ワイパーゴムの交換

ワイパーゴムの交換は、誰でも簡単に出来る作業です。

 

ワイパーゴムの交換は女性でも簡単です。

 

ただ、ワイパーゴムの交換方法にも2通りあり、ワイパーブレードから交換する方法と、ワイパーゴムだけ交換する方法です。

 

前者は、ワイパーブレードごと帰る為、車種に合ったワンパーを購入して交換するだけで出来ます。

 

ただ、ワイパーは、車種でも年式でワイパー形状が違ったり、運転席側と助手席側でワンパーに違いがあることがほとんどですので、間違わずに購入する必要があります。

 

大手のカー用品店ならワイパーコーナーにメーカごとに車種別の適合表があるのでそれを見て自分の車のワイパーを購入することが出来ます。不安な方は店員に聞けば、適合するワイパーを調べてくれます。

 

ワイパーを購入出来れば、ワンパーブレードごとの交換は、ワンタッチで出来るので簡単です。

 

後者は、ワイパーブレードごとの交換は、価格も高くなりますが、ワイパーゴムだけの交換ならブレードをそのまま利用してゴムを交換するだけですからワイパーゴムの交換の価格も安くすることが出来案す。

 

ただ、ワイパーゴムだけの交換は、ゴムの部分だけ車種ごとに適合した商品でサイズがぴったりでそのまま、ブレードに差し込むタイプのものと、ゴムだけでサイズを自分で切って使うものがありますね!

 

ただ、前者の車種後のゴムだけの商品は、ブレード込みの商品とそれほど価格差がない場合もあるので簡単にワイパー交換が出来るワイパーブレードごとの交換の方が手間も省けるうえ、ブレード好感していれば安心です。

 

ワイパーゴムの交換には2通りありますが、基本、それほど高額な商品ではなく、半年、1年に1度程度の交換で十分ですので、ワイパーブレードごとの交換でいいと思います。

ワイパーゴムの交換時期

ワイパーゴムの交換時期を気にされる方も多いのではないでしょうか?

 

ディーラーなどで定期点検や車検に出されている方なら定期検査、車検のタイミングで交換を言われることがありますよね!

 

ただ、ディーラーでワイパー交換をした場合、金額面、価格が高くなりますね!

 

ワイパー交換は、上記でも書きましたが、簡単に誰にでも出来ます。

 

ワイパーゴム、ワイパーブレードの価格も1000円から2000円前後です。

 

ディーラーなどで交換した際にはこれに工賃が加算されますね!

 

ワンタッチで簡単に出来る作業ですのでワイパーゴムの交換は自分でするのが金額的にも交換のタイミングなどでもいいと思います。

 

 

では、ワイパーゴムの交換時期はいつ頃?

 

ワイパーゴムの劣化は、利用頻度や環境などでも違ってきますし、扱いなどでも違ってくると言えます。

 

ワイパーゴムも適切な扱いをすれば長持ちさせることも可能です。

 

ワイパーゴムを長持ちさせる方法が、下記でまた、紹介します。

 

ここでは、ワイパーゴムの交換時期ですが、良く半年や1年などと言われますが、実際は、使用頻度で違ってくると言えます。

 

はっきり言えば、雨の日にワイパーでふき取っても不快に思えたり、綺麗にふき取れない、ふき取りできていない線が出ているなどの症状が出た場合はワイパーゴムの交換時期だと言えます。

 

ワイパーの交換時期は、雨の日にワイパーを始動しても見にくくなったと感じた時だと言えます。

 

ワイパーゴムの交換時期を半年や1年と決めるのはあまり意味がないかもしれませんが、ワイパーゴムのふき取りが悪くなっても交換しない方には、交換時期を決めて交換した方が良いこともあります。

 

ワイパーゴムの交換時期?

 

ワイパーのふき取るが悪くなったタイミングだと言えます。

ワンパーゴムを長持ちさせるコツ!

ワイパーゴムは、価格にかかわらず、寿命があります。消耗品です。

 

ただ、ワイパーゴムは、使い方によっては長持ちもすることもあれば短命になることもあります。

 

また、地域差もあると言えます、雪の多い地域や夏場の温度が高い地域、雨の多い地域ではワイパーゴムの寿命も短くなりますよね!

 

どの地域でもワイパーゴムを長持ちさせる方法はあると言えます。

 

まず、ワイパーを長持ちさせるには、ワイパーゴムへの負担を減らす必要があります。

 

小雨や雨水が少ないときにも激しくワイパーを動かすことは止めましょう!

 

ワンパーの使用は個人差があるのでそれほどワイパーの寿命を長くする方法としては効果もすrくないですね!

 

次に、ワイパーと使わない時、駐車中、特に長く駐車する際には、ワイパーをフロントガラスから離すことがワイパーを長持ちする方法として有効です。

 

特に夏場の炎天下や冬に凍り付くような場所での駐車ではワイパーを立てるようにすれば、ワイパーゴムは長持ちします。

 

夏場のフロントガラスの温度は、凄く熱くなります、そこにゴム製のワイパーを付けたままにすればどうなるでしょう!

 

痛みます。結構

 

これを気を付けるだけでワイパーゴムは長持ちします。駐車中にワイパーを立てることが邪魔くさいと言われる方は、ワイパーの本体に少しワイパーを浮かせることが出来る商品なども売られているので試してみてはいかがでしょうか?

 

凍てつくような冬場も同じでワイパーゴムによくありません。よく冬場、フロントガラスが凍っている状態でワイパーを動かすのを見かけますが、最悪ですね!

 

ワイパーゴムが痛む原因の1つですので、凍り付いたフロントガラスはお湯などを掛けてからワイパーを使いましょう!

 

ワイパーゴムを長持ちさせるコツとしては、ワイパーをフロントガラスに付いたまま、長期駐車などをしない!駐車中は、ワイパーを出来るだけ立てておくことです。

 

次に、ワイパーゴムを長持ちさせるコツとしては、フロントガラスの撥水ですね!

 

最近は、ディーラーなどでもフロントガラスなどの撥水加工をしているところもあります。また、撥水加工用の液体の商品なども市販されているので、自分でも簡単に撥水加工が出来ますね!

 

また、ワイパーゴムに撥水加工されている商品などもありますね!

 

フロントガラスを撥水加工することで、ワイパーの使う頻度も減ること、ワイパーゴムとガラス面の摩擦が減ることでワンパーゴムは長持ちするでしょう!

 

フロントガラスの撥水加工は、ワイパーにもよく、雨の日の運転も視野が良くなるなど良いことしかありません。

 

撥水加工は、おすすめのワイパーゴムを長持ちさせる方法です。

ワイパーゴムには夏用、冬用があるの知ってた〜

ワンパーゴムには、夏用や冬用があります。

 

知ってましたか?

 

雪国、積雪の多い地域や冬場に冷え込みのキツイ地域の方ならご存じと思いますが、都市部や西日本の方は、あまり知らないかもしれませんね!

 

夏用のワイパーゴムよりも冬用のワイパーゴムの方がゴム質が柔軟で冷え込んでもワイパーゴムが固くなりにくいですね!

 

冬場、ワイパーゴムが固くなって思うように水滴が取れないという経験をしたことがある方も多いと思います。

 

これは、夏用にワイパーゴムを冬に使った結果、ワイパーゴムが冷え込みで硬直してワイパーとしての仕事が半減することで起こります。

 

ワイパーゴムには、夏用、冬用や固さなども選べるモデル、商品などもあります。

 

積雪が多い地域や冬場の冷え込みがキツイ地域では、冬場は冬用のワンパーゴムの変えることをおすすめします。

ワイパーゴムの交換、長持ち まとめ

ワイパーゴムの交換と長持ちさせるコツをまとめました。

 

ワイパーゴムは簡単に交換できます。ワンタッチ
車種、モデルでワイパーブレードが違います。
ワイパーゴムは、夏場や冬場に傷みやすい
ワイパーゴムを長持ちさせる方法は上記に記載
ワイパーゴムの交換、撥水加工で視界良好、安全運転
  このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

雪国の駐車、都会人が陥りやすい失敗
雪国、雪の日の車の駐車で都会人が知らない常識と雪の日にこれだけは知っておきたい駐車方法と対策
バッテリーの寿命は?アイドリングストップでバッテリが危ない
バッテリーの寿命は何年?バッテリーの寿命とアイドリングストップでバッテリーの寿命が短くなる?最近の自動車のバッテリー事情を調べました。
エアコンは冬も使う方が良い|曇り予防の他にも理由あり
自動車のエアコンは夏場しか使用しない、エアコンは冬場に入れることがない方は注意、曇り予防だけではない冬場のエアコン活用
アイドリングストップのうそ本当、メリットとデメリット
アイドリングストックのメリットとデメリットを調べました。最近の車にはアイドリングストップは当たり前ですが、燃費や環境への配慮で良いことしか聞きませんが、デメリットもありますよね!主に悪いことを調べました。
車検を安くするための豆知識
車検を少しでも安くするために知っておきたい車検に必要な費用と節約できる費用を書きました。これだけで車検を安くできる。
自動車のエンジンオイルの交換時期
自動車、車のエンジンオイルの交換時期やオイル交換を怠ればどうなるのか?そもそもエンジンオイルの役割は何?などいまさら聞けないエンジンオイルの全てを解説しました。
ハイブリッドカーVS電気自動車 どっちが覇権を取る
ハイブリッドカー、電気自動車と環境にやさしいエンジンの進化、覇権争いは激化してきました。それぞれの良い面や悪い面、これからどちらの自動車が覇権を取るのかも注目されています。エンジンウォーズを独自の切り口で書いてみました。
リコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカー
リコールは自動車メーカーとしては当たり前に出ますよね!ただリコールの多い自動車メーカーと少ない自動車メーカの傾向を独自目線で解説しました。
高速道路の右車線を走り続けると違反になるの?
高速道路は、2車線、3車線、多いところでは4車線有ることもあります。一番右の車線は、追い越し車線と呼べれ追い越し専用車線です。追い越し車線を走り続けると違反になるというのは本当なのか?
代車を借りるときの注意点、事故や破損のトラブル
車を修理に出す際や車検の際に代車を借りることがありますよね!代車を借りた際の注意点や事故や破損させた際の責任と修理代
運転免許証の自主返納 これでわかる必要書類と手続き
高齢者の運転免許証の返納で役立つ情報、自主返納を拒む方への納得させるコツや必要書類、手続方法などを書きました。
車のパンク パンクしたときに対処法
車を運転していれば1度くらいはパンクをする事があると思います。車のパンクの対処法や最近お車のパンクの処置などを紹介
ドライビングポジション、運転席、ハンドルの正しい調整
ドライビングポジション、運転席の前後幅、ハンドルの位置の正しい調整方法やポジションを紹介
ルーフキャリアの洗車機、燃費、車検
車のルーフキャリアは、いろいろな用途や荷物を運ぶことが出来るツールです。ただ、ルーフキャリアの取り付けで失われるものもあります。ルーフキャリアのメリット、デメリットを検証してみた