マイクロバス 買取査定ガイド

マイクロバス 買取査定ガイド

マイクロバスの買取価格、査定価格や売却の際の上手な売り方と相場よりも高く売れる査定のコツなどを紹介

マイクロバスとは

マイクロバスといえば、使用用途も限られた特殊な自動車と言えます。

 

マイクロバスとはどんな車?

 

乗車店員が11名〜14名程度の小型バスをマイクロバスと呼んでいると言えます。

 

マイクロナスのサイズ的には、4tトラックサイズですが、11名以上のバスは、大型免許が必要で、マイクロバスの運転には大型免許が必要になります。

 

最近は、ワンボックスカー、ハイエースやキャラバンなどのワイドサイズのマイクロバスもあります。定員数によって中型免許で運転できる場合もあります。

 

マイクロバスの主な用途は、送迎バス、スクールバス、コミュニティーバス、路線バス、キャンピングカー等が挙げられます。


マイクロバスの中古車事情

マイクロバスの用途は、限られているということで、中古車市場への流通台数も少なく、需要も多くないといえます。

 

また、使用期間が長くなることも多く、中古車市場に流通するマイクロバスの多くが年式は古く10年以上というのが普通です。

 

マイクロバスの中古車市場は、流通台数少なめ、需要が少なめで年式も古いモデルが多くなっています。

 

また、最近は、ハイエースやキャラバンなどのより小型のマイクロバスもあり、こちらのモデルは、需要は多めと言えます。

 

マイクロバスは、新車価格も高額で年式が新しいマイクロバスは、中古車でも高値で取引されます。

 

逆に年式が古いモデルは、需要も多くないことから安値で取引されているようです。

 

ただ、マイクロバスは、日本市場よりも海外市場での需要が高く、高値での取引が期待できます。

マイクロバスの車種

マイクロバスは、車種も少なく国産のマイクロバスは、下記の車種が発売されています。

 

トヨタ コースター

トヨタのマイクロバスがコースターです。全長6.9m、車幅2.0m、車高2.7mで標準サイズのマイクロバスです。
マイクロバスの中でも人気が高く、販売台数も多いのがコースターです。
ただ、2020年4月で販売が中止されました。

 

日産 シビリアン

日産から発売されているマイクロバスが、シビリアンです。車高6.9m、車幅2.0m、車高2.6mで標準サイズのマイクロバスです。
大型の観光バスのような外観と内装を備え、フロントガラスも大きく開放的なイメージのマイクロバスだといえます。

 

いすゞ ジャーニー

いすゞのジャーニーも標準的なマイクロバスですが、車高と車幅が他メーカーよりも少し大きく、室内空間が広く感じられます。
全長6.9m、全幅2.2m、車高3.1mです。
また、ディーゼルエンジンではなくガソリンモデルとして発売されていました。
ジャーニーも2021年2月を持って販売が終了しています。

 

日野 リエッセU

日野のマイクロバス、「リエッセU」は、全長6.9m、車幅2.0m、車高2.7mの標準的なサイズのマイクロバスです。
ディーゼルエンジンで燃費性能にも優れ、トラックで培った日野らしいマイクロバスです。

 

三菱ふそう ローザ

三菱ふそうのマイクロバス、ローザは、ショートボディ、ロングボディや4WD車などを選ぶことができます。豊富なバリエーションで用途に応じて対応できるマイクロバスです。サイズは、ショートボディが全長6.245m、車幅2.01m、車高2.65m、ロングボディが、全長6.99m、車幅2.01m、車高2.64mです。

 

マイクロバスは、製造、販売中止をするメーカーも多く、新車の購入も車種を選べなくなってきています。中古車市場への流通台数も少なく今後は、マイクロバスから小型バスやミニバスへの移行が進むと思われます。
ミニバスとは、ワンボックスカーのワイドタイプのバスです。乗車定員も10名程度で免許区分で普通免許での運転が可能なことなどからマイクロバスよりも需要が高くなっています。

マイクロバスの買取査定と売却方法

マイクロバスの中古車を売却、処分は簡単ではないですね!

 

売却価格にこだわらないのならディーラーなどで買い取りしてもらえばいいとは思いますが、処分するなら少しでも高値で売れれば嬉しいですよね!
特に、マイクロバスのような特殊な車両は、売却先や査定方法で大きく買取価格が違ってくる事が多く、20万円、30万円の差が出ることも普通にあります。

 

そこで、ここでは、マイクロバスを賢く売る方法、この査定方法なら損をしないで売却できるという査定方法を紹介しています。

 

普通の中古車店や車買取店ではマイクロバスの査定はうまくいかない事がほとんどです。

 

古いマイクロバス、走行距離の多いマイクロバスは、特に海外への市場も視野に入れた売却が有利になります。

 

マイクロバスの売却、査定は、トラックの買取業者が有利です。

 

トラック買取も1社の業者に絞らず、普通数業者の査定から高値で買い取りしてくれる業者を探すことが良いといえます。

 

それが可能なのが、トラック買取一括査定サイトです。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加