輸入車、外車の右ハンドル、左ハンドルのどちらを選ぶ

国産車の購入では、悩みことがない、右ハンドル仕様と左ハンドル仕様は、輸入車、外車では、選ぶことができる車種、モデルが多いですね!

 

以前は、外車といえば、左ハンドル仕様は殆どで、左ハンドルしか選べないことも多かったのですが、日本仕様車として右ハンドル仕様のモデルも多くなっています。

 

輸入車の購入の際には、多くの車種で、右ハンドル、左ハンドルが選べるようになってきました。

 

そこで、輸入車、外車の購入の際に、右ハンドルにするか、左ハンドルにするのかを悩む方も多くなっています。

 

輸入車購入の際に、右ハンドルか左ハンドルか、どちらを選べば後悔しないのかを、いろいろな角度から検証しました。

 

「外車といえば、左ハンドルでしょう!」という方もいれば、

 

「日本では、左ハンドルは不便で危険」という方もいます。

 

また、将来売却する際に、輸入車は、右ハンドルの査定が低いなどと言われることもあります。

 

それらを検証して、輸入車の右、左ハンドル選びに役立つ情報を提供できればと思い書きてみました。

 

どうぞ、輸入車、外車の購入の際の参考にしてください。


輸入車、外車は、右ハンドルを選ぶべき理由

輸入車、外車でも日本国内で乗るなら右ハンドルが良いに決まっています。

 

まず、左側通行の日本では、左ハンドルは、何かと不便で運転しにくいと言えます。

 

左ハンドルを一度でも運転したことのあるドライバーさんならおわかりでしょうが、交差点での左右の確認もしにくく、高速道路での券を取るとき(ETCで解消)や有料ガレージでの券や支払いの際、駐車する際などでも左ハンドルの車は、難しいこともあります。

 

また、左ハンドルの車は、助手席が右側になります。当たり前ですが

 

左ハンドルの車の助手席に妻や子供を乗せることに抵抗を持つ方も多いのではないでしょうか?

 

対向車と衝突すれば、まともに助手席側が危ないですからね!

 

大事な人を危険に合わすことは避けたいですからね!

 

このことからも運転に関しては、輸入車、外車でも右ハンドルを選ぶべきではないでしょうか?

 

右ハンドルを選べる輸入車、外車の購入は、迷っわず、右ハンドルだと思います。

 

ただ、輸入車、外車ならではの左ハンドルの魅力も書きました。


輸入車、外車は、左ハンドルでこそ価値あり

輸入車、外車を購入するのだから、左ハンドルを選ぶのはあなり前と言われる方も多いのではないでしょうか?

 

上記の不便さ、安全性を踏まえても、外車は、左ハンドルでしょう!

 

特に輸入車でもスポーツカー、高級モデルの輸入車の場合、左ハンドル仕様でないと価値がないと言われる方も多いですね!

 

実際、左ハンドルでないと売却の際の査定価格に差が出る車種、モデルもあります。

 

輸入車、外車で、左ハンドルを選ぶ理由としては、その車種の価値、左ハンドルへの憧れ、異性への受け、高級車としての見栄

 

等様々ですが、せっかく輸入車、外車に乗るなら左ハンドルに乗りたいですね!

 

左ハンドルは、何かと不便で運転に気を使いますが、それ以上に左ハンドルには魅力を感じるのは私だけでしょうか?

 

将来の査定価格も考えて、輸入車は、左ハンドルを選ぶという選択です。

 

外車は、左ハンドルだからこそ価値があると思います。


結局、外車のハンドルは、右、左のどっちを選ぶ?

輸入車、外車の右ハンドルと左ハンドルのことを上記で書いてきました。

 

しかし、結局の所、外車の購入の際に、どちらのハンドルを選ぶかは、車種やモデルでも違いますし、購入する方の考え方1つだと思います。

 

安全、運転のしやすさから言えば、日本は自動車が左側通行ですので右ハンドルです。

 

外車、輸入車の見た目や見栄を優先するなら左ハンドルかとも思います。

 

日本に輸入されている輸入車、外車の殆どが、右ハンドルを選べるようになってきている今では、右ハンドル化左ハンドルかで悩むことになるかもしれませんが、後は、購入者がどれを優先するかではないでしょうか?

 

ワーゲン、メルセデス、BMW、アウディのコンパクトやセダンタイプは、右ハンドルが、メジャーになっていると言えます。

 

逆に、ポルシェやクーペ、スポーツタイプの輸入車は、左ハンドルがメジャーだと言えます。

 

輸入車、外車は、左ハンドルという考えは、古い考えかもしれませんが、せっかく外車を所有するのであれば、左ハンドルの選択は正解かもしれません。

  このエントリーをはてなブックマークに追加