軽自動車の買取査定の現状

軽自動車は、新車でも中古車でも人気がある車種、モデルが多いですね!

 

軽自動車は、中古車でも高く売れることから高く売れると言われます。

 

しかし、実際、軽自動車の中古車を査定に出して見て、あれ、高く売れない、査定価格が安くないですか?

 

という思いをされる方も多いのですね!

 

 

軽自動車の査定は査定に出す業者、ディーラーや中古車店、車買取店などによって買取金額に差が出ることや査定に出すタイミング、売却のタイミングで買取価格が10万円以上の差になることも普通にあります。

 

中古車で高く売れると言われる軽自動車も売り方、査定方法で得することもあれば損をすることもあります。

 

当サイトでは、軽自動車の中古車売却で損をしない査定、中古車買取相場よりも10万円高く売ることを目的に紹介しています。

 

軽自動車を相場よりも10万円高く売る

 

損をしない軽自動車の売却

 

売却後の後悔したいためのさてい方法

 

これらを可能に出来る査定方法や複数業者の査定を比べる、比較することです。

 

それを誰でも簡単に出来るのが車買取一括査定サイトだと言えます。

 


軽自動車の買取で損をする査定とは

軽自動車の中古車を売却や査定に出す際に

 

損をしない、安く売却しない為にこの査定方法では高く売れにくい、

 

査定価格が安くなるなど損をする査定を検証しました。

 

軽自動車は中古車で高く売れる車種やモデルが多いと言われています。

 

しかし、査定方法では10万円以上の損をすることもあります。

 

軽自動車の査定で損をする査定とは

 

ディーラー査定や下取りだけで即決する
近所の中古車店に持ち込んで査定する
キズやへこみなどを修理してから査定に出す
売却する中古車の情報なしで査定に出す
1社、1業者だけの査定で即決する
その軽自動車の買取に興味のない業者に査定に出す

 

要するに、軽自動車の査定で損をしたくないのなら最低でも2社以上の業者の査定を受ける。

 

1社だけの査定で即決しないことが重要だと言えます。

 

また、あらかじめ売却する軽自動車の中古車買取相場が調べることが出来るなら知っていた方が有利な査定が出来ます。

 

軽自動車を廃車にするには

中古車で人気の軽自動車でも年式が古い、走行距離が多い、程度が悪い等の場合、中古車店や車買取業者の買取や引取が無理な場合もあります。

 

また、その様な軽自動車をネットの車査定サイトに登録したとしても連絡が来ないということもあります。

 

このような軽自動車の処分方法としては廃車という選択になりますね!

 

軽自動車の廃車方法や廃車するために必要な費用などを簡単に紹介したいと思います。

 

また、無料で軽自動車を廃車にする方法なども紹介しています。

 

では、まず、軽自動車の廃車ですが、

 

軽自動車の廃車も解体返納届(永久抹消登録)と自動車検査証返納届(一時抹消登録)です。←()内は普通車での呼び方です。

 

廃車方法で必要な書類も多少違いがありますので見ていきましょう!

 

軽自動車の軽自動車検査証返納届(一時抹消登録)と解体返納届(永久抹消登録)にするために必要な書類

自動車検査証返納届(一時抹消)< 解体返納の提出(永久抹消)
必要書類 ・車検証

・ナンバープレート2枚
・所有者の認印

・車検証

・ナンバープレート2枚
・所有者の認印
・リサイクル券
・移動報告番号と解体通知日のメモ

軽自動車検査協会で用意できる書類 ・自動車検査証返納証明書交付申請書

・自動車検査証返納届出書
・軽自動車税申告書

・解体届出書

・軽自動車税申告書

費用 ・申請手数料350円 ・レッカー費用

・解体費用

 

普通車の廃車よりも必要な書類や提出先が異なりますが、廃車手続きは、手間がかかります。

 

軽自動車検査証返納届(一時抹消登録)は、自分で手続きするのが良いと思いますが、解体返納届(永久抹消登録)は、廃車にする軽自動車を解体業者まで運ぶなためのレッカー代だど費用も必要になります。

 

永久抹消、完全に軽自動車を廃車にしたい方は、廃車費用を控える方法があります。

 

そうです。

 

廃車買取業者を利用する方法です。

 

地域や軽自動車の程度によってすべての軽自動車が引き取りしてもらえるというわけではありませんが、ほとんどの場合、軽自動車は、引取や買取が可能です。

 

買取というのは、1万円ほどの金額がつくことも有るということですが、廃車を検討している軽自動車を無料で引取してくれて、廃車もしてくれるなら、ラッキーですよね!

 

廃車にしたい軽自動車を買取や無料引き取り、廃車手続きを代行してくれる廃車買取サイトを下記に紹介しました。

 

 

軽自動車の売却はなぜ、ディーラー査定が不利になるのか?

軽自動車の中古車を売却する際に、ディーラー査定や下取りは損をすることが多いと書きました。

 

しかし、売却する軽自動車を販売しているディーラーなら中古車も高く買取してくてるのではないの?

 

と思いますよね!

 

しかし、実際に軽自動車の査定でディーラーと中古車店、車買取店の買取価格を比べた際、ほとんどがディーラー査定が低くなると言えます。

 

 

軽自動車の中古車は人気の車種、モデルが多く中古車市場では売れやすいと言えます。

 

中古車店や車買取店でも売れやすい中古車は、積極的に買取してくれる業者が多く、査定に出されれば、最低でもディーラー査定や下取り価格よりも高値で買取すると言えます。

 

例えば、ディーラーが中古車店や車買取店よりも中古車を高く買取した場合、中古車店は売る為に中古車の仕入れがほとんどできなくなります。

 

商売できなくなる、中古車店の廃業が増えるのではないでしょうか?

 

中古車店や車買取店は、中古車として売れやすい車、車種は積極的に買取しています。

 

軽自動車の中古車は、売れやすい、売りやすいので中古車店としても在庫として保管するリスクも少なく

 

少しくらい高値で買い取りしても利益になりやすいからディーラーよりも高値で買取していると言えます。

 

ここまで読めば、ディーラー査定や下取りが不利になるのかがお分かりいただけたと思います。

 

ただ、軽自動車の中古車でも中古車として需要がない車、

 

例えば高年式で過走行車、10万キロ以上走っているような車では、

 

ディーラーも中古車店もそれほど査定価格が変わらないこともあります。

 

逆に軽自動車の中古車でも中古車店の店頭に並べればすぐに売れるような中古車の場合、

 

ディーラー査定や中古車買取相場よりも10万円以上高く売れることもあります。


軽自動車の買取相場とリセールバリュー

軽自動車はリセールバリューが高いと言われています。

 

メーカー、車種別に3年後、5年後の中古車買取相場と残価率、リセールバリューを調べました。

 

1年1万キロ前後の計算の中古車査定価格、買取価格から買取相場を掲載しています。

 

3年落ちなら3万キロ、5年落ちなら5万キロ前後の中古車査定相場です。

 

最新の軽自動車買取価格から計算、掲載をしていますが、多少の金額のずれはあります。

 

参考までにしてください。

 

スズキの中古車買取相場とリセールバリュー

車種 3年落ち 5年落ち 3年後残価率

ワゴンR

48〜95万円

35〜75万円

68%

スペーシア

63〜122万円

54〜100万円

74%

ジムニー

75〜135万円

68〜118万円

78%

ハスラー

70〜130万円

63〜115万円

76%

エブリイワゴン

80〜123万円

65〜99万円

75%

 

ダイハツの中古車買取相場とリセールバリュー

車種 3年落ち 5年落ち 3年後残価率

ムーヴ

50〜100万円

33〜78万円

69%

タント

75〜140万円

54〜128万円

76%

コペン

99〜152万円

90〜140万円

78%

ウェイク

80〜142万円

70〜130万円

77%

アトレーワゴン

88〜131万円

68〜110万円

75%

ミラ(イース)

40〜65万円

15〜50万円

72%

 

ホンダの中古車買取相場とリセールバリュー

車種 3年落ち 5年落ち 3年後残価率

N-BOX

82〜153万円

55〜128万円

78%

N-WGN

63〜120万円

45〜95万円

74%

N-ONE

65〜130万円

45〜100万円

75%

バモス

90〜128万円

65〜100万円

74%

S660

130〜170万円

---

78%

アクティトラック

28〜74万円

10〜65万円

73%

 

軽自動車のリセールバリューをもっと詳しく見る

軽自動車の買取査定が普通車よりも高いと言われる訳

軽自動車は、中古車として高く売れると言われていますよね!

 

新車で購入して3年後、5年後に売却しても高く売れるから損をしない、使った分だけの金額で売れるなどなど

 

軽自動車のイメージは、普通車よりも3年後、5年後の残価率が高く、損をあまりしないで売ることが出来る、諸経費も安いので得だ!

 

など、軽自動車は、自動車の中でも損をしない車として人気や販売台数にも表れています。

 

 

軽自動車は、本当に普通車よりも高く売れるのか?

 

残価率は高いのか?

 

軽自動車でも普通車よりも高い残価率の車もあれば安い車もあると言えます。

 

また、逆に普通車でも人気の軽自動車よりも残価率が高く、高値で買取してもらえる車もあります。

 

しかし、軽自動車は、損をしにくい、買取価格が高いと言われる理由は?

 

例えば、新車価格が500万円の車を3年後に250万円で売却したとしましょう!残価率50%です。

 

軽自動車の新車価格が150万円で3年後に75万円で売却したとして残価率が同じく50%です。

 

しかし、500万円で買った普通車は、3年後に売却しても250万円のマイナスです。

 

150万円の軽自動車は、3年後に売却した際に75万円で75万円のマイナスです。

 

同じ残価率でも高額な車の方が、マイナス金額が大きくなり損をする意識も違ってきますよね!

 

新車価格が安い軽自動車は、中古車買取価格が安くても損をする金額が抑えることが出来るので、結果的に高く売れたと思われる方も多く、

 

高く売れる車、損をしない車というイメージが軽自動車にはあるのではないでしょうか?

 

また、軽自動車は、2台目の車として購入されるケースが多く、新車ではなく中古車で探す方も多いことから中古車価格が安定しています。

 

中古車で売れやすいのが軽自動車の査定価格が下がらない理由の1つだと言えます。

 

経費も安く、セカンドカーや妻の車としての購入で中古車という選択になりやすい軽自動車の中古車は、下がりにくいと言えます。


軽自動車の買取価格を10万円アップする査定方法

軽自動車は、中古車でも人気車種が多く、買取業者によっては10万円くらいの査定価格の差が出ることも珍しいことではありません。

 

何の情報も手に入れずにディーラーや中古車店に持ち込んで査定して売却した場合、10万円以上の損をすることもあると言えますね!

 

3年落ちの軽自動車中古車の買取価格は60万円〜120万円前後の車種が多く、この金額で10万円以上の差は大きいですよね!

 

10万円あれば、次に購入する車の頭金やオプションの購入にも役立ちます。

 

仮に、新しい車への買い替えでの売却、下取りの場合、次に購入する車の値引きは10万円〜20万円の価格帯だと思います。

 

値引き金額を後10万円してもらうことはほぼ不可能だと言えます。

 

しかし、下取りに出す車を10万円高く売ること、下取り金額よりも高く買取してくれる業者を探すことは値引き交渉をするよりは楽で成果が上がりやすいと言えます。

 

新車価格は、定価が決まっていますが、中古車販売価格や買取価格は、正確な定価というものはありません。

 

定価はないので販売価格も違えば、買取価格も業者によって違います。

 

ですので、中古車の場合、売却先のよって買取価格が違ってきます。その差額が軽自動車なら10万円くらいの差が出るということです。

 

軽自動車の中古車を10万円高く売る査定方法として当サイトがおすすめしているのが複数査定、一括査定です。

 

売却する軽自動車の中古車の買取を希望する業者の査定を複数受けると方法です。

 

これを誰にでも簡単にできる方法が、ネットで登録できる車買取一括査定サイトです。

 

数ある車買取一括査定サイト中でも軽自動車の買取に強いサービスを下記に紹介しました。

 

どのサービスも無料で利用出来、軽自動車の中古車買取に積極的な業者の提携が多いので10万円UPの査定に期待が出来ます。

 

軽自動車の新車価格もここ数年で高くなったことで、軽自動車の買取価格を10万円アップは比較的容易で、それ以上、20万円アップなども聞かれるようになっています。

 

知らないと軽自動車の売却で10万円以上損をすることもあります。

 

 


軽自動車の一括査定におすすめの車買取一括査定サイト

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

提携業者数では、車買取一括査定サイトの中ではトップクラスで全国に1000社以上と提携しているのがカーセンサーネット簡単車査定 カーセンサーのネットワークなら提携業者数が多いのは当たり前ですが、カーセンサーネット簡単査定の強みは、専門業者なども多いことで、軽自動車でもジムニーやコペン、S660や軽トラ、軽バン、カスタムカーなどの買取にも強いことです。 また、高年式で査定価格が期待できない軽自動車の査定もカーセンサーネット簡単査定がおすすめです。

ズバット車買取比較

 

ズバット買取比較は、利用者の満足度が高い老舗の車買取一括査定サイトで提携業者数も多くおすすめのサービスです。 特に人気車種、N-BOXやタント、ハスラーなどの中古車買取査定では高値査定が期待できる車一括査定サイトです。 利用者数、登録者数も業界トップクラスで、高値査定での買取実績も豊富ですので、ディーラー査定よりも10万円高く売る為の査定でも期待できると言えます。

ナビクル車査定

 

軽自動車の中古車買取、特に人気車種、低年式モデルの査定に強い車買取一括査定サイトがナビクル車査定 簡単な登録で最大10社の提携業者の査定依頼が出来ます。平均5社程度の査定を取ることが可能 ナビクル車査定は、車買取一括査定サイトの中では提携業者数は多くありませんが、提携業者を厳選していることで女性の利用者にも安心できるサービスだと言えます。 軽自動車の売却は、女性の方も多いと思いますので、ナビクル車査定はおすすめ出来る一括査定です。 もちろん、軽自動車の中古車査定や買取実績も多く、利用者の満足度、高価買取でも高い評価を得ています。

軽トラの中古車が熱い、高値で取引される軽トラックの中古車事情

軽自動車の中古車の中でも軽トラ、軽トラックの中古車が人気、需要が高まっています。

 

軽トラの中古車は、軽自動車の中古車では珍しく年式が古くても売れることが多く、10年落ち、20年落ちの軽トラでも取引が成立することが多く、しかも結構良い買取金額で出ることもあります。

 

軽トラは、新車価格もそれほど高くないので査定価格も30万円から60万円前後が多いのですが、年式、程度の割りに高く売れやすい車種、モデルだと言えます。

 

また、最近は、軽自動車では珍しく海外でも人気が高まっています。特に軽トラのカスタムカー、改造車が人気で軽トラカスタムなどで検索すると結構な数のカスタムカーが出てくるほど人気です。

 

 

軽トラの中古車は需要が高いので買取してくれる業者も多くなっています。それに伴い買取相場も上がっていると言われています。

 

軽トラは、高く売れると言われているのは、高く売れるというよりも以前よりも人気が高くなってきていることから査定価格が上昇している方だと思われます。

 

上手に売れば期待上での売却も出来るのが軽トラの中古車だと言えます。

 

軽トラの中古車は売り訳なってきていることから、軽トラの中古車買取に積極的な業者や最近は海外中古車ディーラーなどでも高値での買取が期待できるようになっています。

 

「軽トラの中古車が熱い」

 

と言われるのは、海外でも人気が高まってきていることやカスタムカーとしても人気が高くなっていることがプラスして需要が高くなっているからではないでしょうか?

 

軽トラの中古車売却でも売却する軽トラの買取に興味のある業者に売却することが重要になってくると言えます。

 

間違ってもディーラー査定だけで売却しないでください。

 

軽トラの中古車は、ディーラーでは低い評価、査定価格になることがほとんどです。

 

軽トラ買取査定ガイド


軽自動車を売却する際の必要書類

軽自動車の売却や処分の際に必要な書類は、普通自動車とは少し違います。

 

ここでは、軽自動車を売る際にあなたが用意する書類を紹介しています。

 

売りたい軽自動車を査定に出す前に、

 

「どのような書類を用意しなければいけないのか?」

 

「必要な書類を紛失や再発行したい」

 

など軽自動車の処分に必要な書類を紹介しています。

 

軽自動車の売却に必要な書類で再発行はそれほど難しくはありません。

 

しかし、必要書類を揃える方法がわからない、再発行するのが面倒で売却を後回しにしては損をする金額も大きくなると言えます。

 

軽自動車の中古車も日々値段が変化しています、ほとんどの軽自動車の中古車が時間と共に値下がりしています。

 

売却の際の必要書類を揃えられない、紛失してしまっていることで売却や査定を後回しにることはもったいないことです。

 

書類が全部あれば早く売りたいのに、書類がないので売却できないなどでお悩みの方に

 

軽自動車の売却に必要な書類とその書類の中でも紛失してしまっている書類の再発行方法を紹介しました。

 

軽自動車の売却に必要な書類は

 

1、自動車検査証
2、自賠責保険証
3、納税証明書
4、リサイクル券
5、住所を証明する書類

 

以上の5書類が主な書類です。

 

軽自動車の売却では、普通車の売却で必要な印鑑証明書や委任状などが必要ありません。

 

印鑑も認印でOKです。

 

売却する店舗によっては、実印や委任状などが必要と言われることもありますが、

 

基本、軽自動車の売却での名義変更には、上記の5書類で出来ます。

 

ただ、車検証と本住所が異なる場合、引越しなど

 

住民票が必要になります。

 

また、結婚などで車検証の名前と違う場合は、戸籍謄本が必要になります。

 

 

軽自動車の売却に必要な書類の紛失した場合

上記の軽自動車の売却に必要な書類を紛失してしまった際の再発行などの方法を紹介したいと思います。

 

1、自動車検査証
ナンバープレートを管轄する軽自動車検査協会(軽自動車は陸運局ではありません)
わからない場合は、お住いの市+軽自動車検査協会で検索してください。

 

2、自賠責保険証
自賠責保険の加入の保険会社で再発行が可能です。

 

3、納税証明書
市役所で再発行で出来ます。郵送などでも対応可能です。市役所にお問い合わせください。

 

4、リサイクル券
リサイクル券の再発行はできません。自動車リサイクル料金の預託状況が証明書の代わりになります。
車検証の車体番号、登録番号で調べることが出来ます。詳細は「自動車リサイクルシステムで」

 

5、住所を証明する書類
こちらは、住民票のコピーなどあなたのお住いの住所を証明する書類です。

 

必要書類の再発行はどれも簡単に出来る書類ばかりです。

 

軽自動車の売却を検討中で、必要書類の紛失などで売却を先送りにしている方は、

 

上記のように簡単に書類の再発行が可能ですので、

 

すぐに査定に出して売却することで先送りして査定価格が下がるリスク、

 

損失を軽減できるので、この機会に軽自動車の中古車査定が有利になる査定方法を試してください。


軽自動車、メーカー、車種別の魅力、詳細

軽自動車メーカーとしては、ダイハツ、スズキが2代巨頭ですね!

 

軽自動車販売台数でもダイハツ、スズキが多く、ホンダが続きます。

 

ホンダも軽自動車の販売に積極的になったメーカーで最近は、人気車種のN-BOXなどを販売しています。

 

一方で、ホンダは軽トラや軽バンなどの販売から撤退しています。

 

2018年7月にアクティバンの発売終了

 

2021年6月に軽トラのアクティトラックの発売が終了しています。

 

 

国内の軽自動車販売は、トヨタ、日産、マツダ、スバルなどもしていますが、そのほとんどがOEM車で、製造販売ではありません。

 

軽自動車を製造販売しているのは、ダイハツ、スズキ、ホンダになります。

 

ここでは、軽自動車をメーカーや車種ごとに紹介しました。

 

OEM車も含め、軽自動車の買取査定ガイドです。

 

ダイハツ

ダイハツの軽自動車は、トヨタ系列になったことで、魅力のあるモデルが多くなったように感じられます。特に装備は、充実したのではないでしょうか?
その結果、軽自動車販売台数でスズキを抑えてトップになったという実績が有るのではないでしょうか?

 

それでは、ダイハツの軽自動車の魅力を簡単に紹介したいと思います。

 

ムーヴ

ダイハツの代表車種でも有るムーヴは、スーパーハイトワゴン全盛の軽自動車ですが、その中でも販売台数が多い車種がムーヴです。
ムーヴのは、ノーマルモデルのムーヴとカスタムモデルのムーヴカスタムが発売されています。
どちらも人気があるモデルですが、カスタムは、特に人気が高いモデルです。
価格も最近の軽自動車の価格高騰を考えるとリーズナブルなモデルではないでしょうか?
装備や安全性も充実したダイハツのムーヴは、お買い得な軽自動車の1台だと言えます。

 

タント

タントは、ダイハツの車種の中で一番販売台数が多い人気モデルです。スーパーハイトワゴンとして充実した装備は、ダイハツの主力車種で男性にも女性にも人気で、特にお子さんのいる家庭、ファミリカーとしても人気を集めています。
タントには、ノーマルモデルのタントと、カスタムモデルのタントカスタムがあります。カスタムモデルは、充実の装備で価格も軽自動車の中では高額モデルですが、売れています。
タントの魅力の1つが、ピラーレスですね。ドアとドアの間の支柱がないことで、乗車が楽で荷物の積み下ろしも驚くほど楽です。
なんと言ってもドアを開放した際の開放感は、ピラーレスのタントならではで、他の車種では味わえない魅力です。
軽自動車として少し価格は高くなりますが、将来の査定価格も考えると決して高い車種、モデルではないかも知れません。

 

ミラ

ダイハツのミラと言えば、一世代前の人気車種で、今もそこそこ売れている軽自動車です。装備の充実や安全性も高い割に価格面で魅力のある軽自動車がミラシリーズだと言えます。
ミラシリーズには、ミライース、ミラとトコットが発売されています。
ミラというモデルは今は発売されていませんが、ミライースとトコットとしてミラのDNAは受け継がれています。
装備、安全性などを考えれば、ミラシリーズは魅力のある軽自動車です。

 

コペン

コペンは、軽オープンカーとして初代モデルから人気があります。カスタムカーベース車としても人気があるコペンですが、マニア車的な軽自動車でもあります。
初代コペンは人気を博しましたが、2代目コペンは、少し苦戦したモデルではないでしょうか?
軽自動車のオープンカーモデルとしてホンダのS660の発売が終了することを受け、コペンには頑張ってもらいところです。
ダイハツ車の魅力を存分に楽しむことが出来るコペンはセカンドカーとしても魅力のある軽自動車だと言えます。

 

タフト

タフトは、ダイハツ車の中ではまだ新しいモデルで、今人気があるSUVの軽自動車版です、スズキのハスラーの人気からそのライバル車として発売されたのがタフとだと言えます。
タフトも魅力のある軽自動車ですが、ジムニー、ハスラーの牙城を崩すことは、まだ出来ていないと言えます。
ダイハツのタフトは、魅力のある軽自動車ですが、まだまだ販売台数では苦戦をしいいられていると言えます。

 

 

スズキ

スズキの軽自動車は、個性的なモデルから人気のスーパーハイトワゴンや本格4WD車のジムニーまで魅力の軽自動車を多く発売しています。ダイハツに販売台数でトップを奪われていますが、その差は少しで、軽自動車ではスズキは、人気車種を多く抱える自動車メーカーです。

 

ワゴンR

ワゴンRは、スズキの代表車種で、累計の販売台数もトップクラスで今も人気のモデルです。ダイハツのムーヴ同様、スーパーハイトワゴン人気で販売台数は減少傾向にありますが、ワゴンRは、今後も安定した人気の軽自動車だと思います。
ワゴンRもハイブリッドモデルになり燃費性能の向上や安全性の向上で魅力のある軽自動車です。
価格面でも装備の割に抑えられている感が強い軽自動車がワゴンRです。

 

スペーシア

スズキのスペーシアは、スーパーハイトワゴン御三家の中では、販売台数も少ないモデルですが、デザイン、装備、安全性などは充実していると言えます。また、燃費もよく、タント、N-BOXに引けを取らないモデルですよね!
スペーシアは、ノーマルモデル、カスタムモデルに加えて、アウトドアで映えるスペーシアギアもあります。
価格は、スーパーハイトワゴンらしく、軽自動車では高額モデルですが、充実の装備を考えれば、割高感はそれほど感じないのでないでしょうか?
ファミリーカートしても趣味の相棒としても魅力のある1台がスペーシアシリーズだと言えます。

 

ジムニー

スズキの軽自動車と言えば、ジムニーは外せません、新型ジムニーの発売以来、新車購入に1年待ちは当たり前の人気車種です。本格4WDの軽自動車としてはライバル車も見当たらないジムニーは、人気はもとより、耐久性も評価が高い軽自動車で長く乗ることが出来る車としても人気があります。
スズキのジムニーは、中古車として高値で売買される車として売却の際にもその魅力を感じられる車種だと言えます。

 

ハスラー

ハスラーは、そのデザインから男性にも女性にも人気がある軽自動車で、軽SUV車としても人気が高く、販売台数が多い軽自動車です。モデルチェンジ後も人気の衰えも感じられないハスラーは、中古車市場での人気が高いモデルで、査定価格も安定しています。
ハスラーのライバル車として発売されたダイハツのタフトも苦戦していることからも分かるようにハスラーは、軽SUVとしては一番人気が高いモデルです。
女性に人気のある軽自動車は、中古車でも値崩れが少ないと言われています。

 

アルト

スズキのアルトは、軽自動車の価格面での魅力が高いモデルで、装備を簡素化したモデルで、装備よりも価格面で選ぶことが出来る数少ない軽自動車だと言えます。ハイブリッドモデルも有り燃費も抑えられ、軽自動車の魅力を存分に感じられる1台だと言えます。
アルトの魅力は従来の軽自動車の魅力だと言えます。

 

ラパン

スズキのラパンは、女性に人気の軽自動車でデザインも女性向けのデザインがラパンの魅力ですね!女性に人気の軽自動車は、新車販売も好調な車種が多く、中古車でも人気があるモデルが多いと言えます。ラパンも女性人気が牽引して新車販売台数も中古車としての人気も高いモデルだと言えます。
今後もラパンは女性に支持される軽自動車として人気は継続されると思われる軽自動車です。

 

ホンダ

ホンダの軽自動車は、人気モデルが多く、N-BOXは、軽自動車の中でも販売台数がトップです。他にもS660など魅力的な軽自動車を発売していますが、S660や軽トラ、軽バンのアクティシリーズは、発売終了になりました。
ホンダの軽自動車は、Nシリーズを中心に発売されると予想され、特にN-BOX、N-VANなどのモデルは、人気も販売台数も多いモデルです。

 

N-BOX(エヌボックス)

言わずと知れた人気軽自動車のNーBOX、スーパーハイトワゴンとしても一番人気で販売台数もトップです。価格も軽自動車としては高額にも関わらず売れているホンダの人気車種です。
N-BOXの魅力は、贅沢な装備と重圧感ある車体と魅力あるデザインだと言えます。軽自動車の枠を超えた魅力のある車がN-BOXだと言えます。
N-BOXカスタムの上位モデルは、軽自動車でありながら200万円を超えています。

 

N-ONE(エヌワン)

ホンダのNシリーズの軽自動車は、N-BOXに人気を持っていかれていますが、コンパクトな軽自動車としては魅力が十分なN-ONEは、Nシリーズらしく装備や安全性が高いですね!
ホンダの軽自動車は、自動安全ブレーキ、ホンダセンシングは定評があり、軽自動車の中でもトップクラスの安全性だと言われています。
女性にも運転しやすく、デザインも魅力的なN-ONEは、価格的には少し高いですが、装備や安全性は良い軽自動車です。

 

N-WGN(エヌワゴン)

ホンダの軽自動車、N-WGNは、ライバル車が、ワゴンRやムーヴという軽自動車メーカーの代表車種ということで、知名度、販売台数もそれほど多いとは言えません。ホンダセンシングなど安全性は魅力でうが、N-BOXの人気の影に隠れていると言えます。
ホンダの軽自動車は高級感、重圧感が魅力でN-WGNも装備、重圧感はホンダらしい1台です。

 

N-VAN(エヌバン)

N-VANは、ホンダの軽自動車では、4ナンバー、貨物扱いで軽バンと呼ばれる種類です。ホンダの軽バンやアクティバンやバモスなど人気車種がありましたが、販売終了したことで、N-VANは、ホンダの軽バン、軽貨物の魅力を受けついだ1台です。
軽バンの中でも人気が高く、カスタムのベース車、車中泊、趣味の相棒などで需要は高い車種、モデルだと言えます。
装備も軽バンとしては充実していて、価格もグレード次第では、高めの設定です。

 

S660

ホンダのS660は、軽オープンカーで人気の車種ですね!しかし2022年3月で販売が終了するという事になりました。魅力のある軽自動車の販売終了は、ホンダらしいといえばそうですが、S660の購入を検討されている方は急ぎましょう!販売が終了後のS660の中古車は、価格の高騰が噂されています。
予約が相当数入ったことで新車の受付も終了との噂もあります。人気車種の販売終了ですからそうなることは予想が付きます。
S660は今後、高値での取引もありますね!多分

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

軽自動車買取査定ガイド|相場よりも10万円高く売る査定記事一覧

軽自動車と言えば、新車販売台数でも普通車をしのぐ勢いのある自動車で、普通車の販売台数が減少する中でも軽自動車の販売台数は年々増加しています。国内の新車販売台数の上位のも軽自動車が顔を出すモデルも多く、軽自動車人気がうかがえます。また、中古車として売却する際にも高く売ることが出来ると言われる軽自動車は、数年後の売却を視野に入れた購入も・・・・では、軽自動車はなぜ、人気モデルが多いのでしょうか?良く言...

軽自動車は、普通車の比べて自動車税などの経費が格段に安くなることから人気があります。軽自動車の人気は、この諸経費の安さだと言えますね!軽自動車が売れているのは、性能のアップと自動車税、重量税が安いことですね!しかし、軽自動車の自動車税も2016年4月の増税されました。それまで、自家用の軽自動車の自動車税は7200円から10800円に増税されいました。業務用の軽自動車税も増税されいます。車種タイプ旧...

軽自動車はリセールバリューが高いと言われます。なぜ、軽自動車はリセールバリューが高いのか?その理由を調べました。軽自動車は、諸経費が安く維持費が普通車に比べて安いですよね!そのため、2代目の車、セカンドカーとしても人気が高いと言えます。また、自動車免許証を取得後の初めての車としても人気があります。その際の新車での購入よりも中古車で購入される方も多いのですよね!また、最近の軽自動車は性能や装備も良く...

値落ちしない軽自動車の定義として、将来的に高値で買取してもらえる車、中古車として人気があり、高値で販売しても売れる軽自動車です。軽自動車を購入して最初の車検の3年後、2回目の車検の5年後、それ以降でも買取可能な軽自動車だと言えます。俗にいう、リセールバリュー、残価率が高い車です。例えば、普通車ならオフロードカー系のランドクルーザーやSUV車で人気の車種、年式が古くても比較的値段が付くハイエースなど...

軽自動車は、中古車市場でも人気でリセールバリューが高いと言われます。3年程度の乗って売却してもそこそこの価格で買取してもらえる事が多いのが軽自動車の魅力の1つでもあります。逆に言えば、軽自動車を中古車で購入する方が多いとも言えます。中古車でも人気の軽自動車は、売却の際の査定価格も期待できますよね!しかし、高く売れる軽自動車、中古車で人気の軽自動車でも査定価格、買取価格が振るわないこともあります。ズ...