中古車購入の注意点

中古車購入は、新車購入と違い、他の人に一度、利用された車で、どのような利用で、どれくらいの利用頻度、メンテナンスの頻度、故障、事故など一概に中古車と言っても同じ車種、グレードでも様々です。

 

悪い中古車を購入してしまうと、故障や不具合などが起こり、後々の修理代がかさむことにもなりかねません。

 

中古車の購入は、調子の悪い車を買ってしまうというリスクがあります。

 

中古車は、あくまでも他の誰かが、使用していた車で、大事に乗っていた車は、そうでもない車かもわかりません。

 

また、修理歴車、事故車もあります。事故車までは認定されない車でも修理歴はある場合もあります。

 

新車よりは、割安感はあり、予算内で、上位車種、上級グレードの車を購入できるというメリットはありますが、調子の悪い車を購入してしまうというデメリットもあります。

 

中古車購入の際に注意点は、

 

走行距離は、少ない方が良いが、極端に少ない中古車も注意

 

事故車、修理歴の有無は確認する。

 

外観、内装などの汚れ、傷みを確認する

 

最後に、最近の中古車は、保証が受けられる店舗が多いので、保証のある信用できる中古車店を選ぶ

 


こんな中古車は買ってはいけない

中古車購入の際に、このような中古車を買ってはいけないというものがあります。

 

中古車を購入して、良くない中古車を購入した際、せっかく安く購入した車が、修理や部品交換などで、最終的にすごくお金がかかってしまったということはよくあることです。

 

また、最悪の場合、修理してもまともに走ることが出来ないやこんな車乗り続けたくないということも起こりえます。

 

修理や乗ることが嫌になる車は、事故車や水没車などがあります。

 

事故車や水没車は、いくら安くても買ってはいけない中古車です。

 

中古車で、修理歴車と明記がありますが、事故車は、また違います。事故車扱いになった車は、結構大きな事故をしている事が多く、走行に何らかの不安を感じることもあります。

 

事故車の定義を確認して貰えれば、事故車は買ってはいけない中古車ということがわかると思います。

 

水没車も同じで、水没車は、普通なら廃車処分される車です。

 

次に過走行車です。

 

中古車では、10万キロ以上走った車は、過走行車と言われます。

 

ただ、最近の車は、10万キロ以上走っても問題ないほどの性能になっています。

 

ただ、10万キロ走行してもエンジンは、問題なくても駆動系のパーツの交換などの時期になっていることもあり、部品交換等の出費が必要になることも多くなることから過走行車は避けるほうがいいと思います。


購入すれば後悔する中古車

中古車購入で購入すれば後悔するという中古車もあります。

 

上記でも書いた事故車や水没車、過走行車などもそうですが、

 

他にも購入すれば後悔するだろうという中古車もあります。

 

相場よりも安く販売されている中古車は、要注意です。相場よりも安い中古車は、何か問題があると疑ったほうが良いでしょう!

 

もちろん、安くてお買い得な中古車はありますが、ほとんどの場合、何らかの理由で価格が安くなっています。

 

次に外観の傷みが目立つ中古車、ワックスがけなどをしていなく塗装が傷んでいるような中古車は、大事に乗られていない事が多く、メンテナンスなどもあまりされていないと予想されるので、避けたほうが良いですね!

 

エンジンルームが汚れている中古車も避けたほうが良いですね!中古車店に並ぶ際には、きれいに洗車されていると思いますが、エンジンルームは、専門家がキレイにしたとしても汚れを取り切れないことが多く、見ればわかることが多いので、エンジンルームの汚れは注意して、汚い中古車は購入を避けたほうが良いですね!

 

後、タバコ臭も中々、臭いが落ちないので、気になる方は、やめたほうがいいといえます。

 

ヒッチメンバーの装着も注意が必要で、乗用車タイプの車にヒッチメンバーがついている中古車も避けたほうがいいですね!

 

ヒッチメンバーはフレームに負荷がかかりやすく、ラダーフレームでない車種、車では、フレームの傷みが気になるところです。

 

 

中古車購入は、完璧な車を探すことは難しいといえますが、ある程度の妥協はしたとしても、上記の紹介した中古車は選ばないほうがいいと思います。

こんな輸入車の中古車は買ってはいけない

国産車、日本車の中古車は、まだ、中古車購入でもハードルは引きと言えますが、

 

中古車でも外車、輸入車は、当たり外れが国産車よりも大きくなりますね!

 

輸入車の中古車購入は、特に注意が必要で、買ってはいけない中古車も多くなります。

 

まず、最初に輸入車の年式が古い中古車は、買わないほうがいいといえます。

 

輸入車は、国産車と違い修理費も高く、交換パーツも高額になりやすいので、古い輸入車を購入して修理費に購入価格よりも必要だったということは普通にあります。

 

輸入車の中古車は、どのような中古車を買えば正解でどのような中古車を買ってはいけないのかを判断するのが難しいと言えます。

 

輸入車の中古車は、正規の輸入業者、ディーラーの中古車で保証があれば安心ですが、このような中古車は割だけになりやすいといえます。

 

逆に、保証もなく走行距離が多い中古車、外観の程度が悪い中古車、エンジンルームが汚れている中古車などは避けたほうがいいでしょう!

 

輸入車、外車の中古車は、保証などがあることを確認して購入することをおすすめします。

 

保証のない輸入車の中古車は、買ってはいけない中古車と言えます。


  このエントリーをはてなブックマークに追加