車の豆知識、意外と知らない車の常識

車の豆知識、意外と知らない車の常識

車の豆知識は、自動車を乗る差に役立つ情報、以外に知らない車の常識などを紹介しています。

これだけは知っておきたい車の豆知識

自動車、車を乗る、運転する、所有する際に役立つ、豆知識、車の常識などを書いてみました。

 

意外と知らない車の常識なども多く、読むと役立つ情報を集めました。

 

例えば、

 

「高速道路の右側車線を走り続ければ違反になる」

 

「エンジンオイルの交換時期、交換しなければどうなる」

 

「アイドリングストップは良いことだけではない」

 

「車がパンクしたときの対処方」

 

「冬でも役立つエアコンの賢い使い方」

 

「バッテリーの寿命と交換時期」

 

「台車を借りるときの注意点、トラブル回避」

 

「雪国の車はの駐車」

 

などなど、知っていると知らないとでは、トラブル回避や車の寿命、故障の原因の回避などに繋がります。


車の常識、非常識

車の常識や非常識というものがあります。

 

ただ、自動車というものの常識は変わりつつあります。

 

燃料(ガソリン、軽油)で走ることが常識だった自動車も電気で走る時代が来ました。

 

ガソリン、軽油以外で走行できる様になって、今までの自動車メーカー以外の参入も容易になってきています。

 

また、自動運転の技術も躍進しています。近い将来、自動車は自動で走るようになるだろうと予想が付きます。

 

ドライブレコーダーも最近では当たり前で、事故の映像なども普通に見られるので、事故の際のトラブルも少なくなっていますよね!

 

車の常識というのは、変わってきている反面、変わらない常識も多くあります。

 

しかし、常識というものは変わるものですし、疑うものだとも言えます。

 

あなたが常識と思っていることが、常識ではない、常識でなくなることもあるということです。

 

ただ、車の常識だと言われていることを知らないと損をすることもあります。

 

そのようなことも紹介したいと思っています。

 

「タイヤの空気圧で燃費が変わる」

 

「ハンドルを持つ位置、10時10分は・・・」

 

「雪道のスタッドレスタイヤ」

 

「高速道路での知らない間の違反」

 

「車のヘッドレストは枕ではない」

 

「車の洗車、ワックス掛けない車の末路」

 

常識と思われていることでも理由を知らないドライバーも多いですね!

 

人に話せるだけの知識を付けよう!

 

自動車、車を楽しく乗るためにも知っていて損はないのが常識だと言えます。

 

ここでは、当たり前の車の常識から意外と知られていない常識まで、いろいろな角度から紹介していきたいと思います。

車の豆知識を知ればマル儲け

車の豆知識の中には、金銭に直接関わることも多く、豆知識を知っていると知らないとでは、損得に関わります。

 

知っていて損はない車の豆知識を多く紹介しています。

 

中には、どうでもいいような車の豆知識もありますが、知っていて損はないと思います。

 

特に車も運転での豆知識や燃費に関する豆知識、交通違反に関する豆知識など直接、金銭に関わります。

 

また、車を長持ちさせる豆知識、大切に乗るための豆知識など、将来的に差がつく車も豆知識などためになる豆知識などをできるだけ多く紹介しています。

 

車の豆知識もチリも積もればなんとかで、知っておくことで愛車に差がつくだけでなく、安全運転にも役立つこともあります。

 

ぜひ、車の豆知識を読み、自動車の知識を少しでも増やしてより良いカーライフをしてください。

車も豆知識、雑学は役立つことが多い

車も豆知識や雑学は、自動車の所有者や運転者にとっては役立つ事が多く、知っていて損はありません。

 

例えば、燃費が良くなる運転やエアコンの正しい使い方、自動車の消耗品の寿命と交換時期、消耗品を長持ちできる方法などなど

 

自動車には、消耗品が多く、ほとんどの部品が消耗品と言っても過言ではありません。

 

特に、自動車に乗れば、確実に減るのが燃料とタイヤです。

 

自動車の消耗品としての比率が高いのが、燃料です。

 

また、タイヤの性能が上がったと言っても自動車を運転すれば、確実に減ります。

 

乗らなくても、タイヤは、劣化します。ほとんどの自動車のタイヤは、5年での交換を推奨しています。

 

新車購入でそれほど走行距離がなくても2回めの車検のタイミングくらいでタイヤ交換を進められるのは、このような理由です。

 

タイヤは、自動車の安全に大きく左右するものですので、あまりケチらずに交換時期には早めに交換することをおすすめします。

 

タイヤの交換の際に気をつけなければ行けないのが、購入するタイヤの製造月日です。

 

同じメーカーの同じタイヤでも価格が異なることがあります。多くの場合、安く売られているタイヤは、製造年月日が古いことがあります。

 

ゴム製のタイヤは劣化することから少しの価格差なら製造年月日が新しい方が良いに決まっています。

 

タイヤの製造年月日は、タイヤに書かれています。下記の赤丸の部分です。

このタイヤの製造月日は、2019年の37周目ということになります。

 

ただ、知識がないとまだまだ、交換時期でもないのに進められるがままに交換する事にならないようにある程度の自動車の知識は、マイカーを所有するのであれば必要だと言えます。

 

これが、車も豆知識、雑学だと言えます。

もしものときに役立つ車の豆知識

自動車、車を運転していると予期せぬトラブルに合うこともあります。

 

車のトラブルでよく起こるのが、パンクとバッテリー上がりです。

 

これらの対処方法も車の豆知識で回避できたり、対処できることもあります。

 

他にも運転中のふとしたことやトラブルなども豆知識で対処できることもあります。

 

豆知識と言っていますが、自動車に詳しい人からすれば、常識なことも多く、知らない事自体が不味いということもあります。

 

ほとんどの車の豆知識は、難しいことなく、「何だ、そのようなことか」と思われることでしょう!

 

でも、いざというときに非常に役立つことが多いので、ぜひ、当サイトが紹介している車の豆知識を一読していただければ嬉しく思います。

今更聞けない車のボディタイプ

自動車の豆知識と言うよりは、これくらいは知っておきたい車の知識としてボディタイプがありますね!

 

セダン、ハッチバック、クーペ、ワンボックスなど車のボディタイプは、色々あります。

 

昔からあるボディタイプから時代とともに出てきたボディタイプなどもあります。

 

普段からよく聞いたり、見たりするボディタイプですが、なんとなくわかっていますが、実際に、言葉、文字にするほど理解していないというボディタイプもあると思います。

 

ここでは、車のボディタイプの豆知識を紹介したいと思います。

 

セダン

自動車の基本的なボディタイプで、フロントにエンジンルーム、乗車スペース、後部にトランクルームの3つに分かれているボディタイプです。セダンは、4ドアタイプが基本です。
一番、メジャーな自動車のボディタイプがセダンです。
クラウン、フーガ、BMW3シリーズ

 

クーペ

セダンタイプの車のデザインをスポーティかつ2名乗車にしたスポーツタイプの車をクーペと呼びます。スポーツカーと呼ばれる車の殆どがこのクーペタイプです。2ドアタイプがほとんどですが、4ドアタイプもあります。
スープラ、GT-R、86、フェアレディZなどがこのタイプです。

 

ハッチバック

ハッチバックの車とは、セダンタイプの車がエンジンルーム、乗車スペース、トランクルームに分かれているのに対し、エンジンルームと乗車スペース、荷物スペースが同じタイプ、エンジンルームと乗車、荷物スペースの2つに分かれている形状の車です。
トランクルームと乗車スペースが同じになっていることで荷物の出し入れが容易で、後部のまどが跳ね上げ式にドアになっています。

 

ステーションワゴン

ステーションワゴンとハッチバックは似た形状ですが、ステーションワゴンは、セダンタイプの車を2BOXにして乗車スペースを確保したタイプの車です。乗車スペースを確保したことで3列シートなどを装備したステーションワゴンもあり、ミニバンの登場までは、セダンタイプで乗車人数、積載を拡大した車として人気でした。

 

ワンボックス

ワンボックスの車は、字のごとく、1BOXでできた車です。エンジンスペースもシートしたなどにし、最大限に乗車スペースを確保した車です。商業バンタイプとワゴンタイプなどがあります。
乗用タイプのワンボックは、3列シートなど乗車人数も7〜8人を確保していることなど人、荷物を運ぶことに特化した車だといえます。

 

ミニバン

ステーションワゴンとワンボックスカーの良いところを取ったデザインがミニバンです。自動車のボディタイプでは比較的新しいタイプがミニバンです。エンジンルームは確保しつつ、乗車スペースを確保した2BOXタイプで3列シートを確保した車をミニバンと呼んでします。
人気もボディタイプで、ミニバンは、その使いやすさ、デサイン性からブームになっています。

 

オープンカー

オープンカーは、自動車の屋根がオープンに出来る車です。コンバーチブル、カブリオレなどとも呼ばれます。

自動車免許証の種類

自動車免許証、自動二輪免許証などを取得する際に自分が必要な免許種類を理解していないと行けないですよね!

 

自動車免許証の種類は、普通免許、大型免許、中型免許などがあります。これに免許の区分の第一種運転免許、第二種運転免許、仮運転免許の3種類に分けることができます。

 

ちょっとややこしくなってきましたが、要するに自動車免許の種類は、普通免許、大型免許に最近は、中型免許、準中型免許、大型特殊免許、小型特殊免許、普通二輪免許、中型二輪免許、大型二輪免許、原付免許になります。

 

自動車免許といえば、普通自動車免許のことを思う人がほとんどですが、普通自動車免許で運転できる自動車を正確に知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

ここでは、自動車免許の種類はもちろん、自動車の区分なども簡単に紹介したいと思います。

 

免許/運転可能な自動車 大型自動車 中型自動車 普通自動車 大型特殊自動車 小型特殊自動車 大型自動二輪車 中型自動二輪車 原動機付自動車
大型免許
中型免許
準中型免許 ○(準中型)
普通免許
大型特殊免許
小型特殊免許
大型二輪免許
普通二輪免許
原付免許

 

種類 運転できる自動車
大型自動車 11.0トン以上
中型自動車 11.0未満
準中型自動車 7.5トン未満
普通自動車 3.5トン未満
大型二輪 401cc以上の二輪車
中型二輪 250cc以上400cc以下の二輪車
原動機付自転車 50cc未満の二輪車
  このエントリーをはてなブックマークに追加