新型ランドクルーザー発売

新型ランドクルーザーが、2021年8月2日に発売されました。

 

ランクルユーザーには、待ちに待ったフルモデルチェンジです。

 

どのような、ランドクルーザーになったのかが気になるところですが、トヨタのランドクルーザーは裏切らない出来ですね!

 

ただ、発売後すぐに、1年待ちとの情報です。

 

 

それでは、新型ランドクルーザーの目玉は何でしょうか?

 

外見は、旧モデルを少し進化させたデザインと思われます。

 

盗難の多いランクルですので、新型モデルでは、指紋認証が導入されています。

 

これで少しは、盗難の抑止になれば良いのですが・・・

 

また、旧モデルよりも約200kgの軽量化が図られています。

 

筆者が気になったのが、「GR SPORT」モデルの発売ですね!

気になる心臓、エンジンは、

 

V型6気筒ツインターボで3.5リッターガソリンと3.3リッターディーゼルエンジンです。

 

変速が10速AT

 

これだけでも、新型ランドクルーザーは、魅力十分ですね!

 

流石に、ハイブリッドカーや電気自動車とは、なりませんでした。

 

だからこそ、どこでも安全に行くことができる自動車、ランドクルーザーだと言えます。


ランドクルーザー300とランドクルーザー200を比較

新型ランドクルーザーとランドクルーザー200を簡単に比較してみました。

 

モデル ランドクルーザー300 ランドクルーザー200
全長 4950ー4985mm 4950mm
全幅 1980ー1990mm 1980mm
全高 1925mm 1880mm
ホイールベース 2850mm 2850mm
エンジン V型8気筒ツインターボ 3.5ガソリン/3,3ディーゼル V型8気筒 4,6ガソリン
変速 10速 AT 6速 AT
WLTCモード燃費 7.9km/L〜9.7km/L 6,7km/L〜6.9km/L

 

 

新型ランドクルーザーのグレード

新型ランドクルーザーは、ガソリン車、ディーゼル車が用意されています。

 

オフロードカーは、タフでトルクのあるディーゼル車が人気になりそうですが、

 

新型ランドクルーザーのディーゼルモデルは、2グレード設定です。

 

ガソリン車は、5グレード用意されました。

 

エンジンですが、ガソリン、ディーゼルともにV型6気筒ツインターボです。

 

ガソリン車が、3.5Lでディーゼル車が3.3Lと前モデル、ランドクルーザー200よりも排気量はダウンしています。

 

最近の自動車の傾向としては、排気量のダウン、ターボなどでパワーアップの傾向があります。

 

 

新型ランドクルーザーも排気量のダウン、ツインターボでパワーUPしています。

 

特に新型ランドクルーザーは、ディーゼルモデルの復活ですね!

 

ランクルユーザーには、待ちに待ったディーゼルモデルだと言えます。

 

新型ランドクルーザーのグレードは以下の通りです。

 

ZX ガソリン(730万円)/ディーセル(760万円)
GR SPORT ガソリン(770万円)/ディーセル(800万円)
VX ガソリン(630万円)
AX ガソリン(550万円)
GX ガソリン(510万円)

 

ランドクルーザー トヨタ公式ページ

  このエントリーをはてなブックマークに追加