車も電気で走る時代が来ました。

 

ガソリン、軽油以外で走行できる様になって、今までの自動車メーカー以外の参入も用意になってきています。

 

また、自動運転の技術も躍進しています。近い将来、自動車は自動で走るようになるだろうと予想が付きます。

 

ドライブレコーダーも最近では当たり前で、事故の映像なども普通に見られるので、事故の際のトラブルも少なくなっていますよね!

 

車の常識というのは、変わってきている反面、変わらない常識も多くあります。

 

しかし、常識というものは変わるものですし、疑うものだとも言えます。

 

あなたが常識と思っていることが、常識ではない、常識でなくなることもあるということです。

 

ただ、車の常識だと言われていることを知らないと損をすることもあります。

 

そのようなことも紹介したいと思っています。

 

「タイヤの空気圧で燃費が変わる」

 

「ハンドルを持つ位置、10時10分は・・・」

 

「雪道のスタッドレスタイヤ」

 

「高速道路での知らない間の違反」

 

「車のヘッドレストは枕ではない」

 

「車の洗車、ワックス掛けない車の末路」

 

常識と思われていることでも理由を知らないドライバーも多いですね!

 

人に話せるだけの知識を付けよう!

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

車の豆知識、意外と知らない車の常識記事一覧

雪国、雪の多い地域や雪の日の車の駐車で目に付くことってありませんか?そうです、ワイパーを立てている車が多い気づきません?雪国の駐車では常識ですが、雪の降らない地域では、なぜ、ワイパーを立てているのか?と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?雪の日にワイパーを立てるのは、ワイパーを寝かせたままだとそこに雪が積もりワイパーが雪の重さで曲がります。雪でワイパーが破損することを防ぐためにワイパーを上...

自動車、乗用車のバッテリーの寿命って気になりますよね!バッテリーの寿命が近づいているのに乗り続けた結果、バッテリー上がりでエンジンが掛からないという場面に遭遇したくないですからね!最近のバッテリーは、性能の向上で、寿命も長くなっています。その反面、高性能バッテリーほど、バッテリーが突然ぽしゃると言われます。前触れなくバッテリー上がりのリスクが高くなっています。昔のバッテリーは、寿命前にエンジンのか...

冬場のエアコンの活用と言えば、温度調整ではなく、湿気が多くなることや外気温との差で車のフロントやリアガラスの曇り予防、曇り取りですね!雪国の方なら当たり前の活用ですが、意外に知らないドライバーも多いのがエアコンの曇り取りです。実際は、冬場の車内の湿気が原因の曇り取り、エアコンは湿度を取ることが出来るので湿気による曇り取にはエアコンが一番有効だと言えます。ただ、エアコンを掛けることで燃費を気にする方...

アイドリングストップは、車が停止している状態に無駄にエンジンがかかっている状態の際にエンジンを停止することですね!例えば、信号待ちやガレージや一定の場所に停車している際にエンジンをかけ続けることで燃料の消費、排ガスの排出を軽減することが目的です。そのアイドリングを自動で停止するシステムがアイドリングストップ機能です。ある程度車が動かないと完治した際に、自動でエンジンが停止して、ブレーキを踏んでいる...

ワイパーゴムの交換は、誰でも簡単に出来る作業です。ワイパーゴムの交換は女性でも簡単です。ただ、ワイパーゴムの交換方法にも2通りあり、ワイパーブレードから交換する方法と、ワイパーゴムだけ交換する方法です。前者は、ワイパーブレードごと帰る為、車種に合ったワンパーを購入して交換するだけで出来ます。ただ、ワイパーは、車種でも年式でワイパー形状が違ったり、運転席側と助手席側でワンパーに違いがあることがほとん...

車検と言えば、新車購入から乗用車なら3年、貨物車などなら2年後の初めての車検があります。その後は、乗用車が2年置きに車検、貨物車などは1年置きに車検が必要です。車検が切れた車を運転したらどうなるのでしょうか?車検が切れている車を公道で運転すると罰則が科せられます。6点の減点(行政処分)と6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金です。(刑事処分)行政処分の6点は、30日間の免許証停止です。ただ、車検...

自動車のエンジンオイルって何?どんな役割があるの?と言う自動車のメンテナンスや仕組みのことが全然わからない方にもわかりやすく説明していきたいと思います。まずは、自動車のエンジンオイルと言うのは、エンジンの潤滑油のことです。エンジンは、ピストンが上下どうして自動車の車輪の推進力得て走っています。そのエンジンの中にあるピストンを円滑に動かすための住滑油がエンジンオイルです。エンジンを始動すればエンジン...

ハイブリッドカーは、電気、バッテリーと今までの起動方式のエンジンとで走る車ですね!代表車種としては、トヨタのプリウスやアクアなどがあります。ガソリンエンジンと電気駆動を癒合した、ハイブリッドカーとして燃費を向上させ、環境にやさしい自動車として爆発的に売れています。一方、EV車、電気自動車は、電気だけで走る自動車、バッテリーの蓄電だけで走る車です。ハイブリッドカーよりも環境にやさしく、充電料金だけで...

自動車は、販売前に多くのテストをクリアーして販売に至ります。しかし、販売後に不具合やパーツの耐久性などの不具合が出ることがあります。このような事態で、パーツや不具合解消にために部品交換などが必要な際に、自動車メーカーはリコールを出します。リコール車の購入者は、無償で交換して頂けます。リコールとは、自動車の販売後に自動車の製造過程などで何らかの問題があったことをメーカーが認め、国土交通省に事前に届け...

高速道路には、左側の車線を走行車線、一番右側の車線を追い越し車線と呼びます。高速道路の走行車線は、普通に走行するための車線?普通に走行?自動車専用道路としての高速道路の役割は、早く到着地点に到着することですよね!自動車を走行することは当たり前です。普通に誰でもがわかることを文字で説明することは非常に難しいですね!高速道路の走行車線は、高速道路を安全に走行するために決められた、法定速度内で走る車線で...

代車を借りるシーンは、自動車の所有者なら何度かありますよね!自動車の修理やパーツの交換などの際で作業が1日以上必要な場合車検に出す場合などが挙げられます。車の代車は、殆どの場合、無料で借りることができます。また、事故などで相手がいる場合などは相手方の保険や自損事故の場合でも自分の任意保険などからも代車が用意されることもあります。代車は、大きく分けて、自動車屋が所有する代車を借りる場合と保険会社が用...

運転免許証の返納が言われだしたのは、ここ数年で高年者の運転での事故が多発していることが要因ですね!特に高齢者の事故が多いのが、アクセルとブレーキの踏み間違いです。店舗に突っ込んだり、時には人を跳ねることも起こっています。高齢者の運転に不安を持つ家族も多いと聞きます。しかし、運転免許証の自主返納を催促してもほとんどの場合、納得してもらえません。高齢者の多くが、自分はまだ大丈夫と思っています。事故を起...

車、自動車はパンクするものです。最近の自動車のタイヤの性能は高くなったとは言え、やはり車のパンクというのは避けられません。車のパンクというのは、予期せぬときに起こります。走行中のパンクは、時に危険ですが、走行中のパンクというのは、車のパンクの中では少ないと言えます。車のパンクの多くが、駐車中などに起こることが多く、朝、出勤しようとした際にパンクしているということが多いですね!車のパンクは、突然起こ...

車の運転姿勢、ドライビングポジションは、初心者、運転に慣れていない方には、どのドライビングポジションがいいのか、運転前に気になることですね!運転姿勢宿ラインビングポジションって自動車教習所で習いましたよね!ハンドルは10時10分の位置で、椅子の位置は、ハンドルを握って少し余裕のあるポジションです。自動車教習所で習ったドライビングポジションが基本的な運転姿勢だと言えます。ただ、シートに座る位置を間違...

自動車のルーフキャリアは、大手のメーカーが販売しているので適合していれば、車検は対応です。自動車の場合、幅は全長に対しては、非常に厳しいのですが、ルーフ、上に対しての規制はゆるくなっています。ルーフにある程度の高さのものを積載しても大丈夫です。危険が伴うものや車が不安定になるようなものはだめですが、ルーフキャリアに自転車やボートなどを積載することは可能で、ルースキャリアを取り付けしていても、車検は...

自動車、マイカーを手に入れたら定期的に洗車をする方とほとんど洗車をしない方がいますよね!愛車を大事に乗られている方は、洗車、ワックス掛けまですることが多いのではないでしょうか?しかし、洗車をほとんどしない方からすれば、車を洗車する必要があるの?少しくらい汚れていても走行には問題ないのでは?という見解も聞かれます。自動車の洗車、ワックス掛けは本当に必要なのか?自動車のボディってほとんどが鉄でできてい...

冬になると車に乗車する際に「バチ」っとくることがありますね!車の静電気は、嫌ですよね!わかっているのにうっかりドアノブを触ってバチッとくることも多いですね!静電気は、個人差もありますが大抵に方が経験するのではないでしょうか?では、この冬になると現れる静電気は、なにが原因なのでしょうか?静電気は、物質内にたまった状態の電気で、車の静電気が起こるのは、体にたまった電気の釣り合いのバランスが崩れることで...

「自動車の都市伝説」と大げさに書きましたが、自動車、車の保有して、運転して不思議に思ったことや常識とはかけ離れた自動車の常識と思われること、これから自動車業界の都市伝説になるようなことを集めてみました。都市伝説は大げさですが、自動車に乗っていて疑問に思うことを書いてみました。古い車、シートベルトがない車はシートベルトをする必要がない←おかしくないですか?シートベルトは、安全のためにするのですよね!...

自動車を運転する際には、優先順序があります。自動車を走る際には、自動車同士の優先順序の他にも人、自転車、オートバイなどとの優先順序もあります。普通は、自動車<オートバイ<自転車<人という優先順序になります。自動車は、一番立場が低いですね!自動車は、危険度も高いので、運転には注意が必要だと言うことですね!動く凶器とも呼ばれることもあります。では、自動車同士の優先順位やこれを知らないの自動車を運転する...

車、自動車の運転で雨の日は事故の確率が多くなります。もちろん、雨でタイヤのスリップなども多くなることもありますが、雨に日は、視野が悪くなることも原因の1つです。特に、雨の日に、フロントガラスがギラギラして前方が見えにくくなる経験をした方も多いと思います。ドライバーなら1度は、フロントガラスのギラギラを経験していると思います。では、フロントガラスのギラギラの原因は何でしょうか?油膜ですね!油膜といえ...

フロントガラスの曇りは、車の運転では大敵、視界を損なわれ、危険ですよね!ほとんどの場合、車を走行している最中に少しずつ曇りが出てきて、そのまま走行していると曇りが酷くなり、視界がどんどん悪くなりますね!フロントガラスの曇りは、雨や雪の日によく起こります。特に冬場や梅雨時期で車内が湿気ている場合に曇りやすいですね!また、他人数の乗車でもフロントガラスの曇りが起こりやすいですね!フロントガラスが曇りだ...

自動車を運転していれば、走行にともなう音、騒音がありませよね!自動車の走行中の音としては、タイヤ、路面から発する走行音、エンジンやマフラーから出るエンジン音、風による風切り音が、主な自動車の走行中の騒音だと思います。どれも車種や車のデザイン、経年経過などで違ってくると言えます。自動車の走行音は、高級車ほど少なく、コンパクトカーや軽自動車や貨物車ほど大きくなると言えます。路面からの走行音は、タイヤの...

自動車を所有すれば、日頃のメンテナンスは安全に運転するためと自動車の故障、不具合を軽減すること、長持ちさせることに重要だと言えます。また、自動車の日頃のメンテナンスは、将来的の売却の際の査定価格にも影響してくると言えます。自動車を運転する前には、点検が義務付けられていますが、ほとんどの方が、点検無しで即、運転しているのではないでしょうか?日頃のメンテナンスも同じように、ほとんどの自動車オーナーが、...

希望ナンバーとは、自動車を購入する際に、ナンバープレートを取得しますね!陸運局に登録すれば、登録した自動車の前後にナンバープレートを取り付けなければいけません。このナンバーは、以前は、選ぶことが出来ませんでした。しかし、平成11年5月から全国で実施されています。希望ナンバーぷれーとは、どんな数字でも選ぶことができるのか?「12-34」や「・・・1」「・・・2」「・・・3」「・・・4」「・・・5」「...

自動車、バイクを運転中に交通違反で、捕まる、検挙されることがありますね!交通違反の中には、なんでこれで捕まるの?これ、違反なの?というような、腑に落ちない交通違反も中にはあります。納得いかずに、警察官に噛み付いても違反は、切られることがほとんどです。しかし、納得いかいない交通違反ってありますよね!ということで、ここでは、今まで経験した納得いかない交通違反やこのような理不尽な交通違反があったというも...

法定速度って何?法定速度を知らないで運転すると速度超過で捕まることも・・・法定速度は、道路交通法で定められた法定速度です。簡単に言うと、自動車が、それ以上、それ以下で走行することを禁止している速度で、一般道では、普通自動車は60km、原動機付自転車は30km対面通行がない高速道路では、普通車は100km対面走行がある高速道路では、普通車50kmと定められているのが法定速度です。ただし、速度制限標識...

自動車の運転では、「車間距離を取りましょう!」というフレーズを良く聞きます。車検距離を取れば、ほとんどの自動車事故を防げる、軽減できるとまで言われます。また、最近話題の煽り運転も車検距離を取らないことで起こる危険運転です。車間距離が、少ないと危険だということは理解できますね!では、車間距離ってどれくらい取れば良いのか?適正な車間距離を知らいないドライバーさんも多いのではないでしょうか?そこで、あま...

車を運転していてエンジンの不調で、最悪なのがオーバーヒートです。最近の自動車のほとんどが、水冷式です。水温でエンジンを冷やしています。メーターには、この水温計が付いているのがほとんどです。普段は、水温計は、半分か半分よりも下のメモリを指している事がほとんどですが、オーバーヒートするとC(クール)H(ホット)の間の針が、H(ホット)寄りに振り切ります。オーバーヒートです。ひどいときには、エンジンルー...

アウトドア、キャンプ、自転車などを自動車に積載する際の活躍するのが、ヒッチメンバーに取り付けできるキャリア、ヒッチキャリアです。ただ、ヒッチキャリアの取り付けることで、車の全長は長くなる、後ろのナンバープレートが見えにくいなど、違反と思えることが気になる方も多いと思います。特にヒッチキャリアでもサイクルキャリアなどの全長が大幅に変わるキャリアが違反ではないのか?と気にしながら利用されている方も多い...

最近、自動車を運転していて、軽自動車なのに白ナンバーの車を見かけるようになりましたね!軽自動車といえば、黄色ナンバーですよね!あの黄色ナンバーが嫌で、軽自動車を敬遠している方も多いのではないでしょうか?しかし、軽自動車も白ナンバーが選べる時代が来ました。軽自動車の白ナンバーっていつから始まったの?最近良く見るようになったけど、いつから始まったの?まだ、軽自動車の白ナンバーは、所得できるのなどなど調...