軽自動車の営業ナンバー、黒ナンバーとは

軽自動車にも営業ナンバー、仕事で金銭を頂いて品物を運んだりする車はありますね!

 

普通車やトラックの営業ナンバーなら緑ナンバーということはよく知られていますね!

 

運送会社のトラックやタクシーなど緑ナンバーですからね!

 

この軽自動車バージョンが、黒ナンバーです。

 

軽自動車で営業車徒して登録した場合、黄色ナンバーではなく、黒ナンバーでの登録になります。

 

軽自動車の営業者=黒ナンバーです。

 

軽自動車の営業ナンバーは、普通車の営業ナンバーよりも用意に取得できることから個人でも保有している方も多いですね!

 

軽貨物として宅配業務などをしている場合なども黒ナンバーでする必要があります。


黒ナンバーの軽自動車売却方法

軽自動車の営業車、黒ナンバーの中古車を売却、処分したいときにはどうすればよいのか?

 

普通に、中古車とて黒ナンバーの軽自動車も売ることが出来るのか?それとも手続きが必要なのか?

 

また、黒ナンバーの中古車は、高く売れるのか?それとも安く買われてしまうのか?

 

などを、紹介していきます。

 

黒ナンバーの軽自動車の売却は、特に問題なく売却は可能です。

 

普通の軽自動車と多少必要書類は違いますが、難しいことはないです。

 

また、査定や売却先も営業ナンバー、黒ナンバーだからといって殆ど変わりません。

 

軽自動車の営業車、黒ナンバーの売却に必要な書類

1、自動車車検証
2、印鑑
(個人の場合ー認印)
(法人の場合ー代表者印)
3、住民票
(法人の場合は商業登記簿謄本または、登録事項証明書、印鑑証明書)
4、旧所有者の印鑑
5、ナンバープレート
6、委任状
7、事業用自動車等連絡書
軽自動車検査協会で所得する書類
1、自動車検査書記入申請書
2、軽自動車税申告書
3、自動車所得税申告書

 

黒ナンバーの軽自動車の所有は、法人の場合も多いと思います。会社保有の場合は、商業登記簿謄本などが必要になります。

 

 

軽自動車の営業ナンバー、黒ナンバーの廃車に必要な書類

1、車検証(コピー不可)
2、印鑑(認印)
3、免許証のコピー
4、事業廃止届など
5、ナンバープレート
6、リサイクル券
7、自賠責保険

軽自動車の黒ナンバー、営業ナンバーを高く売る査定方法

軽自動車の黒ナンバーは、意外に需要が高い中古車です。

 

ただ、営業で利用していた軽貨物車などは、程度が悪く、走行距離も多いので、査定価格、買取価格は良くないと言うのが現状です。

 

中古車市場で需要が高いので、程度がよく、走行距離が少ない黒ナンバーの中古車査定は、上手にすれば高値での買取も可能です。

 

軽自動車の黒ナンバーの売却で、多くなっているのが、軽貨物の黒ナンバーです。

 

黒ナンバーの軽トラ、軽バンです。

 

需要の高く、専門的に買取している業者もあるので、査定先、売却先次第で、買取価格が大きく変わる事もあります。

 

そこで、当サイトでは、黒ナンバーの軽自動車を少しでも高く売るための査定方法を紹介しています。

 

まず、営業ナンバー、黒ナンバーの軽自動車は、その軽自動車、営業車の買取に興味のある業者、買取したい業者に査定に出すことが重要です。

 

普通に近所の中古車店に持ち込んでも良い結果にならないことがほとんどです。

 

まず、売却したい黒ナンバーの軽自動車の買取を希望する業者を探すために、ネットの車買取一括査定サイトを利用しましょう!

 

普通車、軽自動車の買取では実績もあり、評価も高いと思いますが、営業ナンバーの車の買取も大丈夫なの?

 

と思われる方も多いかもしれませんが、提携している業者が多い車買取一括査定サイトなら、黒ナンバーの軽自動車を扱う業者や営業ナンバーの買取興味のある業者を簡単に探すことが出来、無料で出張査定が可能です。

 

黒ナンバーの軽自動車の査定におすすめの車買取一括査定は以下に紹介しました。


黒ナンバー、営業者ナンバーの軽自動車の査定におすすめの車査定サイト

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

車買取一括査定サイトでも提携業者数が多いカーセンサーの車査定サイトは、営業車、軽自動車の黒ナンバーの買取にも実績が豊富です。 黒ナンバーの軽トラ、軽バンの売却でもマッチング率が高く、登録後にすぐに登録した車に興味のある業者から連絡が来ます。 黒ナンバーの軽自動車を早く、高く売りたい方におすすめの車買取一括査定サイトがカーセンサーネット簡単査定で決まりでしょ! カーセンサーネット簡単査定のおすすめポイント
カーセンサーのネットワークで提携業者数の多さは最大級
全国対応、大手から地域密着業者の査定依頼
簡単な登録で最大30社の査定依頼

ズバット車買取比較

 

ズバット車買取比較は、軽自動車、コンパクトカーの買取でも定評があり、黒ナンバーの軽トラの買取にも実績があります。。 黒ナンバーの軽自動車を高く買取する業者としては、大手の車買取チェーン店よりも営業車の軽自動車の中古車を積極的に販売している業者が高値で買い取る傾向にあります。 ズバット車買取比較は、専門的な中古車店との提携も多く、黒ナンバーの軽トラの査定を高くできる一括査定が期待できるでしょう! ズバット車買取比較のおすすめポイント
提携業者数も多く専門的な中古車店の提携もある
軽自動車、コンパクトカーなどの買取実績豊富
最大10社の査定で最高額の軽トラ買取

 

黒ナンバー、営業ナンバーの軽自動車の売却事例としては、軽貨物の仕事を始められた方が、仕事を辞める際に、購入した軽貨物、黒ナンバーの軽トラ、軽バンを売却するケースです。

 

軽貨物の仕事でのトラブルは多く、軽貨物車で、40万、50万円の給料を稼ぐには、寝る間も惜しんで働かなければ出来ないというのが現状で、軽貨物車を購入して仕事を始めたが、辞められる方は、結構多いそうです。

 

そのような方が、営業ナンバーを取得した軽トラを売却するというケースです。

 

ほとんど利用していない軽貨物車の場合もあり、そこそこの査定価格が出るケースもありますが、購入価格が、相場よりも高いということもあり、購入価格と売却価格の差額は大きくなるようです。

軽貨物車、営業車の売却先選び

軽貨物車、軽営業車の軽バン、軽トラは、買取に興味のある業者に売ることが高値で売却するコツです。

 

買取に興味のある業者とそうでない業者では、査定価格が相当な差額が出るのが普通です。

 

例えば、8年落ち、8万キロ走行した黒ナンバーの軽トラックの査定価格では、15万円以上の差が出ることもあります。

 

軽バン、軽トラは、中古車として人気、需要が高く、売れやすい中古車として積極的に買取している業者もあります。

 

軽自動車を専門的に扱う中古車店や軽貨物、営業車ヲ扱う中古車店がそれに当たります。

 

軽貨物、軽営業車の売却先としては、このような業者が向いていて、高値で買取してくれる確率も高いですね!

 

売却先探しには、上記の車買取一括査定サイトが、今のところ一番、有効で簡単です。

 

黒ナンバー、軽営業車の中古車売却は、上手に売れるか、下手な査定をするかで大きな買取価格の差が出ることから売却後に後悔しないためにも、ぜひ、この機会に査定依頼してください。もちろん、無料で利用でき、金額が納得できなければ、お断りしても大丈夫です。

黒ナンバー、営業ナンバーの軽自動車を黄色ナンバー、自家用ナンバーに

営業ナンバー、黒ナンバーで登録した軽自動車を、自家用、黄色ナンバーへの変更方法を紹介したいと思います。

 

上記では、黒ナンバー、営業ナンバーの軽自動車の売却を紹介してきましたが、売却せずに、自家用車として乗ることも可能な場合もありますよね!

 

また、営業ナンバー、黒ナンバーの軽自動車を購入した方で、営業車として利用しなくなった車を営業ナンバーから自家用車に変更するということもあるのではないでしょうか?

 

営業ナンバーの軽自動車を自家用車、黄色ナンバーへ変更するには、まず、陸運局で廃業届の提出が必要です。これで軽自動車運送事業廃止届書を受け取り、軽自動車運送事業廃止届書と外した黒ナンバープレートを持ち、軽自動車検査協会へ行き必要書類に記載して提出すれば、黒ナンバーから黄色ナンバーへの変更が可能です。

 

軽自動車を営業ナンバーから自家用ナンバーに変えれば、保険料なども安くなります。ただ、軽自動車税は、営業ナンバーの方が安くなっています。

 

黒ナンバーから黄色ナンバーへの変更は、比較的簡単に出来ますよ!

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

軽自動車が高く売れる理由!
軽自動車は中古車として高く売れると言われます。軽自動車を売るときに有利な訳と買取価格が高い理由を調べてみました、軽自動車売却前に知っておきたい高く売るれる本当の理由
軽自動車の自動車税、重量税などの諸経費
軽自動車の自動車税、重量税や諸経費を調べました。軽自動車は初年度登録から13年で増税があります。
軽自動車のリセールバリューと下取りランキング
軽自動車の車種別のリセールバリューと下取りランキングを調べました。3年、5年後でも買取価格が高い軽自動車の車種は?
値落ちしない軽自動車で損をしない車種選び
軽自動車は、残価率が高い車種が多く、値落ちしない車、軽自動車は多いと言えます。値落ちしない軽自動車の中でも特に将来高く売れる車種をランキングしました。
過走行の軽自動車の中古車は売れない
過走行の軽自動車の買取事情、査定相場を調べました。軽自動車で走行距離が多い中古車は売れないと言われる真実
軽自動車はディーラー査定で売るな
軽自動車の売却でディーラー査定で売ると損をする事が多いと言えます。ディーラー査定で損をする理由とは