フロントガラスの曇りを取る方法

フロントガラスの曇りは、車の運転では大敵、視界を損なわれ、危険ですよね!

 

ほとんどの場合、車を走行している最中に少しずつ曇りが出てきて、そのまま走行していると曇りが酷くなり、視界がどんどん悪くなりますね!

 

フロントガラスの曇りは、雨や雪の日によく起こります。

 

特に冬場や梅雨時期で車内が湿気ている場合に曇りやすいですね!

 

また、他人数の乗車でもフロントガラスの曇りが起こりやすいですね!

 

 

フロントガラスが曇りだしたら、曇りを取る必要があります。

 

そのままにしておいてもフロントガラスの曇りが改善する事はほぼありません。

 

フロントガラスの曇りを取る方法で一番、みなさんがする方法が、窓ガラスを開けることですね!

 

走行中に窓ガラスを開ければ、曇りは取れてくると言えます。

 

ただ、フロントガラスの曇りが出やすいのが、冬場や雨にひです。

 

窓ガラスの開閉が難しい日です。

 

フロントガラスの曇り取りの方法としては、外気を取り入れる、エアコンをつける方法です。

 

自動車には、内気循環と外気導入出来る機能があります。

 

普段は、内気循環にしている事が多いと思いますが、外気導入にすることで冬場や雨に日の曇りの解消に繋がりますが、曇ってからでは、曇りを取るまで時間がかかります。

 

フロントガラスの曇りをすぐに取りたいのならエアコンが有効です。

 

エアコンといえば、夏場の暑さを取ることに利用するだけと思われている方も多いと思いますが、暖房しつつ、エアコンをオンにするだけで、フロントガラスの曇がみるみる取れます。

 

冬場なら温度設定を高くしていてもエアコンをONすれば、車内の湿気が取れ、曇がなくなります。

 

運転中に、フロントガラスの曇りが気になりだした際には、エアコンのON、外気導入のスイッチ、窓開けです。

 

その中でも一番、早く曇りが取れて継続性があるのは、エアコンだと言えます。


フロントガラスの曇りは、なぜ起こるのか

フロントガラスの曇りは、なぜ起こるのか?

 

曇りの原因は、結露です。

 

家などでも窓ガラスに水滴がつく、結露ですね!

 

自動車のフロントガラスも結露が付き、曇になるのですね!

 

では、自動車の結露は、なぜ起こるのか?

 

フロントガラスの曇りが起こりやすいのは、冬場や梅雨時期の雨が多い季節ですね!

 

車の中の湿気が多くなることで、フロントガラスの曇は起こります。

 

自動車の車内の空間は狭く、人の息だけでもフロントガラスやサイドガラスが曇ります。

 

梅雨時期や雨、雪の日は、湿気が多く、フロントガラスが曇るのは、理解できますが、冬場は、乾燥する季節なのにフロントガラスが曇りやすいですね!

 

これは、車内を密閉していることにより、人の息での曇りが多くなります。

 

特に、自動車の多人数乗車した際には、曇りやすくなります。

 

冬場のフロントガラスの曇は、車の密閉状態での湿気で結露しやすくなるといます。

 

逆に、夏場は、フロントガラスの曇は起こりにくいと言えます。

 

エアコンの活用や車内の乾燥が起こりやすく、ほとんど結露、曇は起こることはないと言えます。

 

フロントガラスの曇は、車内の湿気による結露です。

 

湿気をなくせば、結露を防げ、フロントガラスの曇は起こりません。


フロントガラスの曇り まとめ

フロントガラスの曇は、運転において、視野が悪くなるだけでなく、走行中に曇りを拭き取りする公道など事故につながることも多いと言えます。

 

また、フロントガラスの曇りの取り方を知っているのと知らないとのでは、曇った際の危険度も違ってくると思います。

 

実際、フロントガラスの曇りは、エアコンだけで、ほとんど解消できると言えます。

 

また、予防として、市販されている曇り止めで処置しておけば、気もりにくくなります。

 

冬場等の場合、エアコンで曇りを取りということを知らない方も多く、寒いのに窓を開けたりしている方も多いですね!

 

もちろん、窓を開けたり、外気導入などでも曇りを取ることができますが、時間がかかることも多いことや、外気導入の場合、車の走行が前提に鳴ります。

 

フロントガラスが、大幅に曇ってからでは危険な運転にもなりかねません。

 

フロントガラスの曇りを取る方法で覚えてほしいのは、エアコンの活用で、簡単に曇りを取ることが出来るということです。

 

エアコンの活用方法を知っておけば、フロントガラスが曇ってきても慌てることなく、取ることが出来るので、冬場、雨、雪、梅雨時期でも安心して運転できると思います。

 

フロントガラスの曇りの取り方=エアコンの活用

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

雪国の駐車、都会人が陥りやすい失敗
雪国、雪の日の車の駐車で都会人が知らない常識と雪の日にこれだけは知っておきたい駐車方法と対策
バッテリーの寿命は?アイドリングストップでバッテリが危ない
バッテリーの寿命は何年?バッテリーの寿命とアイドリングストップでバッテリーの寿命が短くなる?最近の自動車のバッテリー事情を調べました。
エアコンは冬も使う方が良い|曇り予防の他にも理由あり
自動車のエアコンは夏場しか使用しない、エアコンは冬場に入れることがない方は注意、曇り予防だけではない冬場のエアコン活用
アイドリングストップのうそ本当、メリットとデメリット
アイドリングストックのメリットとデメリットを調べました。最近の車にはアイドリングストップは当たり前ですが、燃費や環境への配慮で良いことしか聞きませんが、デメリットもありますよね!主に悪いことを調べました。
ワンパーゴムの交換と長持ちさせるコツ!
ワイパーゴムの交換方法とワイパーゴムを長持ちさせる方法を紹介、ワイパーゴムのふき取りが悪くなると危険です。
車検を安くするための豆知識
車検を少しでも安くするために知っておきたい車検に必要な費用と節約できる費用を書きました。これだけで車検を安くできる。
自動車のエンジンオイルの交換時期
自動車、車のエンジンオイルの交換時期やオイル交換を怠ればどうなるのか?そもそもエンジンオイルの役割は何?などいまさら聞けないエンジンオイルの全てを解説しました。
ハイブリッドカーVS電気自動車 どっちが覇権を取る
ハイブリッドカー、電気自動車と環境にやさしいエンジンの進化、覇権争いは激化してきました。それぞれの良い面や悪い面、これからどちらの自動車が覇権を取るのかも注目されています。エンジンウォーズを独自の切り口で書いてみました。
リコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカー
リコールは自動車メーカーとしては当たり前に出ますよね!ただリコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカの傾向を独自目線で解説しました。
高速道路の右車線を走り続けると違反になるの?
高速道路は、2車線、3車線、多いところでは4車線有ることもあります。一番右の車線は、追い越し車線と呼べれ追い越し専用車線です。追い越し車線を走り続けると違反になるというのは本当なのか?
代車を借りるときの注意点、事故や破損のトラブル
車を修理に出す際や車検の際に代車を借りることがありますよね!代車を借りた際の注意点や事故や破損させた際の責任と修理代
運転免許証の自主返納 これでわかる必要書類と手続き
高齢者の運転免許証の返納で役立つ情報、自主返納を拒む方への納得させるコツや必要書類、手続方法などを書きました。
車のパンク パンクしたときに対処法
車を運転していれば1度くらいはパンクをする事があると思います。車のパンクの対処法や最近お車のパンクの処置などを紹介
ドライビングポジション、運転席、ハンドルの正しい調整
ドライビングポジション、運転席の前後幅、ハンドルの位置の正しい調整方法やポジションを紹介
ルーフキャリアの洗車機、燃費、車検
車のルーフキャリアは、いろいろな用途や荷物を運ぶことが出来るツールです。ただ、ルーフキャリアの取り付けで失われるものもあります。ルーフキャリアのメリット、デメリットを検証してみた
自動車の洗車、ワックス掛けは必要?
自動車の洗車、ワックス掛けは必要なのか?ワックスの役割と種類、なぜ、ワックス掛けをするのかなど車の洗車の豆知識
車の静電気 原因と対策 嫌なバチッとを無くそう
冬の車の静電気、バチッとくる原因と対策!嫌な静電気の解消、除去方法と便利グッズ、静電気対策はこれでOK!
自動車関連の都市伝説
自動車の関する都市伝説、昔は当たり前(常識)だったことが今では当たり前でないこと(非常識)や車の運転のあんな事こんなことを書いてみました。
自動車運転の優先順序、事故、違反のリスク
自動車の運転では優先順序があります。意外に知られていないことからあなり前の優先順序まで書きました。事故や交通違反のリスクの軽減にお役立てください。
フロントガラスのギラギラ、油膜の原因と予防
雨の日の車の運転でのフロントガラスのギラギラ、油膜は事故の原因にもなります。フロントガラスのギラギラの原因と解消方法、予防を紹介しました。